日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海へ行きたい


潮風にあたりたい。

(ノース・デヴォンの海岸にて
パワフルな風に背中をずずーっと押されながらの散歩。)
スポンサーサイト
肩こり
自分のブログをはじめて
雑記帳感覚でいろいろ書けるのが
気に入ったのでいそいそタイプしていたら

うーんどうも肩が凝った!

やはり普段怠けすぎてたかしら?
はやくしてくれぃ (つづき)
で、きました、CRBフォームが!面接の翌々日に!
Occupational Health Check(職業 健康診断って直訳か!)
も受けてください、CRB申請フォームは記入後
即返送してください、手紙にあった。

わーい!

やったぁ、やっと仕事見つかった!

・・・見つかったんだよね~?

だってCRBフォーム来たし・・・
同封されてた手紙には おめでとうございます
とか、なんも書いてないけど~?!

うーん、まあ 話に聞いてたとうりだし
とにかく記入するもの記入して、送り返して、
健康診断受けて、と一応することは全部
それから数日ですべて終わり
証明書が来るのを待つことにした。

1週間

2週間

3週間

4週間・・・何も来ない~ まあ4週はかかるって聞いてたし!

5週間

6週間経過! ちょ、ちょっと遅くない~?
メールで問い合わせた。返事なし。ん~この団体だいじょうぶかなぁ?
さすがに待ちくたびれたので、チャリティー団体のオフィスに電話。

夫曰く
「いくら電話嫌いだからって、こんなに経つまで
待ってるだけなんて、信じられない~!」

そうだよね、ほんとに。
でもアタシほんと電話って大の苦手なのだが
そんなこと言ってる場合じゃないんだもう!
ということで先おとといあたり電話したのだが、
どこかの施設のシニアワーカーが電話に出て
いま休暇中のスタッフが多く、
詳細のわかる人が一人もいないということと、
人事担当者も会議中だったので
伝言を御願いした。

で、その日も次の日も連絡なし・・・ったくも~!!
ほかに仕事さがしちゃうぞーっ
とかなりいらつき、あせっていた時、ふと

最近携帯チェックしてなかったな~ときがついた。
携帯って、私今ほとんど使わない。
仕事してないからか外出も買い物ぐらいだし。
(プチひきこもりぎみだな、これって)

もうかなり化石の部類に入るわたしの老携帯電話のスイッチを入れた。

Voicemail has 1 new message. とメールが。

「はろ~ stipa、私はOO(福祉団体名)のJです。
あなたのjob applicationについてですが、
いまreference(過去働いていた所
2ヶ所から照会状)をチェックしておりまして
ひとつは取れたのですが、もうひとつの方
今まだ待ってる最中なので、
両方揃ったらすぐこちらから連絡しますので云々・・・」
Message left at 9:30AM on
Monday,25th of July・・・

だって。
あらぁ?月曜って、電話するまえじゃん!
ということはJさん私のメール読んで、返信しないで
ケータイに返事くれたってことかい。
お声が下町のおばちゃんっぽかったJさん
メール読めたけど返信の仕方わからなくて
出来なかったから携帯に連絡してくれたとかひょっとして?
よくわからないが・・・

まあ忘れられた訳ではないことがわかって
ほっとしましたがぁ、これから先ちょっと不安かも?!
また連絡が来るのを待つのみか。。。
はやくしてくれぃ!!


次はあまり待たないで、電話してみようっと。




はやくしてくれぃ
6月の始めにとあるチャリティー団体の面接をうけた。
団体の運営する障害者施設でのサポートワーカー枠に応募したからだ。

施設といっても、いくつかのプロジェクトごとに運営されている
成人障害者が5,6人で共同生活をしている
住居施設で、なるたけ自立した生活が送れるように
個々のケアプランにそって日々の生活をサポートするのが仕事内容。

いままでソーシャルワークの経験ゼロの私であるが
未経験OKということで、よしっ!と思い切って応募してみることにした。

面接では実際の勤務を想定した「こんなときはどう対応しますか?」
という質問がほとんどで 「もし、お互いを恋人同士だと思っている
サービスユーザー(施設利用者)が夜ひとつのベッドで寝たい、
と言ったらどう対応しますか?」とか、そんなんわかるか~!
というようなサポートワーク未経験の私には難問ばかりで
冷や汗だくだくでした。
この質問に対してなんて答えたか
マジで覚えてない、緊張してたし。

面接時に、この団体はいわゆる採用通知はしていなくて
数日後にCRB(*)申請フォームが郵送されてきたら
ほぼ 採用決定だと思ってくれ、CRBと同時に
健康診断や、Referenceをチェックして
めでたく採用!ということだとと言われ
そういうのは初めてだったからちょっとびっくり。


*CRB(Criminal Records Bureau)
日本ではなんというのだろうか?
CRB DisclosureはPolice Checkとも呼ばれる。
犯罪暦等の有無の証明書みたいなの(いい加減な説明ですみません)。
こっちでは社会的に弱い立場の人(子供、老人、障害者)と関わる
仕事をするときはこれが必要。定期的に更新しないといけない。


つづく
ハリーポッター
明日から1週間ほど一人暮らし。

夫は休暇でスイスに帰り、弟Tとロッククライミング
に明け暮れる予定。

犬もわたしが実はいつから
仕事が始まるかわからないので
dog carerに預けることに決めていた。
結局仕事はまだなんだけど、預けることにした。
近くに小川もあるし、なかなかよさそうな
Surrey州にあるお家。
Cosmoもホリデイを満喫することだろう。

で、夫がハリーポッターの最新刊を買ってくれた。
子供っぽいといわれようが、構わないもんね~。
結構ファンです!はやく読みたいけど我慢中。
うずうず。

今度はTooting
またテロ関係の逮捕者が出た。

今度はTootingという街。
あまり良くは知らないが、車でメインロードは
何度も通ったことはある。

マーケットがあったり、アジア系のお店もそれはたくさん並んでいて
どこかアジアの国に迷い込んだ感じがするのを
通るたび楽しく思っていた。
日曜なんかだと買い物客がいっぱい訪れるのか
道が渋滞するくらい賑わう。

とにかく、アジア人のみならず、世界中のひとびとが
隣人となり生活しているロンドンをよく象徴している
街だと思っていたのでまたまた悲しい思い。
スイスドイツ語の想い出
スイスは九州より小さくて
人口も確か東京の半分位なのに
公用語が4つ
(ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)
もある。

私がスイス生活で関わったのは、スイスドイツ語。

スイスで暮らす外国人が
まず始めに習うのは
標準ドイツ語なのだけど
標準ドイツ語とスイスドイツ語
ってもう、かけ離れてる~!
発音もイントネーションも
全然違うので大変だ。 


スイス26州のうち
いわゆるドイツ語圏の州は
22州ぐらいだそうだ。

で、すごいのは、
これらのドイツ語圏の州
ほとんどそれぞれに方言みたいのがあって
誰かが話してるのをきけば
あ、あの人は、ルツェルンのひとだ
とか、サンクトガレンの人だ、とか
スイス人やスイス生活長い人にはすぐわかる。


私がバーゼルに住んでいたとき
市電(Tram)とかバスなどの車内放送が
一切バーセルドイツ語のみだったのが困った。

事故などの緊急放送もすべて
Basel Deutsch(バーゼルデュッチ)だけで
住み始めのころは、
「ひぇ~外国人なんてどうでもいいってことか?」
とショックだったし、何年も経って
すこしなら方言もわかるようになった頃でも
あまり聞き取れなくて悲しくなった。

ちなみにスイスでは
テレビのニュースは標準ドイツ語
空港、駅などのアナウンスは
すべて標準ドイツ語プラス
場所に応じてその他の言語が使われる。 

夫に
「何で?わかんない人いっぱい居ると思うのに!」
と言ったら、
「バーゼルの市電とかバスの運転手のひとって
ふつーのバーゼル人にさらに輪をかけて
バーゼル人としてのプライドが高いからなんじゃない?
バーゼルの市電なんだから
もちろんアナウンスはバーゼル独語でなくっちゃ、みたいな」


まあ多分そういうことなんだろうか、
なんかこっちがはずかしくなっちゃったけど。

バーゼルの市電は地元の人に
Tramli(トラムリ)
と「リ」付きで愛されてる
バーゼルの町のシンボルのひとつ。
(スイス独語の~liって 名詞のあとにつける愛称、
ちゃん、みたいな感じかしら?)


でもぉ、誇りに思うのもいいけど
もう少しこういうとこでも
プチ国際化したらいいのにぃ、
国境の町なんだし!
と思った私でした。

いまは、どうかな?
馴染めなかったハイジの国 
息を呑む美しさのアルプスの山々、

ほんとにきれいな湖水のほとりがたくさんあって

空気もおいしいし、食べ物もまあまあいける

のに・・・

いまひとつ馴染めなかったスイス。


はっきりいってドイツ語が好きになれなかった。

なるべくはやく標準ドイツ語上達して
周りの人たちと会話できるようになりたいとは思ったが
英語と違ってなんともややこしい文法の数々!

夫はスイス人だけど英語で話すし
夫の家族も、父Jを除いて母Hは年の割りに(ごめん!母H)
英語良く解るし 姉Sも弟Tも英語大丈夫だし
周りの人たちも若い世代だったら
英語OK!ってひとがほとんどであるという
私のような怠け者を甘やかすには
もってこいの環境が災いした。

まあ日常会話くらい、買い物いけるくらいにはなったが
なんかこう、しっくりこなかった。
自分じゃないみたいで。
それとやはり、仕方ないのかもしれないが
私と話すときには標準独語で
お互いではスイスドイツ語って人が多く
標準独語があまり得意でない人も多かったので
なんか気まずい、浮いてしまう
みたいなこともしばしばあった。


ドイツ語が苦手なのに、スイスドイツ語なんてもっとダメだ!
と悲観したが、スイス生活後半では結構解るようにはなりました。
話すのは出来なかったけど。

このスイスドイツ語について、私の思ったこと次書きます。

SE19
SE19ってうちの地域の郵便番号。
SはSouth、EはEast。

ロンドンのなかでは地下鉄も通ってないし
再開発の波にも乗り遅れた
かなりマイナーな近所界隈です。
でも気に入って住んでいます。
緑多いし、ゆったりしてる。(って田舎ってことかな)

ロンドン市民の一般的評価水準(!)みたいのでいうと
南ロンドン=危険地域、テムズ川の向こう側であんまりぱっとしない、
犯罪多発地域、行ってはイケナイところ、っていう感じみたい。

実際犯罪多いのは事実だ。
夜の一人歩きは私もしない。
昼間だって例えば犬の散歩でも
ひとがいないような、もしも何かあって助けを求めても
誰にも聞こえないような場所
(公園のなかの雑木林とか)
はぜったい行かないようにしている。

でも、先日のテロだって
ロンドン中心部だったし
やっぱり危ないのは
Central Londonだよ~
と思っていたら、
先週木曜の幸いにも不発だったテロは
ロンドン南部のStockwell駅で起こったし
誠に残念な形で捜査の犠牲になった男性は
お住まいだったアパート建物が
警察にマークされていたため
尾行されてしまったそう。
で、その方、Tulse Hillにお住まいだったそうです。
タルス ヒルってうちからも近いんです。

なんかだんだん近づいてる!

まあ結局、どこにいてもこの街に住んでいる以上
テロの危険と隣り合わせだということなのだろう、残念ながら。

亡くなったブラジル人男性のご冥福をお祈りします。
はじめまして!
ラブラドールの父とスイスのアッペンツェラーマウンテンドッグ(長いっ)
を母に持つ11月で9歳になる熟年犬、Cosmo(コスモ)です。

若い頃はよく女の子に間違われました。
散歩に行くと、あちこち駆け回って
何か食いもん落っこってないかな~と
探索するのが好きです。

恐るべき食欲の持ち主。
それがわずらいして、公園でヘンな物(多分毒入り)食べて
死にかけたこともありますが
奇跡的に生還(なんてドラマチックな響き!)して
現在はいたって元気です。
どうぞよろしく!



my_dog

少しだけ自己紹介
スイス、バーゼルに8年住んで
いまはイギリス。
早いもので4年経った!

1968年生。横浜出身。
スイス人の夫とラブラドールとアッペンツェラー
マウンテンドッグのクロスである犬と
ロンドン南部郊外で生活中。

スイスはアルプスなど自然が最高に美しく
街中もごみなんて落ちてなくて電車も遅れないし
ぱっと見住みやすそう!
なのだがぁ! 挫折しました、ハイジの国の生活に。

スイスの想い出などについてはまたいろいろ
書いていこうと思います。

今現在主婦だけど求職中!
福祉関係でサポートワーカー
の仕事に就きたい。
はやく見つかるといいな!



はじめに
ついに!

これからここでいろいろ書いていこうと決めてしまった。

自分の思ったことや経験することって、
そのときはあたりまえだけどリアルタイムでも
後から思い出そうとするとなんかピンぼけのことが多い。
まあ仕方がないのかもしれないが、なんだか少し残念な気もする。

いま思ってることをそのまま言葉にできたら、
ここに綴っておけたら、と思ってます。

日本を離れてもう結構経つ。

日本語で、私のことばで自分とも向き合えたらいいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。