日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーで見つけたバーゼル
DSC02235.jpg

スーパーに買い物に行って朝食用のヨーグルトを物色していたら
飛び込んできた「Basle」の文字。

へ?まさか私がスイスで住んでいた街、バーゼルのことじゃないだろうと
パッケージを読んでみたら、"hand-picked"手摘みされた スイスブラックチェリーが入ってるって!
こちらの果実類、種類によってはhand-pickedというだけで価値が上がるみたい。
高級感をかもし出すキーワードのひとつかも。

そういえばバーゼルの郊外には黒いさくらんぼの木が沢山あったっけ。
こんな風にうたわれてしまうほどスペシャルなさくらんぼだったとは知らなかった。
(ちなみに英語表記だとバーゼルBaselはBasleとなることも。読み方はベイズル。)

思わず側にいた夫に見せたら当たり前だけど嬉しそうだったので即買い。
セインズベリー・スーパーのTaste the Difference(違いを味わおう、という意味)
シリーズのヨーグルト。他にもいろいろなフルーツ編がありますが
どれもうたい文句どおりextra thick and creamyで美味。
これは・・バーゼルっ子が見たら喜ぶだろうな。
スポンサーサイト
スイスから再びお客様
スイス、バーゼルに住む知り合いのカップルが週末を利用して
ロンドンに観光に来ていました。彼はスイス人、彼女はドイツ人。
彼は夫がバーゼルでソーシャルワーカーをしていたときに同僚だったひと。
私が二人に会うのは実に5年ぶり。普段連絡取り合っているわけでは
ないのですが和やかに話が弾んで楽しいひと時を過ごしました。
南ロンドン郊外のうちまで昨日わざわざ遊びに来てくれて夫が得意(?)の
ピザを作っておもてなし。

ちょっとびっくりしたのは、二人から真顔で聞かれたこと。 
ロンドンで幸せにしてるか、って。
私がスイスでの暮らしに馴染めてなかったのは彼らも当時知ってた
からだろうけど、私って一体その頃どんな不幸せな顔してたんだろうか・・。
後で夫に、ふたりからそんな風にきかれたけど私そんなにunhappyに
見えたのかな?と言ったらきっぱりとYesという答えが返ってきました。
[スイスから再びお客様]の続きを読む
Japaneseな気持ち
ある日の午後、ドアベルが鳴った。
来客の予定はないからもちろん下に降りていって(うちは2階)戸を
開けたりはしないで玄関の上に位置する小窓を開けて下をのぞき、Hello?・・
なんてことはない電話回線パッケージのセールスだったのでしつこい勧誘に辟易しつつ
断る努力をしているとそのセールスマンの後ろ、門の外をてくてく歩いてきた
多分同じ通りに住んでるかな?と思われる、面識もないアフリカ系女性が
私を見て「ニーハオー!」とにこにこしながら叫んで通り過ぎていった・・。

どてっ!(心の中)・・・私は中国人ではないのに~。 
ま、東洋人ってことで同じに見えるんだろうね、知らない人からは。
でも、こーいうの珍しい。ロンドンで知らない人から日本人、または
東洋人ということで、いきなりコンニチハ!とかその他のアジアの言葉で
不意に声を掛けられたりなどということは、ない。いや、なかったのでびっくりした。
だってそういうことをするのは、はっきりいって失礼に当たる。
[Japaneseな気持ち]の続きを読む
コスモのテレタビ・ボール
街で見つけた変なモノ!ならず
街でうちの犬が拾ってきた変な物・・。

犬ってボールが大好きではないですか。
コスモもテニスボールはじめおもちゃのボール類に目がありません。
あるとき道端に落ちていたこのボールを見つけた彼。
断固咥えたまま離そうとしないので、散歩していた夫もまあいいか、と
持って帰らせることにしたらしい。

BBC(英国放送協会)の子供向け番組が生んだ世界の幼児アイドル
Teletubbiesテレタビーズのボール。
何処かの子供が落として行ったのでしょう。
テレタビーズなんて名前くらいしか知らないので、ふーん、良かったね、
自分のおもちゃ自分で見つけてきてえらかったね!くらいで
ボールに描かれている色あせたイラストまでは別に見もしなかったのですが
ふと、まじまじと見てみてちょっとびっくり。

cosmosteletubbieball.jpg
こわっ!


テレタビーズってこんなに宇宙人+チャッキーみたいだったの?!
よく小さい子供怖がらないな。ぜんぜんかわいくないじゃん。
そういえば昔大流行したキャベツ畑のお人形シリーズ(古い?)も
可愛くなかったし。好みが違うんだね、きっと、私と欧米の子供とでは(笑)

ところでテレタビーズ、日本でも放映していたそうですね。
人気は出たのでしょうか、こんなに不気味でも・・。

teletubbies.jpg


一応BBCのサイトこちらからです。怖いぞ~。
http://www.bbc.co.uk/cbeebies/teletubbies/
 


コスモ動画第二弾!テレタビ・ボールを持ってきたはいいけど
どうしていいかわからなくてちょっと困っている彼。 







 
ミーティング無事終了。
当初の心配をよそに無事にミーティングは終了しました。
サービスユーザーさんたちのケア方針などについては
それぞれが意見を出し合ってなかなか良い結果となりました。
可能性大有りだったミサイル攻撃もなく、終盤にAさんvsお局で火花が
ちらっと燃えた程度に収まりました。
彼女のトーンがだんだん上がっていった時に大マネがひとこと
「そんなに大きな声出さないで下さいよ!みんなに聞こえるでしょ!!」
と制して予定より1時間もオーバーしていたこともありその後すぐに
まとめ、終了。
お局問題に関しては特に何もありませんでしたが、一件だけ大マネが
みんなに向けて注意したことがお局にあてて言っているんだなと歴然と
してたことがあってそれだけで大きな前進と言えなくもありません。
Aさんは彼なりに言葉を選んでミーティングの記録に残すことを目的とした
意見や提案などを述べてました。
お局がどれくらい心に留めてくれたかは不明ですけど。
[ミーティング無事終了。]の続きを読む
Blackbird♪
宿直の朝。早朝5時過ぎに起こされました。 
サービスユーザーさんでなく、ブラックバードに。 
窓のすぐ外でもなかったんだろうけど、歌い出したらもう止まらない!
早く何処かに飛んでいってくれないかなという私の願いも空しく
たっぷり30分は聴かせていただきました~。
定評ある美しい歌声なのですが、子守唄にはちょっとハイピッチ過ぎ。
最近やっとキツネ除け風鈴(過去の日記)にも慣れたのにぃ・・。

日本名はクロウタドリ。オスはその名の通り全身黒でくちばしが  
オレンジがかった黄色、メスは茶色でくちばしは黄色。
春先から明け方と夕暮れ時に歌を歌うのに忙しいこの鳥。
昼間は地味~に地面を歩き回ってミミズなどの食べ物を探しているのをよく見かけます。
体の大きさはそうだなぁ、小さいバナナ位か(笑)  
でも歌声はパワフル!木のてっ辺や電柱の一番上にとまって
繰り広げられる、ブラックバード・オン・ステージ!
朝は空がまだ暗いうちから日が高く昇るまで、夕方は暮れ始めから
暗くなるまでご苦労なこった・・。

Blackbird.jpg
(ブラックバード写真はWikipediaから拝借!)

BBCのサイトでその歌声を見つけました。RealPlayerで聴けます。
http://www.bbc.co.uk/nature/programmes/radio/dawn_chorus/video/blackbird_song.ram
 

夏を過ぎるとパタッと鳴かなくなる。秋冬は休演。
シーズンオフには何してるんだろう?
こちらにはスズメはあまりいないのですがこのブラックバードや
日本でもお馴染みのロビンRobin(コマドリ、この鳥も歌がとってもお上手♪)
グレート・ティットGreat Tit(シジュウカラ)がよく庭先にやってきます。
ブラックバードはじめ彼らの歌声も同じサイトにありますのでよかったらどうぞ。
http://www.bbc.co.uk/nature/programmes/radio/dawn_chorus/dawn_gallery.shtml
 


あー眠い・・。
明日は・・
ティーム・ミーティング。

はっきりいって楽しみでもなんでもない。
シニア兼ティームリーダー代理のAさんはいろいろ話したがっている
(お局のことも含めて)ようだけど私は午後のミーティングの後
遅番で彼女と一緒になる・・。ぐぅぅ・・・。
んでもってその次の日も朝からご一緒という光栄にあずかる身。ふぅぅ・・。

私が正しいと思うこと、私以外のひともきっとそう思うはずのことでも
彼女に対する批判が含められている場合、彼女に言わせれば200%
とんでもない間違った考えで、そんなことをのたまっている私が
全て悪い事になるわけでそういう思考しか出来ない人とは一対一で
話し合おうと思っても埒があかない。先日ここには書いてなかったが
再度対決というか話し合いを試みて嫌というほど思い知らされた。
時間の無駄だった。もうこりごり。
[明日は・・]の続きを読む
Mixed handedness
いつもお邪魔しているkatasumiさんのブログ(片隅の幸せ♪)で
左利き→右利きに矯正の話題が載っていて、あ、私も!と何故か
嬉しくなったので今日はそのことについて。 

幼稚園にあがるくらいまで完全左利きだった私。
私の母、園での集団生活で左利きだと他の子からいじめられないだろうかと
真剣に悩んだらしい。当時左利きってそんなに珍しかったのかな。
差別(?)の対象になったなんてちょっと信じられないのだけど、とにかく
心配した母は育児相談所にまで出掛けて「うちの子、左利きなんです!
どうしましょう~!」って殆ど泣きついたらしい。(この話を亡き母から
聞いたときは信じられなかった!)
相談所の指導員のひとからのもっともなひとことで目が覚めたとか。
「お母さん、左利きのどこが悪いんですか?」
「そんなことを心配しないでもっとおおらかに育ててあげてください・・」
Thank you soooo much, 指導員様!ですよねぇ。
その他にも無理にいちいち正したりすると子供に言語障害を引き起こす
恐れもあると言われたとか。これってよく聞く話ですが本当なのでしょうか。
まあそれは置いておいて、それから母はせめて鉛筆とお箸を持つのは
右にさせようということで私に練習させたそうです。
何気なく鉛筆やお箸、スプーンなどを左手で持ってしまい右手に
持ち替えさせられたというような記憶が今でも微かに残ってます。

[Mixed handedness]の続きを読む
Richmond Park
私の誕生日のあった4月最終の週末。
こちらに移住した頃は良く行っていたけど最近はすっかりご無沙汰だった
ロンドン南西部にあるRichmond Park リッチモンド・パークという
大きな公園へコスモの散歩に行ってきました。 

リッチモンド・パーク


ご注意:
調子に乗って写真盛り沢山の記事です。☆印付の写真はクリックで拡大できます。 
[Richmond Park]の続きを読む

テーマ:ロンドン生活 - ジャンル:海外情報

桜&梨
2週間位前(PCが壊れる前!)久しぶりにカメラを持って
犬の散歩に出掛けました。お目当ては、桜と梨の花。


日本のような立派な桜並木はありませんが近所の住宅街に
八重桜っぽい桜が小ぶりではあるものの並木のように
なっているところがありまして、毎年そろそろ咲いたかな~と
見に行っている通りがあるのです。


ふむふむ!


[桜&梨]の続きを読む

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

アイスクリーム・ヴァン
すっかり暖かくなりましたよ、ロンドン。
今日は最高気温24度だそうでちょっともう、夏の陽気。
街ゆく人も半そでや袖なし、サンダル履きといったリゾート地な格好で歩いてます。
こんな風に暖かい春はそうあることじゃあありませんのでみんな出来るだけ
謳歌しよう!としているみたい。

肌寒い春や夏の気候が当たり前の街にしては毎年、海辺の街のような
Ice cream van アイスクリーム屋さんのヴァンをよく見かけます。
春先にちょっと暖かくなったかと思うとオルゴールのようなチャイム音楽をかけて
何処からか早速登場。ちなみにアイスクリームいらんかね~とかアナウンスはありません。
そして今年はなぜか我が家の前に毎日午後必ずといっていいほど一台
軽快な(しかし大音量!)チャイムを鳴らしながらやってきます。





写真の女の子、元気に夏らしい格好してますけど、この日はまだ今週のように
汗ばむ陽気になる前ではっきりいってアイスクリームなど食べてられないくらい
肌寒かったのですがチャイムを聞きつけて買いに来ていました。
その他にも子供にねだられたのかお母さんが来て買って行ってました。
あのチャイムを聞くとアイスクリームが食べたくなるのかも。
結構繁盛しているみたいです。10分くらい停車してまた何処か他の通りへ移動。

車で売りに来るものといえば日本では石焼芋かさお竹か、という記憶があります(笑)
こちらでは私の住んでいるあたりではアイスクリームのほかには思いつきません。
短い夏の風物詩、アイスクリーム・ヴァン大繁盛の夏になるといいな。







テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

ぐったり、でも安堵。
振り返ってみればたったの1週間だったのですが長かった。
1ヵ月前ほどから私のパソコン、立ち上げると5分くらいでいきなり画面が消え
再スタートする、といったような状態が続いてました。
これは、巷でいうウイルスかなと思ってスキャンしても何も異常なし。
カスタマーサポートラインに電話し買ったときに付いてきたRecovery Diskを
使ってみるように言われた先週の火曜。
軽い気持ち、ほんとに何も考えずにデータ消去なしのリカバリーを試みたところ・・・  

大ショック。
電源を入れてからログイン画面が出るまでに5分、それから先も通常では
考えられないほどのろのろ作動ですぐフリーズしちゃうし殆どのプログラムは使えないしで
リカバリー(回復)どころか使い物にならないブロークンマシーンとなってしまったのでした!
それでも日本人、罵ることも無くただ悶々と無い知識を振り絞って頑張ってみました。
夫には、これがもし彼のパソコンだったらきっと5分に1度はyou'd be swearing!
汚い言葉使ってるよって言ってやりました。罵らないけど憎まれ口はきく私・・
[ぐったり、でも安堵。]の続きを読む
38
38とは。
年数だけ見ると何だかとてつもなく歳を取ったような気が。
もう若くはない年、だよね?中年、ミドルエイジ(涙)・・
自分がそんな年になったなんて実感がわかない。
だんだん年取って体が重く感じるわけでもないのに何だかあっけなく四十手前。
もうこんな年になるのか。早かったな。これからもこのままどんどん行っちゃうのだろうか?
こんなものかー。漠然と分かるんだけど年齢に内容が伴ってないよ、わたしって。
精神的に過去十年以上成長してないような気がする。
いまだに泣き虫なところあるし自分で子供っぽいなぁという思考をしてるのに気がついたり。
このままおばさんからおばあさんになっていくとして外面は老けていくのだから
分かり易いけど内面はどのように老いて、というと強烈だけど年を重ねていくのだろうか。




さて、誕生日当日(28日)は宿直明けだったので午後1時に仕事が終わって即帰宅。
家につくと夫がプレゼントを用意して待ってた。
スイス人の彼にとって誕生日はいくつになってもお祝い事。
スイスの家族のひとりひとりみんないい年だけど誕生日にはカードやプレゼント
贈りあって電話して、を欠かさない。彼の場合まめな性格もあるのだろうけど(笑)
そんな訳で私には真似できない熱心さで今年もいくつかプレゼントを用意してくれて
ケーキは何がいい?ディナーは何がいい?と彼のほうがうきうきしてたマイ・バースデー。

[38]の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。