日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ故障中
私のパソコンはまだ故障中。
PCメインテナンスの保険みたいなのに入っていたので
修理を頼んだら、来たはいいけど部品違うのを
持ってきちゃったので正しいのをオーダーしなおしたため
また出直しますって。
ううう、typical(典型的)な、えげれす式いいかげん対応~。
今使っている夫のラップトップ。
極秘で日本語をインストールしたので使えることは使えるけど
使いづらいっていうか、居心地が良くない。
なんかかしこまってしまって、すんなり書けない気がする。
ああ、はやく自分のPCが使いたいわ~。


スポンサーサイト
ストリート・クリーナーのお兄様方へ
いつもご苦労様。
ヨーロッパ一汚いと思われるロンドンでもとびきりゴミが多い
南東ロンドンで大通りだろうが何だろうがたった一人で
広域を担当、大変ですね。
掃除している傍からポイ捨てしてる学生とか、はっきりいって
やる気なくしますよねぇ。

で、前から思っていたことなんですけど。

ずばり!ゴミつかみ(挟み)でゴミ拾いは止めてもらえないものでしょうか?

隣にある清掃用具カートに付いてる大きな立派なほうき2本はいったい何に?
吸殻、紙切れ、ちまちまとゴミつかみで拾うのは、時間の無駄だとは思いませんか。
ちゃんとつかめなくて何度も何度もカチカチしたり、ゴミ箱に入れる前に
落ちちゃったりしたのはどうせ拾うつもりないんでしょ?
ほうきでさっさと掃いたほうがよっぽど効率的なのではといつも
不思議に思っているのです。
ゴミ分別を徹底する為にほうきはなるべく使うなというお達しでも
出ているのですかねぇ。
ロンドンは風強い日多いから、ほうきで掃いても集めるまでにまた
バラバラになっちゃったり、塵取り使うのがそれはそれは面倒くさいとか
そういうことはあるのでしょうか?


「カチカチ、カチッ・・カチッ・・」と、ガムの包み紙かなにかを
何とかつかもうとしているお姿を見かけるたび
「おりゃぁ~っ!!んならいっそ、手を使え!拾え~っ!!」と年甲斐もなく
心の中で叫んでいます。悪いけど非常に苛々します。
私があなた方が通りかかるとさっと横に退くのはカートが通れるように、という
親切心もありますが、それのみではありませんよ。
はっきりいって見ていられないのです!
カチカチ通り過ぎた貴方の後ろには拾わなかったゴミが沢山残っていたりして。
気分良くありません。無駄が多すぎる、と思いきや、道端のゴミ箱の中敷きの
ゴミ袋の取替えをはしょってゴミだけ手で取り出して古い汚れたゴミ袋はそのまま、とか
そういうところでは節約というのはいかがなものでしょうか。
資源節約は大事ですが衛生面がちょっと気になります。
わたしひとり叫んでも仕方ないのはわかってます。
あなた方の乗り気でない作業方法よりも形だけでもクリーナーがいればよい
という自治体の姿勢を批判したほうがいいのでしょうが、ちょっとひとこと
言わせて頂きま~す!







ほうき使ってる!えらい、えらいよ~っ!!
こういう人はめずらしい。
写真はロンドンのとある自治体のサイトから参考のために借用。
あ、それともこれ、ポーズかしら・・?
Dubrovnikへの旅2




旅行中滞在したのはドブロブニクの港GruzからElafitiエラフィティ諸島を
結ぶフェリーで30分のKoločep コロチェップ。人口150人。
クロアチア最南端に位置する年間250日は晴れというサブトロピカルな島。




一軒だけあるホテルに泊まった。
シーズンオフだったためレストランはホテルのレストランのみ。
カフェは入り江の向こう側にある一軒のみ。売店はカフェの隣の一軒のみ
(シーズン中はレストラン、カフェ共もう一軒ずつオープンするらしい)。
ただただのんびりと静かに海を眺めたり島をあてもなく散策して
過ごしたかったから希望が適って大満足。
ホテル滞在客も私たちの他には1,2家族いた程度だったのもとっても良かった。



[Dubrovnikへの旅2]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。