日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義両親訪問カウントダウン
仕事だからあまり関係ないけど、今週末は久しぶりにひとり住まい。
旦那は今日から来週月曜まで帰スイス中。
主な理由は実家の屋根裏に断熱材を入れるため。
義父はもう年だし、かといって業者に頼むのももったいないので
それじゃあ、ということになった。
義父の体調も良くなったのでついでにという訳でもないけど
義両親連れてロンドンに帰ってくることになっている。
義母がとにかく神経質で心配性!なので二人きりで飛行機に乗るのは
たとえ一時間半の短い旅でも不安だということもあってこうなった。
お天気あんまりぱっとしてないのだけれど、ロンドン郊外の庭園に行ったり
家の近所でのんびりと緩やかに南倫敦のひとときを楽しんでもらえれば
いいなぁ、と・・・あんまり注文多くないといいんだけど(苦笑)。

義父、定年まではプロのガーデナーだった。
そんな彼のこと、ところによりかなりovergrown(伸び過ぎ)な我が家の
庭をみたらむむ~っと庭師の血が騒いでしまうかも、とちょっと心配してる。
プロの腕が借りられて丁度いいはずが何故かって?
そう、あれは・・前回、6年前の訪問の時のこと(遠い目)。
借りていたフラットの小さな庭。彼が見て少し切ったほうがいい、と言い張るので
それじゃあどうぞ、と旦那が庭鋏を手渡したのが運の月。
私が仕事から帰ってくると、旦那がとっても気まずそうに手招き。
『お父さんがさぁ~ちょと切りすぎちゃって・・ショック受けないでよね』と警告。

何よ?と庭を見ると・・・お~~の~~~っ!!
ほんと、それ以外に言葉出なかった。
前住人が丹精こめた英国風の庭が、スイススタイルにすっきりさっぱり
刈り込まれてしまって、一番目立つ植木は何とも無残にカチカチにトリミング・・・
『来年のことを考えて、切る、刈るのよね~おとーさんは・・(ため息)
だから私はやめたほうがいいって言ったのよ~おとーさんいつも
やり過ぎるのよ~まったく何て謝ったらいいのか・・』
と義母が私に申し訳なさそうに言った。
来年のことって言われましても~。6月だったので丁度気候も庭を楽しむ夏が
始まったばかりの時。すっからぴんの庭は惨めだった~。
旦那もかなり頭にきてその後一日ろくに義父と言葉を交わさなかった(苦笑)。
今思えば笑えるなぁ。

そして今回、苦~い思い出を現実に蘇らせない為、庭バサミなどが収納されている
車庫に鍵かけちゃう?とか、あ、それともお義父さんは一回「いいよ、切らなくて」
と言えば引くほうなの?我慢できるのか??とか夫と冗談交じりに協議もした。
旦那曰く、とにかく庭バサミを渡しちゃだめ、だって(苦笑)。
犠牲になった(お義父さん、ごめんなさい・・)庭よりも更に刈り甲斐がある(で、あろう)
今の庭だけど、まあ、ちょっと刈られても3泊4日だし、被害もそれほどでは・・・
い~や、やっぱり鋏隠そうかな(笑)
スポンサーサイト
Taba再び。
テラスから紅海の眺め


そうだ、そうだ、行って来たんだよねぇ。
もうすっかり過去になってるから怖い。
エジプトのタバ。
また今回もピラミッドなどは一切関係なく日帰り旅行もしないでのんびりしてきた。

前回暑さに負けたのか不衛生な食べ物にやられたのか2日程
お腹をこわしたのだけど、今回は出発前からプロ・バイオティック
(体に良い菌)を補給してお腹を整え、さらに冷たいドリンクは控え、かつ水分は
充分に取りつつ、水道水で洗っただけのサラダとか果物は一切避け・・
さらにさらに、殺菌ハンドローションをこまめに使ったお陰か体調を崩さず過ごせた。
そこまでしても行きたいの~と言われればそれまでだなぁ(苦笑)。


スノーケルも最初の数日は風が強くて海もちょっとだけど波が荒くて
私は入れなかったが後半回復して夢にまで見たBroomtail Wrasse
ブルームテール・ラスと感動の再会!


Wikiから借用↑

真夏に行った時より心持ち海水も冷たかったけれど色とりどりのお魚に
囲まれてふわ~っと浮かんでいる無重力感、とっても楽しかった。

誕生日の日にはホテル側からバースデー・ケーキも頂戴したし
リクエストしていた部屋が取れなかったお詫びに1クラス上の部屋に
手数料なしでアップ・グレードしてもらえたり、2度目だったからなのか
待遇の良さにびっくり。昨年に行った時より気温もちょうど良くて快適だった。
まったりのんびり、ビーチに寝そべって読書。瞑想。
仕事、家事、なーんも無し。
もっと若い頃の私だったらなんて惰性な!とそっぽを向いてたはず(苦笑)。
年を取ったからこそ出来るゼイタクもあるのよ~ということにしたい。

唯一の大失敗。
ある晩アレルギーの桃が隠れて入っていたデザートを知らないで一口食べてしまい
味がしてからはっと気づいたものの一口だったし、きっと似た味がするグァバだろうと
(バカもの~っ!)愚かにもそのまま飲み込んじゃったのが後の祭り。
就寝後呼吸困難ぎみの反応が出てしまった。1時間程でよくなったが、いけないいけない。
それ以降デザートは夫に毒見してもらったけれど、次回は緊急薬持っていかないと。

ブルームテール・ラスちゃんの動画発見。参考までに。
青、緑、黄色の不思議な姿とこのぼーっとした泳ぎっぷりがたまらない魅力。
結構大きな魚で尾ひれの先まで50センチ弱くらいはあった。
http://www.youtube.com/watch?v=dNi4Mjhb7Q4

次はいつ行けるかな。

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

Allium Bulgaricum



Allium Bulgaricum

日本ではアリウム シクラムとして知られているそうです。
庭に今3つだけだけど咲いています。
前住人から引き継いだ庭。
2年目ですがまだ、へぇ~こんなのが植わってたんだ~
っていうことがあります。
昨年は見かけなかったのはどうしてなんだろう?
ちょっと謎だけれど今年は堂々と登場、です。
英国で6,7月の花らしいのにもう咲いている。
やっぱりロンドンは暖かいのかしら。最近天気非常に良かったし。
でも今日は打って変わってひんやり小雨が降りました。



今日夕暮れ時。寒そうに咲いてました。



昨日と気温差が10度だったそうで、あ~あ、短かった夏ももう・・な~んて、ね(笑)。
ぽめさんへのお返事にも書いた冷蔵庫のトリュフ、出しても全然平気になっちゃった~。
仮採用(小声)。
仕事のほうでひとつ進展!
シニア・サポートワーカー職に仮採用になった。
証拠はないけど(爆)。何か白けてます?
だってまだオフィシャルにオファーレターもらってないし
どうも慎重になってるのだ。今までのこともあるし。
(今までの経緯は過去日記参照のこと、please)
インタビューの結果仮採用か否かが決定してそれから仮採用なら
CRBチェック(すっごく前の過去日記、懐かしい!こちらから
とメディカルが通ってレファレンス照会してから晴れて正式決定、という運びに
なるとは面接の時に説明は受けていたけれど、なんだかねぇ。
手紙くらい欲しいのに、何にも貰ってな~い!という訳で気分的には
ちょっとまだ小声。ははは。

しかし、ここまでくるのにいろいろあったなぁ。
休暇直前に面接の通知が来て、4月21日なので
電話して時間確認をしてくれって書いてあったのでそうしたら
なんと21日は間違いで(なんて団体だぃ!セクレタリーのJさんダブルチェックありがとう~)
25日。エジプトに経つ前日に面接だった。
面接っていっても面接官3人とも同じ会社の上司だしそのうちひとりは
私のマネージャーだったから、何か変だったな。
みんな普段はとっても気さくで話しやすいのにそんな雰囲気じゃなくて調子狂った。
質問に答えるごとに『ね、そうじゃないですか?』みたいにこっちから
ふってみたい衝動に駆られたし、何で相槌打ってくれないのよ~みたいな(苦笑)。
全く知らない人たち相手のほうが簡単だなと思った。
質問されて、答えて、の繰り返しなのは仕方ないけど何となく手ごたえがなくって
情け容赦ないポイント制だし(Equal Opportunityって嫌!)、いくつもの質問に
とてつもなく間違いの答えをしてしまったのでは、とか充分に答えなかったのでは、
などという気がしていや~これはもしかして不採用かしら?とかなり暗雲立ち込める
気分のまま雲ひとつない常夏の国へ旅立った。

休暇中は普段の生活環境とは全く違った場所にいたことが幸いして
あまり面接のことは考えずに過ごすことが出来たのは良かった。
帰ったら2度目の不採用の手紙がきてるかもって覚悟は決めておいたけど。
そして帰った日。朝5時。夜通しのフライト後、帰宅してドアをあけるなり
不採用の手紙が来てるか玄関に散らばっている郵便物を一心不乱に
かき集めてチェック(苦笑)。
ない!きてない!
ほっとしたのなんの。

翌日(っていうか仮眠後数時間後だね)まだやや気持ちが晴れないまま
携帯のスイッチを入れたら伝言が2件。
たぶんこの国で携帯の必要がない人間のトップ10に入ってるに違いない私に
誰が何を?と聞き進むとひとつめはスイスの叔母から誕生日祝いのメッセージ。
そして2件目は何かと思えば、唐突にも雇用先団体のセクレタリーJさんから
You’ve been provisionally accepted.(仮採用になった)とメッセージが。
CRBチェックを行うからなんたらかんたらというのがかろうじて耳に入って来てるけど
へ?仮採用って、プロビジョナリーアクセプテッドってほんとにそう聞いたのか
信じられなくてもう一度聞きなおしてから隣で運転中の夫に
I’ve got the job!とアナウンスしたのだった。急いで道端に停車してふたりで
ばんざーい!知らない人が見たらちょっと変な二人組みだったろう(笑)。
仕事に行って面接にも居た私のマネージャーが『おめでとう!』って言ってくれて
そっか、やっぱり受かったんだって(苦笑)。

ポジション的には自分でも絶対自信はあったけれど、面接の時の印象や何かで
ここまで揺らいでしまうなんて、自分で自分が可笑しい。自信過剰でないだけ
いいのかもしれない。
このまま普通にいけば来月末あたりに採用決定のはこび。
やっとここまでたどり着いてほっとしているところだ。
いままで踏ん張ってよかった!

帰ってます、元気です。
エジプト休暇から早くも一週間半。
前更新から早一ヶ月弱!
最近月日が経つのが間違いなく加速しているようです。
ロンドンでの普段の生活にもすーっと戻ってしまいました。
まあ一週間留守にしたくらいじゃあ、そうなりますね。

休暇後仕事初日を終えて帰宅したら、スイスの義両親からの
花束や義姉からの小包が届いてました。




誕生日当日は留守だったのでわざわざちょっと遅らせて
届くようにしてくれたみたいで、日本人並みの心遣いには
恐れ入りまする~。
義姉からは久方ぶりのスイス・バーゼルが誇るトリュフ。
箱は感涙モノのLサイズ♪
以前お気に入りにも書きました(過去の日記はこちら)。
その他義叔母(ここにも登場した夫の叔母ね)からカードで
彼女からのプレゼントは数週間後に訪問予定の義両親に託す、とありました。
彼女からは珍しく私の携帯にも留守電でお祝いメッセージも頂いた。
ま~みなさん、40thだからってめいっぱいお祝いしてくれたのかしらん。
おっと、遅くならないうちにお礼のカード書かなくっちゃ。
エジプト休暇から写真一枚選んでカード作ろうかなって思ったけれど
使えるような良い写真が(私が写ってるので)無い!ことが発覚。
市販のカードはどうも芸がなくって好きじゃないんだけれどどうしよう~
絵でもかこうかなぁ・・・。
早く出さないと義両親ロンドン来ちゃう~(苦笑)。
離れて感じたスイスの家族の愛情が嬉しかった今年の誕生日でした。


テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。