日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大失敗
*はじめに*
とても長くなってしまいました。
小分けにして引っ張る気にもなれないので
追記設定(続きを読む)はしますが一挙にいきますので
あらかじめお断りしておきます。








職場で現金150ポンドが消える事件発生。
私のアカウント・ミスふたつが原因だった。

事の発端を説明するにあたりプロジェクト・ハウスの
金銭管理のシステムをちょっと説明すると
クライアントさん個人それぞれの持ち金を入れる箱ひとつずつと
食費をまかなうCommunal(コミューナル)の箱、清掃用品をまかなう
資金を入れとく箱、スタッフの交通費や雑費用資金の箱・・・と
いくつもの鍵つきの箱をスタッフルームに保管している。
で、シフト交代時に中身を全部チェックしてサインして、という
引継ぎ作業を行う。
クライアントさんたちは毎週食費や掃除費用など各自払い込むのだけど
これはスタッフが代行している。

今回の私のミスふたつ、今から2週間前の月曜日。
その食費の支払い作業中に起きた。
クライアントの箱から食費箱に一週間分の50ポンドを移したまでは
よかったが、記帳する時に食費箱合計を誤って300云々ポンドではなく
100ポンド少ない200云々ポンドと記入してしまったのだ。
その次のミスはそれに気づかないどころか次のクライアントのエントリーを
すっかり記録し忘れ、結果として実際の箱合計金額より150ポンド少ない
エントリーのまま作業を終了してしまった。

そのまま私のミスには誰にも気づかずに約一週間。
次ページに移るための確認を行ったスタッフがミスを発見。
そして、問題の150ポンドが無くなっているという事実が明らかに。
休みだった私のところにマネージャーから連絡があって
はじめて、自分が起こしたミスを知らされた。
いくらなんでもの馬鹿げたミスに何と自分で情報処理してよいのか
電話口で言葉にならなかった。
その後急遽職場に出掛けて帳簿を確認。
確かに。ミスも単純かつお粗末でまったくもうなってないし、自己嫌悪。
即マネージャーはじめお詫びしたけれど一体どうしてしまったのだろう。

私のミスを利用して誰かがちゃっかり150ポンドを引き抜いたことに
スタッフ一同開いた口がふさがらなかった。




[大失敗]の続きを読む
スポンサーサイト
ロンドンは危険だという『お知らせ』
こちらの日本領事館に在留届をしてある人に届く不定期のお知らせメール。
スワイン・フルーの英国感染者状況やテロ事件の恐れなど読者に対して
執拗なまでに注意を促す内容で毎回読む度にびびる(苦笑)。

普段あまり危機感無く、それはそれはのん気に在ロンドン日本人からは
危険地帯として避けられ気味の南東ロンドンに生息している私。
のんき、だけれど、昨日日本からひょっこりとやって来た訳ではないので
防犯の心得も一応それなりにネイティブ並みくらいには培われていると思う。
そんな私ではあるが、つい先日届いた『日本総領事館からのお知らせ』
メールは読んでいてドキドキしちゃった。



日本総領事館からのお知らせ

2009年10月19日

安全・テロ情報

秋から冬にかけての安全対策について

1.10月25日(日)には夏時間が終了し、日没が急速に早まりますが、これからの季節には暗闇に乗じた犯罪等が増加するものと予想されます。
毎年この時期には、身体に危険が及ぶ犯罪被害の報告が多数寄せられています(以下の当館からのお知らせ参照)。
当館としても当地警察等に連絡しつつ情報収集に努め、必要に応じパトロールの強化等につき要請を行っていますが、在留邦人の皆様におかれては、これまでの事例を参考にしながら、下記2.の諸点を念頭におき引き続き十分注意をして頂きますようお願いします。
(1)在留邦人の被害情報(路上強盗) http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/consulate/19_12_05_rojougoto.html
(2)在留邦人の被害情報(強盗、空き巣) http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/consulate/20_02_26_akisu.html
(3)邦人の被害情報(レイプ) http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/consulate/20_04_02_higai.html

2.被害予防策
(1)「ロンドンは比較的安全だ」、「まず自分が被害に遭うことはない」という先入観は持たないようにする。
(2)外出時には、常に注意を払うとともに、家族、近隣、職場等でお互いに話し合うなどして、情報を共有し、各種被害に遭わないよう心掛ける。
(3)夜間帰宅する時は、近道を考えるより、まず安全と思われるコースを選択する。
(4)夜間、あるいは人通りのない道を歩くときは、常に前後に注意を払い、肩越しに振り向いて、ついてくる者がいないかを確認し、怪しい者が後方にいる場合には速やかに人目につく場所に移動するようにする。また、高価な携帯端末やアクセサリー等をむやみに人目にさらさない。
(5)危険が感じられる場合、駅等から自宅までは、安全な方法で出迎えに来て貰う、またはタクシー等安全な交通手段を利用するようにする。
(6)防犯アラーム等を携帯する。
(7)新聞、自治体や警察のウェブサイト等を参考にして、地域の犯罪情勢等について常に関心を払う等被害に遭わぬよう細心の注意を払う。また、不審者がたむろする状況等が見受けられる場合は最寄りの警察に情報を提供することも防犯につながる。
(8)家を留守にする場合は、次の防犯対策を心掛ける。
通りに面したゲートを閉める。
進入が容易な窓を閉める。
はしごは安易に庭などに置かない。
郵便受けや玄関マット下に玄関扉の鍵を置かない。鍵には名前、住所等を書かない。
外部から見える場所に貴重品を置かない。
旅行に出かける際は、留守を察知されないよう、新聞、牛乳等の配達を停止したり、近所の人に駐車場を使用させる。
帰宅時に家の様子がおかしいと感じられた場合は、家の中での犯人との鉢合わせを避けるため、すぐに中に入らず、近隣や警察に助けを求める。
(9)当館ホームページの安全対策マニュアルもあわせてご参照願います。
http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/consulate/anzenmanual.html
3.在留邦人の方で、犯罪被害に遭われた場合には、差し支えない範囲で当館に報告いただければ、幸いです。報告のあった情報は、個人が特定できない形で、在留邦人の方への注意喚起に利用させていただきます。



何かこういうふうにはっきりと気をつけろ~注意しろ~って書かれていると
ロンドンってこんなに怖い街だったの?っていう気に素直にさせられた。
注意を促すのが目的のメールなんだから当然か(笑)。

特に被害予防策なんてマニュアルみたいでさすがは日本のお役所だ。
(4)の夜道の歩き方、は読みながら1シーンを想像してしまうくらい細かい!
(7)『地域の犯罪情勢』『不審者がたむろする状況』・・・。ロンドンは何処だって
危険な時と場所にいたら危険だし、不審者がたむろする状況というのもねぇ。
怪しいかどうか判断が難しいというのが実際に暮らしていてよく経験することだ。
ロンドンは外国人がとにかく多い。
文化や生活習慣の違いでこちらから見ると失礼ながら不審というか変な行動や
風貌と言えなくも無いひとも結構普通に暮らしている訳で
異文化に疎い日本人から見て不審な者に疑いの目を向けることって
PoliticalCorrectness(註↓)に引っ掛かることもあるのではないかと
真面目に思うが、どうなのだろう。

実際この予防策、ロンドンに長年住んでいるひとなら常識範囲の内容
だけれどこう改めて読んでみると、ここまでしなくちゃいけないなんてね。
世知辛いというか物騒なのだわ。



註)ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness, PC)は、言葉の表現や用語に
人種・民族・宗教・性差別などの偏見が含まれていない公平な表現であることを指す・・Wikiより引用。言葉、用語だけでなく行動や思想も当てはまる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。