日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆切れ(?)バス運転手
ロンドンバス運転手。
タフでなければ出来ないと思うが実際はどうなんだろう。
男の世界とおもいきや女性ドライバーが結構いるのが頼もしい。
過去にお客と言い争いになってキレた運転手を二人見たことがある。
どちらも女性だった(笑)1回目は2年くらい前、2回目は3日前。

3日前。仕事の帰り夕方のラッシュでバスがとても混んでいた。
本数も多いとは言えず混むのがわかっているのにどうしてダブルデッカー
(2階建てバス)にしないのか不思議な路線でのこと。

こちらのバスの1階部分には子供用バギーや車椅子利用者のための
スペースが出口の前にあり椅子が映画館のそれのように折りたたみ
できるようになっている。学校帰りの子たちや仕事帰りのひと、保育所
帰りの親子で超満員、バギースペースもフル。

もう入らないだろうというくらいの車内にさらにもうひとつバギーを押して
お客が乗り込んだ。
通路もいっぱいの人でどうするのかな?と思って見ていると、何とそのお母さん
入り口すぐ横のバスの左側前輪上にある荷物置きの棚のようなスペースに
赤ちゃん入りバギーごと持ち上げてドンと置いた。
固定する事も出来ないので急ブレーキをかけたらバギーは容赦なく
宙を舞うことになるのに!
それを見ていた他の乗客たちも「She’s crazy!」なんだ、あのひとは!
とびっくり。
すぐ隣の位置にいた運転手は何にも言わずにバスを発車させたので
それに驚いたひとりの女性が
「危ないからやめさせてよ!事故になったらどうするの?」
と運転手に文句を言った。「運転手としての安全確認を怠るな!」
とか、かなり腹を立ててる様子。
まあ、赤子入りバギーが荷物用の棚に乗っかってるのは
正直、ひえ~って感じだったけど。
それに対して運転手はどう出るか?と車内が見守る中・・・・

「Don't shout at me!」 私にどならないでよっ!と吠える女性運転手。
ギャンギャン興奮してなんか言いながらバスのエンジンをストップしてしまった。
あーあ。。。とため息の乗客たち。運転手がこうやってエンジンストップする
ということは車内に問題あり、発車できない、ということ。

バス運転手達はめったにアナウンスとか乗客に対するサービスはしない。
ぶっきらぼうで、ご乗車ありがとうございます、もなにもないのが普通。
このときのバスは1階建てのやつだったから何があったか分かったが
2階建てで上の階に座って突然エンジンが止まったりすると
一体何が起きたのかわからなくて急いでいる時など困る。
大抵辛抱強く発車まで待とうとするロンドン市民の皆さん偉いと思う。

だがこの時は、ったくいいかげんにしろよ!と言い出す人、降りるから
ドア開けてくれ!私は次で降りるんだから!バギーはこっちに持って来たら!
と叫ぶ人々で車内しばし騒然・・・。
運転手も乗客の女性もカリビアンなのか熱く言い合いは続いている。
「私に文句があるならちゃんとそばに来て言って!」
「あなたこそ安全確認は何処へ行ったの?」
・・・ぐぅ~っ。←うんざりの私。
降車用ドアが開いてどかどかと何人も降りていった。
言い合い当事者の女性も「もっと注意して発車させるべきではなかったのに
貴女がいけないのよ!」みたいなことを捨て台詞にして降りていった。

Oh,God...
あちらこちらで、ため息混じりにそう言うのが聞こえた。
直後に吠えていた運転手も踵を返してエンジンをかけ発車・・・。
そこまで言い合いしなくてもねぇ。仕事帰りみんな疲れてるのにぃ!

話のついでに、目撃第1弾の逆切れ運転手は乗ってきた男性客に
なんだか忘れたが注意をしたら
「人と話すときはサングラスはずせよ、失礼だぞ!」と言われて
それに怒った彼女
「こんなに馬鹿にされて発車どころじゃないわ!I‘m NOT driving!」
とわめき散らし、必殺エンジンストップで応酬。
とんだとばっちりの他の乗客たち(私も)がすぐ後ろに次のバスが
来てるからドアを開けるように言っても聞いてないでわめいてるので
出口に一番近かった私は仕方ないけど「裏技」の非常開ボタンを押してドアを
開け隣にいたおばさんに「That‘s a good idea!」と褒められたのだった(笑)

この2人の運転手たちは例外もいいところで、ほかの皆さんはとても忍耐
強く黙々と任務をこなしているとお見受けする。
女性だから、とは思わないけど、二人ともやっぱり仕事のストレス
たまってたんだろうか。
人間だから頭にくること言われてかっとなるのは仕方ないけど
お客に怒鳴るなんて、いいの?いけないの?どっちだろう?

テーマ:今日のお話。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
ほ~
熱い戦いですねぇ。。。
日本で私は、今のところそういう戦いに出くわした事なしです。
でも、殴り合いにならないだけマシなのかな?
日本のニュースで、時々、中国だか韓国だかの映像で、バスの運転手に殴りかかる乗客がいたり・・・。
こわいよ~

でも、仕事帰りでなくても、目的があってバスに乗ってるのだから、そんなハプニングがあったら、誰でもイライラするよねぇ。
しかし、エンジンとめちゃうんですね?
日本でそんな事したら、即ニュースのネタになっちゃうかも(^^;)
2005/11/12(土) 23:54:21 | URL | sakura [ 編集]
困りましたね。
バス好き~とか言っておいて、実はこういう場面にも何度か遭遇しててその度に憤慨してたことを思い出しました。トレイニングちゃんと受けてるのか?って思う運転手いっぱいですよね。確かバスの中にクレイムはこちらへ~みたいな張り紙があって、通告できるはずなのですが、私は1度も連絡したことありませんねぇ。
ところでstipaさん非常開ボタン押したってすごい!開けてくれ~って思っても押す勇気はなかったんですよ。次回また巻き込まれたらこの手でいきましょう。(笑) 
2005/11/13(日) 06:30:34 | URL | kay [ 編集]
ね~・・・
sakuraさん
日本のバスの運転手さんはこういう状況でどう出るのでしょうか。
まあ、第一にそんな危ないことを無視して発車したりはしないでしょうけど・・・。
ただでさえスムーズに行かない事が多い通勤、帰宅途中で
そういうことがあると一気に疲れがでますよねぇ。
エンジン、何も言わずに止めますe-262乗客にとっては不吉なサインです(笑)
何かの故障のときなら「All change,please!乗り換えしてください!」って言われます。そういう時も文句を言う人はあまりいません。ため息ついて次のバスを探すだけです。もう慣れっこって感じですe-330
2005/11/13(日) 08:19:53 | URL | stipa [ 編集]
こんばんは。
先日はブログ訪問&コメントありがとうございます。
逆切れ運ちゃん、たまにいますよね。
私も先日、お客に怒鳴ってる運転手に遭遇しました。やっぱり女性でしたね・・・。
しかもその時は車内マイクがONになっていたので、怒鳴り声が車内に響き渡っていました。まあ内容を聞いていると、お客も悪いんですが・・・。かなりのキレぶりに、私がいた2階では皆さん大笑いでしたよ。
2005/11/13(日) 08:29:52 | URL | 絵梨香 [ 編集]
ね~っ!
kayさん
カスタマー・サービスなんてないですよね。
クレームも今のところ電話して苦情をいうほどのことには
巻き込まれてないのですが、一応電話番号だけでも控えて
おいた方がいいのでしょうか(笑)
そうそう、非常用の開ボタンですが、あるときバス停で
降車ドア開け忘れてて「開けてください!」って降りようとした男性が
言ってるのに運転手の反応が遅かったのでその人
余程急いでたんだか速攻非常開ボタンを押して
降りてしまったんです。
それを見て「なるほど~!これは使える^^」と思ったのでした♪
2005/11/13(日) 08:33:25 | URL | stipa [ 編集]
こんばんは♪
絵梨香さん
こちらこそまた遊びに来てくださってありがとうございます!
逆切れ運ちゃん(笑)女性でしたか!ヒステリックな人が多いんでしょうかね??
確かに不正乗車しようとしたり、酔っ払ってたり、かなりの奇人変人も乗ってきますからね~お客が悪い方が確率的には多いと思います。ですが
運転手たちももう少し言葉遣いちゃんとしろよっと言いたくなる事もありますから・・・どっちもどっちですかね(笑)
そこまで余興になるようなキレぶり・・・聞いてみたかったです!
2005/11/13(日) 08:47:40 | URL | stipa [ 編集]
いざと言う時には!
非常開ボタン!ですね
( v^-゚)ぶぃ♪
ってそんなこと、しょっちゅうあったら困るけどね・・。
↑sakuraさんのおっしゃるように、日本だったら即ニュースになりそうよね。
ロンドンっ子は忍耐強いってホントだったのね。
(多くの人は、ってことね(; ^^)
2005/11/13(日) 13:46:47 | URL | マチルダのママ [ 編集]
ははは♪
マチルダのママさん
(*^-^)vぶぃっ
ですがぁ、あくまでも非常時だけ(運転手が切れて車内に
閉じ込められた時など(爆)にコッソリとお願いしますね!
少しずつ改善されてきているようですがまだまだ
これで先進国と言えるのかというくらいガタガタの
交通機関でロンドンの皆さんよく我慢してるな~と感心してしまいます!
2005/11/14(月) 02:36:44 | URL | stipa [ 編集]
過激!
す、すごい。ドライバーさんをそこまで怒らす乗客もすごいけど、そこまで切れるドライバーもすごい。ある意味、みんな元気なんですね、きっと!
私もこの前、郵便局で女性局員さんにブチ切れてる女性を発見。
「もう1回学校で勉強してきたらどうなの!」と局員さんに怒鳴ったら、後ろに並んでた品の良さそうな女性が
「あなたこそ、もう1回お勉強してきたら?」と言っていました。そしたらその後ろのおじさんが
「ゲナウ!」と・・・

もちろんスイスでの話です(笑)
どこにでもいらっしゃるんですね、過激な方が。
2005/11/15(火) 04:42:45 | URL | uko [ 編集]
ゆ、郵便局で?!
ukoさん
お久しぶりです♪
その元気をほかのところで使ってもらいたい!
かーっと頭に血が上るのは体にはあんまり良くないですよね。

郵便局で、それもスイスで、すごいですね!
ブチ切れ女性が言った台詞もブチ切れ人ならではのレベルですね(笑)
後ろの人たちも余程呆れてたんでしょうね。痛快!
いや~これも見てみたかったな!
「Genau!」・・・懐かしいです♪

2005/11/15(火) 06:55:59 | URL | stipa [ 編集]
はじめまして
はじめまして。
私もロンドンのバス運転手
について思うことがあり
ブログで書きました。
TBさせていただきましたー。
2006/03/01(水) 02:04:52 | URL | ロタ [ 編集]
ロタさん
こちらこそはじめまして!
TBありがとうございます。
今度ゆっくり伺いますね。
2006/03/12(日) 23:12:57 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昔からローカルのバスでの移動が大好きな私は台湾でも、タイでも、バスでいける所はバスで行っていました。ロンドンではOyster(オイスター=牡蠣?なぜそういうネーミングなんだろう。。。?)カードというバスパスがあり、コレを買うとバス乗り放題なので、ひたすらバスを
2006/03/01(水) 02:02:55 | Cafe De London ロンドンMBA留学レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。