日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rieder's Whisky Truffes
スイス人の夫はチョコレートが大の好物。
スイス産のがやっぱり一番のお気に入りなので里帰りするたびに
重いのに一生懸命いろいろ買って帰ります。
私もチョコは嫌いではないし、疲れたときとかに食べたくなったり。
連休第一夜の今、カフェイン気にせずにコーヒーとスイスチョコを食べながら
お気に入りブログを巡回するという何とも贅沢な時間♪

・・・っと調子に乗って食べていたら残り少なくなったのでセーブしとかないと
怒られそうだ。しかも食べてるのは義姉からいただいたプレゼントの
スイス・バーゼルの地元では有名なウィスキー・トリュフ、キャプテンズ・オウン。

DSC00849.jpg
実は作っているケーキ屋さんのすぐ近くに長い事住んでいました。
このケーキ屋さん、見た目はどこにでもありそうな小さな街角のケーキ屋さんですが
はっきりいってこのトリュフだけでもっている、といってもいいくらいです。
不思議なことにこれ以外のお菓子、ケーキ、パン類はいまいち・・・なんですけど
このキャプテンズ・オウン・ウイスキー・トリュフはどこに出してもはずかしくない超一流品!!
お値段ひと箱日本円で1400円とスイス感覚でいっても高価なんですが
とにかく美味しいし、一回食べたら忘れられない味!(相当売り込んでますね、わたし)
甘さ控えめしっとりトリュフにウイスキーの香りが絶妙!

DSC00859.jpg


義姉はバーゼルに住んでいるので私達が住んでいた当時に騒いでいたのを
覚えていてくれて毎年クリスマスのプレゼントに喧嘩のないよう二箱(!)
わざわざ送ってくれたりしていましたが今回のは11月に里帰りした時に
ちょっと早いけどクリスマス・プレゼントだよ、といってくれたものです。

バーゼル在住の方でまだお試しでなかったり、たまたまバーゼルに行かれた方
お薦めです!ぜひぜひお試しあれ!

コンディトライ・リーダーKonditorei Riederのウイスキー・トリュフHP。
キルシュとシャンパン・トリュフもある~♪
http://www.whiskytruffes.ch/
 

テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
わあ、これは試してみたいね♪
いいなあ、そんなに美味しいチョコレートを食べられるなんて~~。
Captain's ownね、一応覚えておこうっと。
スイスってもともとチョコレートが美味しいので有名なんでしょう?
その中でも、ってことは、格別だね~~。
2005/12/16(金) 23:39:26 | URL | マチルダのママ [ 編集]
マチルダのママさん
たいていのスイス人は誇りを持って『スイスはチョコレートが有名!』
といいますが日本ではあまり知られてないと思ってたんですけど
流石はマチルダのママさん!
大手メーカーではLindt、Toblerone、Suchard、Callierなどがありますね。
LindtやToblerone(三角の箱がトレードマーク)は日本でも売っているのではないでしょうか。
この二つのメーカーのチョコはイギリスでもスーパーなどで簡単に買えますが
ヨーロッパ規模で企画販売が展開されているらしく中にはフランス製や
ベルギー製の『スイス』チョコもあって夫が嘆いています(^_^;)
このウイスキー・トリュフはこのケーキ屋さんオリジナル品。
こういった小規模に売られているチョコは他にも数え切れないくらい
あると思われます♪
2005/12/17(土) 04:04:22 | URL | stipa [ 編集]
stipaさん、2連休はのんびり出来ましたか?美容院、私ももう半年くらい行ってないのでそろそろ行かないと・・・。やっぱり日系の美容院に行かれてますか?

ところで、スイス人はチョコ好きだわと思ってたんですよ。というのも家にホームステイで滞在していた子が大量のチョコをお土産に持って来てくれて、さらに自分用のおやつにもチョコ持参してたんです。私もチョコ好きでほぼ毎日食べてるのですが、(エネルギー補給と勝手に決め付けて!)バーゼルのトリュフ、とっても魅力的ですね。ココアパウダーがかかってるのかな?こういう粉にも弱いんですよ。あぁ美味しそう~!
チョコの写真みて思い出したのですが、元町の石畳とかなんとかって言う生チョコ知ってますか?日本にいたときは生チョコにはまっていたものです。。。
2005/12/18(日) 06:12:44 | URL | kay [ 編集]
kayさん
2連休、あっという間でした!今日はまたいつものようにバス通勤(あーあ)
バスルートを混雑するシドナムを通る202でなくて227で
ベッケナムまでいってSEロンドン入りするルートに変えました!
また違った街並みが新鮮です(今のところは・・・)

美容院、日系に行ってます。バーゼルでは日系なんてもちろんありませんでした。
みんな東洋人のしっかりとした髪を切った経験がなくて
高い料金を払ってもいまいち不満が残るカットで我慢していたので
ロンドンに越してきてからは美容院だけは日系一筋です♪
最初行った時私の髪を見ても困った様子もなく(当たり前か)
マッサージまでしてくれて日本の美容院はすごい!と感動しました。

そのホームステイのスイス人、まるでうちの旦那のようなことしてますねぇ!
疲れたときには甘いものっていいですよね。
私は英国やベルギーのチョコでも有難くいただきますが
夫は頑固にスイス・チョコ一筋です!

洋酒が中にどろっと入っているチョコよりも
このようなトリュフのほうが断然好きです。
元町の生チョコ、残念ながら知りません。
日本で確か生チョコブームになってましたよね。
2,3年まえだったでしょうか?定かではありませんが。
私が日本にいる頃に起こって欲しかったです・・・。
2005/12/18(日) 08:26:06 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。