日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Like father, like son
スイスに休暇で帰っている夫からメールが来た。

「今○○に居ます。天気は晴れたり曇ったり。
僕のクレジットカードを持っていないことに気がついたんだけど
置いて行った他のカードと一緒にあるか見てくれない?・・・・」


きたぁ!(-_-X)

もうっ、またですかい!!

彼は本当に物をなくしたりとか多いのだ、昔から。
あれ、○×はどこだ?くっそ~携帯がないぞ!
とか毎日毎日ほんとにご苦労さんってくらい
よく物を探している。
前回ひとりで里帰りしたときは、飛行機のチケット忘れて
危うく乗り遅れそうになってみたり。
「Eチケットだと思ったら(はーはー)
そうじゃないって言われて(ゼイゼイ)
再発行してもらう為に、今航空会社のオフィス目指して
走ってるところだ!」と空港から電話があった。

彼は私と同い年です、因みに。

彼の机のまわりとか一通り見てみたけど
みつからなかったのでその旨メールした。



Like father, like son とはよくいったもので
(訳を調べたら この親ありてこの子あり、蛙の子は蛙、だそうな)
彼の父Jもまったく同じで、いつもなにか探してるんだこれが。

ひと月ほど前に姉Sに二人目の赤ちゃんが生まれたので
顔を見に週末スイスに帰ったときも
「・・・車の鍵は どこへおいといたかなぁ、かあさんよ」
「・・・眼鏡が見当たらないんだけど、はてさて・・・」
と親ガエルぶりを発揮していた。
ま、父Jは年も年だけどね。
母Hによれば、やっぱり若いときからそうだったとのこと。。。
「お互い大変だよね~」とねぎらい合った母Hとわたしでした。



夫からの返信が来た。
「やっぱりカードキャンセルするから、電話番号調べてくれない?・・・」


はいはい。。。。。












コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。