日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷惑な習慣(夫編・その2)
もうひとつ、私にとって迷惑なスイス人夫の習慣。それは・・・

つめきり。きたない話になるのかな、一応。お食事中の方はご注意の内容。


一緒に暮らし始めて最初に目撃した時、ぞっとした。
パチン、パチン、という爪を切っている音をたどると、バスルームの中。
なんと浴槽に足をかけて足の爪を切っている夫(当時は彼氏)が・・・!
切り終わったらささっと水を流して、それでオシマイ。お掃除終了。ぞわ~っ(鳥肌)
わわわわ~っ!超気持ち悪い、なんで、どうして~、そこでシャワーしたり
お風呂に入ったりするんだよ~・・・と後姿に向かってわめいてみたが
振り返って「ここでなかったら一体何処でするの?」と言われて絶句。

西洋の人(古っ)って衛生管理とか日本並みは期待できないとは
聞いてはいたが・・お皿の洗い方も泡だらけのまま拭いてオシマイとか、
お風呂だってためたお湯の中で頭洗って体洗ってさっと流してきれいさっぱりだ
と思っているような人たちの国から来た人だから覚悟はしていたけど
お願いだから、バスタブを受け皿(!)にして爪を切るのはやめてくれと半泣きで抗議。
私のあまりのショックの受けように???な夫。日本じゃどうするの?と聞かれたので
私式足爪きり法(床の上にティッシュ等を敷いて、終わったらティッシュごとごみ箱)を
説明すると、そんな部屋でするなんてよっぽどキタナイ!と言われた。
私がそんなにいやならと、いまいち納得いかないながらも次から気をつけると言ってくれた。

で、次の時。パチン、パチン、お、えっ?!またバスルームで音が・・。
嫌な予感。恐る恐る覗くとなんと洗面台の流しの中で指の爪を切っている夫発見。・・・。
この後はちょっとした喧嘩に発展してしまったので省略(笑)。
夫は私式の部屋で爪きりのほうが嫌だ、洗面台やバスタブで切って流す方が
全然よい、と譲らなかった。当時はスイス生活真っ只中。夫の家族たちも
おなじようにしているのだろうし、こんな些細な事でも私の肩をもってくれる人が
いないという日常に孤独だな~と思ったり。

「何処で爪切り討論」はそのまま何年もお預けになっていたが年に一度の里帰りで
東京の叔母のところに滞在した時、ふいにその事を思い出したので叔母に話したら
「そんな~絶対嫌よ、そんなの!気持ち悪い~」と期待していた通りの反応。
夫も混ぜてその話をしたら、私が日本では○○なんだ、といっても信じてくれない
ことが多かったんだけど、この時は私がスイスにいた時よく味わった少数派の
居心地悪さみたいなものを感じたみたい。
こんな小さな事だけど私がいつもスイスでどんな思いか逆の立場になる日本で
ちょっと体験してもらうのも悪くない。
その証拠に、それ以来夫は爪を切る時はごみ箱の中で切ったり私式の
床上ティッシュ→ごみ箱方式を実践してくれるようになった。
水で流してしまえば全然関係ないのに・・・とブツブツ言いながら、だけど(笑)。

みなさんはつめきりは何処で?

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント
この記事へのコメント
stipaさん、興味深く読ませていただきました。
そうなんだ・・。
ご主人バスタブで爪きりをするのかあ。。あ、していたのね。(今は違うんだよね)
うちでは、ティシュを敷いたりあるいはチラシか何か下に置いてそこで切るよ。
その後はstipaさんと同じ。

お国柄って言うのかな。
色々違いはあるのでしょうね。
スイスって、すっごく綺麗な国ってイメージあるけれど、これも、日本人が想像も付かない方法で綺麗にしていたりして?
2006/01/08(日) 08:18:00 | URL | マチルダのママ [ 編集]
爪切りは、ワタシもお部屋で。でも、爪きりに切った爪が入るタイプのものなので、何か敷いたりはしません。
たまに飛び出て一生懸命探します(笑)
バスタブは、まだ。。。
でも、洗面台は絶対有り得ない(驚愕)
ダンナ様、年に一度くらい少数派を経験するのもいいものですよね~。
それでstipaさんは気分スッキリ♪
2006/01/08(日) 22:17:08 | URL | miki [ 編集]
面白い
お国柄っていろいろね
日本では飛び散らかして探さない人はいると思うけど
バスタブとか洗面所は余りいないよね~
私は爪きりの脇のあいてるところにセロテープを張って切る
飛ばなくていいよ
それでも一応ちらしとかを置くけど
我が家では皆そう
いつからかな~
2006/01/08(日) 22:51:38 | URL | katasumi [ 編集]
マチルダのママさん
私がいない時はどうだかわかりませんねぇ。
お国柄の違い・・。書きましたが食器洗いの仕方の違い、
ふきんの絞り方の違い、あれこれ探せば沢山ですね(笑)
スイスは美しい国ですよ。それは間違いありませんが果たして
きれいさ(清潔さ)のほうはいかに・・(^^)

ちらし下に敷いて・・・やってました~懐かしい!
こっちにはチラシというものが豊富にあるわけではないので
忘れてました♪
2006/01/09(月) 07:33:54 | URL | stipa [ 編集]
mikiさん
うちのも切ったつめが入るタイプだけど何故かもれるの(笑)で
下に敷いておかないとダメなんだ~。
バスタブだったら我慢できちゃう?
私はどっちも嫌だな~。

日本での少数派体験。良いんだけど、皆さん旦那に親切で
それがちょっと私@スイスと違う~(>ω<)ってひがんでたことあった(笑)
2006/01/09(月) 07:43:51 | URL | stipa [ 編集]
katasumiさん
>日本では飛び散らかして探さない人はいると思うけど
何か笑えます(^◇^)
お国柄、これは面白いっていう時と全くそうでない時が
ありますねぇ(^_^;)

なるほど、セロテープで・・katasumiさん考案ですか?
夫にそうしてくれって言ったらなんて言うのかちょっと
試してみたい気が・・(* ̄m ̄)
2006/01/09(月) 08:03:57 | URL | stipa [ 編集]
爪切りか・・・。考えた事も無かったけど。

それよりこっちの人のお皿洗いよねー
洗剤を水で流さずそのままふきんで拭いてるのを
聞いた事はあったけど、実際見たときはショックだった・・・
洗剤食べるみたいだよねえ。
でも一応水で流す人も見たことあるけど。
ロンドンの友達もお風呂のお湯で
全て済ましているようだったよ。
最後に一応流してはいるみたいだけど。

まあ、外人からしたら
初めに身体を洗うとはいえ
家族みんな同じお風呂に入るのは
気持ち悪いらしいから
いろんな価値観があるよねー
2006/01/10(火) 06:02:52 | URL | kleeblaetter [ 編集]
kleeblaetterさん
食器の洗い方ね~お皿を拭いた後のべたべた加減がなんとも
気持ち悪かったりする・・。
汚れが残っているのを布きんで乾かしながらきれいにしたりしてね(笑)
水で流す人は結構いるよね。良い事だ!
スイスでも慣れるまで嫌だったな~。日本式にしっかり濯ぐ方式は
水がもったいないとか言われるのがオチ。

旦那が子供の頃はきょうだい3人で同じお風呂のお水
使ったんだって(>_<)最後に使う番だったら悲惨!
旦那はいちおうお風呂の後は最後にささっとシャワーで流しているようだよ。
浴槽洗い流しているだけなのかもしれないけど音がきこえる(笑)
2006/01/10(火) 08:08:20 | URL | stipa [ 編集]
はじめまして
こんにちは。履歴を見てきました。
私のブログに訪問ありがとうございました。
まさに、所変われば何とやら・・ですね。超合理的!日本人的にはアンビリバボーではありますが。

特殊なお仕事をなさっているのでしょうか?てんかん患者のサポートについて・・という内容の記事がありましたので。
そちらでは、てんかんの人が、例えばてんかんを理由に職を失うとか・・そういう事はあるのでしょうか?
社会の中でどのようにサポートされているのか、私も知りたいです。
2006/01/14(土) 12:43:16 | URL | momoko [ 編集]
はじめまして!
momokoさん
こんにちは!私のところにもどうもありがとうございます。

爪きりひとつとってもお国柄でしょうか。いまだから笑えますけどね(笑)

癲癇患者サポートというほどのものでもないんですよ。
障害者施設でサポートワーカーをしています。
クライアントさんに軽度ですが患者さんがいらっしゃるので
知識をもう少し得たいと思ってるところです。
てんかんの方がたがイギリス社会でどのような
「差別」を受けているかについては私には今のところ
知識があまりなくてよくお答えできません。
ごめんなさいね!そのうちなにか気づいた事
わかったことなどあったら書きます!

momokoさんは看護士さんでいらっしゃるのですよね。
私の仕事は看護士さんよりはヘルパーさんに近いのでしょうか?

あ、私もチョコ好きです!でも食べるとすぐ吹き出物が^^;
また今度ゆっくりおじゃまさせていただきます♪
2006/01/15(日) 01:51:16 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。