日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宿直の朝
さてさて、ちょっとハードだったシフトパターンも終わって
明日から2連休だぞっ、嬉しいな~。

今日は宿直勤務の朝がどんなものかちらっと御紹介。
あ、例の風鈴・・・マチルダのママさん、σ(^◇^)耳栓持って行くの忘れました!
でも何とか気にしないようにして寝ました。寝ないわけにはいかないし・・。

サービスユーザーのRさんが5時10分前にバスルームを
使ったので目が覚めて(ちょっとの音でも気が張っているせいか
すぐに目覚めてしまいます)階段を下りていこうとする彼女に
ベッドに戻るよう諭してお布団に入れてあげてやれやれ 
私ももう一眠り、と思ったらもう一人のサービスユーザーの
Jさんがな、な、なんと朝の5時に起床するというハプニングが!
寝なおそうと思っていたら5時キッカリに彼の部屋から声が
聞こえて、あらら・・。
お願いだから寝言であって欲しいとしばらく様子を伺ってましたが
どうやら本気でお目覚めになったようだったので仕方なく着替えて
仕事開始。でもなにぶん早朝。頑固な一面もあるJさん相手だし
しっかり気合入れていかないと、とまずキッチンに行って朝食を
食べてからJさんのお部屋に向かったのでした。

お風呂・着替えなどのパーソナル・ケアをサポートし終えて時計を見たら
まだ7時前。早すぎ~!いつもは7時から仕事で、Rさんの世話を
してからJさんを起こしに行く、というパターンです。彼は大抵9時過ぎに
お目覚め。今朝の彼は一体どうしたんでしょう(笑)

サポートの方針としてパーソナルケアは女性ユーザーは女性スタッフが
男性は男性が、というのが理想。でもこの業界、やっぱり女性スタッフが
断然多いので男性スタッフがいない場合は女性スタッフが男性ユーザーの
パーソナルケアもサポートします。逆は禁止されています。余談ですが
男性スタッフはひとりで女性ユーザーを外出に連れて行くことも許可されて
いません。男性スタッフの女性ユーザーに対する対応など公共の場で
一般の人に誤解されて問題になったりとか結構あるということなので
それを防ぐためらしいです。
話はそれましたが朝に男性スタッフが来る場合はJさんの世話はしないで
男性スタッフにお願いする、というふうにしています。
今朝もそうなる予定だったのに結局JさんRさん二人揃って朝食を取り
終わったのが8時。男性スタッフが9時に到着したのですがそのころには
忙しい朝の仕事は全部終了してました(笑)

それから洗濯やJさんが週1でおこなっているアクティビティー(課題)である
カップケーキベーキングをサポート。市販のカップケーキミックスで簡単に
出来るケーキの準備をJさんにタネを混ぜてもらったり型にミックスを
流し込んでもらったり・・等をサポートするのです。
いろいろキーワードやどのようにサポートするかポイントがあるので
大変といえば大変。何回も同じことを繰り返さなければならないので忍耐力が
不可欠です。今回は前回のようにJさんが途中で居眠りを始めると
いうこともなく(笑)それなりに集中して作業してくれたので上出来でした。
そして昼食・・。
勤務時間調整の為いつもより1時間早い午後1時上がりだったのですが
何しろ朝5時からだったのでとても長く感じました。

帰りのバスで睡魔と闘って多分3分くらいは寝てしまったかも。
こっちの交通機関で居眠りしてる人はあまりいないのでちょっとでも
すごくはずかしい・・。
家に帰ってからこの仕事を始めて初めての宿直明け昼寝。
テレビでブッシュさんの演説の声だけ寝ながら聞こえていたような・・
だからか、起きて気分悪かったけど(笑)頭はすっきりしました。
今は風呂上り、ビール片手に(Asah○辛口)これを書いています。
美味しい~。2連休前夜で更に、いい気分♪

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
お疲れさま~~
頑張ってきたね~♪
耳栓忘れちゃったんだ・・・。
次は持って行こう?(^^ゞ

朝は、早くから起こされてしまったのね。
相手が人間だから、全く読めないよね、何時に起きるかな、なんて。
でも、熟睡して静かに寝てくれていれば、stipaさんも、もっと睡眠時間がとれるのにねえ。v-75
2006/02/10(金) 12:30:12 | URL | マチルダのママ [ 編集]
マチルダのママさん
病院ではないので何時消灯とかないですからね。
ユーザーさんが寝たい時間に寝て起きたい時間に
起きる権利を尊重しているからなんですが
いつ寝たいか、何時に起きたいとか伺う事も出来ないので
こういう風に困ることも(^_^;)
私、早起き苦手e-263だけど仕事だから
そんなこといってられないし・・。
柔軟な対応が出来るように頑張ってます。
2006/02/10(金) 22:44:06 | URL | stipa [ 編集]
ふむふむ
stipaさんのようなお仕事って、日本にはあるのかなぁ?

そう、こちらでもやはり、福祉の仕事って女性が多いです。
そして、皆さんプロなんですよね。
私の父を母が一人で世話してるって話を施設の方に話したら、抱え方にコツがあるので、絶対に無理しないで、何かあれば、電話で呼んで下さいって言われてたらしいです。
たまに弟がきて、父を抱えて風呂場までつれて言ってるって言った時も、絶対にやめて下さいって言われたそうです。弟は、男だから力があるから大丈夫って思ってたけど、違うのですね。

stipaさんもプロ意識出てきたねぇ。
これからも応援してますよ~(^^)v
2006/02/10(金) 22:59:52 | URL | sakura [ 編集]
初めまして☆
足跡残していきま~す♪
2006/02/11(土) 03:59:04 | URL | 新里ジュンヤ [ 編集]
sakuraさん
変に抱えたりすると本人だけではなく
抱えた人にも
負担がかかっていけないからかなぁ。
それで思ったのは抱え方や動かし方などMoving&Handlingという
タイトルの講習で習います。まだ受けてないけどね。
プロ意識だなんて~まだまだですよん♪
でも、ありがとう!
2006/02/11(土) 04:30:17 | URL | stipa [ 編集]
新里ジュンヤさん
足跡ありがとうございました。
2006/02/11(土) 04:31:41 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。