日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしのこと
ブログを始めた理由に自分と向き合いたい、というのがあった。
いよいよ、その時がきた! 
これから自分自身気になっている「わたし」について
思いつくことから書いてみたいと思う。
非常に個人的かつ、底無しに退屈な長文、内容になると思われます。
ので、興味ないという方、ごもっともです^^
どうぞお気になさらず、ご退出くださいませ。
遊びに来て下さってありがとうございました!
では!  


















まず思うこと。

覚悟はできたか?

私ってかなり孤独者である。
まだこっちに来て友達と呼べる人がいない。
学校も職場もいまのところないので
本当に、出会いもない! 
悲しいことである。(と書いておいて実はそんなに
悲しくない自分もいることを記す)
日本にいたころは多くはないが
お友達、いたんだけどな。
でも皆音信不通になってしまった。
まあ、日本に住んでないし、
続けていくのって無理かなって
私の方から去ってしまったというのが
本当だろう。

スイスでは知り合った人はほとんど夫の友達。 
その中から「私の」友達だ!と呼べる人もできたが
しょっちゅう連絡取り合ってる訳でもない。
でも!たまに会えば楽しく過ごせるからありがたいし、嬉しい。
最初のころは語学学校で知り合った友達
もいたがお国にかえってしまったり、
子供が出来て100%お母さんになってしまい(そうあるべきだが!)
なんか近寄りがたくなってしまったとか(すごくガキだった私!)
みんな数年のうちに疎遠になってしまった。
スイス生活ではほんといろいろあって(そのうち書ければ書こう)
落ち込みの連続くりかえしで
「ともだちなんて出来ないし、いらない~
わたしはひとりで大丈夫!」
と、もう、ほとんど「孤高の人」 になることを
自ら選んだ。

夫はわたしが頼れるひとが彼のみの生活に
不安だ、イヤだ、はやく友達つくってくれ!
と言う。ここ何年も言い続けてる。
もっともだよね~ 
「彼に頼ってる~彼がいればそれでいいの」
っていうタイプじゃないのは彼もわかってる。
単純に、もっと当たり前に、人付き合いできれば、
ふつーなことなんだから。
そういうわけで友達がほしい。
会ってお茶したりとか、一緒に遊びにいったりとか
ふつーの友人、まずは。
仕事始めたら出来るかな?
いや、作ろう、と前向きに書く。

異国の地でいままでひとりでいろんなことを
背負い込み、何年も頑張ってしまった。結果
今居るのは昔より何十倍も引っ込み思案で消極的な自分。
友達をつくろうともしなくなった私を心配してる夫、
ごめんなさい。

結婚してるんだしいいじゃない夫がいれば!
とは思わない。夫だけしかプライベートで
コンタクトがないなんてそんなの不自然だ。
精神的にも不健康だ。
いくら恋愛結婚だといっても
お互いしかいないっていうのは無理がある。
私達の結婚生活、思えば国際結婚でもあるし(そういえば、だよな)
瑞西生活後半は二人とも疲れて、惨めで、たまらなかった。
今から思うと、なんて、悲惨だったことか。


夫はsocializing(人、友達付き合い)大好きで
趣味関係や、あとは仕事の同僚仲間で
飲みにいったりしてる。私にもさんざん
お友達つくって、出かけたりして欲しい!
という。それって、当たり前のことじゃん?
こっちに来て4年以上たつのに
まだお友達ゼロの私がイヤだ。

仕事をはじめたらせめて、ふつうに
socializing出来る私になりたい。(本気か?)
本気だよ!

この辺で一区切りつけよう。


ここまで大変辛抱強く読んで下さったあなたへ

お疲れ様でした(笑)そしてありがとう。

あなたのために少し付け加えますが
瑞西生活悲惨だったと書いたのは
別に犯罪や麻薬に手を染めたとか、浮気とか
そういうこととは無縁です。
世の中レベルでいえば、ちいさなちいさな事でしょうが
私にとっては危機でした。
居たくない場所で、私ってなんて不幸なのかしら?
と自分の置かれた状況を変える努力もせず 
なげやりに、人生のうちの貴重な何年かを
無駄に過ごしてしまった自堕落な私と、
そんな私を見守ることしか私に許されなかった夫との
暮らし、悲惨だったと思います。
そのうち、もっと書けることがあったら
振り返って見たいと思います。


今日はこんな私のひとりごとに最後まで付き合って
下さって、ありがとうございました。









コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/08/04(木) 02:59:35 | | [ 編集]
コメントくださった方へ
こんな私の独り言にメッセージを
どうもありがとうございます。
是非お返事をしたいので
もしよろしければどこか連絡用メルアド
教えていただけないでしょうか?

もし、それはイヤ、ご都合悪い、(それでも全然よいです) という場合のために・・・

コメント、本当に嬉しかったんですよ~
やっぱ、そう頑張らなくちゃなって。。。
ありがとうございました!

一応、お待ちしてますね^^


stipa
2005/08/04(木) 22:14:23 | URL | stipa [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/08/07(日) 12:31:56 | | [ 編集]
お返事嬉しいです(●^o^●)
ありがとうございます!
そうです、あなたですよ~(笑)
お尋ねの件ですが、もちろんです!
ではお返事させていただきますね。
2005/08/07(日) 21:24:41 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。