日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウボーイ・ビルダーの蔓延る国(長文!)
ビルダー(builder)とは小規模な建築業者や
リフォーム業者、またはその建築作業員のこと。
カウボーイ・ビルダーとは、いわゆる悪徳建築業者のこと。

日本でも最近、悪徳リフォーム業者が問題になっているそうですね。
イギリスではビルダーといったらもう
信用度ゼロ、技術度ゼロ、は当たり前!
とにかく非常に、ひじょ~に評判が悪い!

一応資格(電気やガスの設置は要資格)を持って
専門分野があるひともいれば、資格があってもなくても、
なんでもやってしまうひともいます。
失礼だけれど、私の見た限り、ビルダー技術レベルは
日本やスイスと比べるとかなり低いと思います。
比べては日本やスイスの建築関係業の方々に
失礼ではないか、と思ってしまうようなダメレベルなのです。

ほんとにそんなひどいのばかりなの?と思うでしょう。
私もはじめ聞いたときはびっくりしたもの。
答えとしてはまあ、悪徳またはダメビルダーが
殆どと思っといて正解というのがこちらのほぼ常識。
技術のなさに加えて、約束をすっぽかしたりはもう当たり前、
そんなのカワイイほうで、仕事中に盗みをやらかす者や
前払いさせといて工事途中で雲隠れするヤツもいると聞きました。

夫の知り合いの経験談多数(いい話きいたことない!)
新聞、雑誌でも、「カウボーイ・ビルダーの見極め方」とか
実際に被害に遭った人の体験談などよく目にするし
テレビでも「恐怖の館」(コワイ!)というタイトルで、
隠しカメラを取り付けた家に餌食のビルダーを呼んで、
トイレの詰まり、屋根の瓦の修理など
いたってプロであれば簡単な仕事を頼み、
それに対して、いかにいい加減に作業をして、
いかに何も知らないイノセントなクライアントから
お金を搾り取って儲けるか、ということしか頭にない
カウボーイ・ビルダー達をあばくという番組もありました。
(番組最後に悪徳業者の顔と名前を堂々放送して痛快!)

ここまで評判悪いって、もう社会問題ではないか、
と思いきや、なんかちょっと違うよう。
他の人の話を聞いたり、さっきのテレビ番組や
メディアの取り上げ方から判断すると
「わが国のビルダーってこんなにヒドイ!」という現実を
ほとんど自国の文化、伝統として受け入れていると言うか
(ビルダーとはそういうもんだから仕方ない、みたいな)
本気でどうにかするべきとは思ってないような印象を受けます。

我が家も今年はじめにキッチンとバスルームをリフォームしました。
信頼できるビルダーを点数つきで紹介しているサイトを参考にし
知り合いからもまあよさそうな人を教えてもらったりして
3社ほど見積もりを頼んだんです。
最終的に頼んだ会社は結論からいって、唯一の不満は、技術面。
親方ビルダーのBobを除いてみんなダメビルダーだった!
特に、Billというおしゃべりなヤツには、やられた~。
彼がした仕事の殆ど、やり直してもらわなければいけないほど、
仕事がざっつで下手!
経験豊富であるはずのPlasterer(左官工?)のおじさんも
いい人だったけど、まっすぐであるべきな壁の部分が
うーんどうしてなの?ってくらいまがっちゃって
親方ビルダーBobに「ほら、みてみろよ、まっすぐぢゃないだろ?」
といわれても、「どこがいけないんだ?」って最後までだめだったし。
Bobだって、自分の知らない分野に手を出して、大ミスするし。
ここがこうだからやり直してくれ、といえば嫌な顔しないで
そうしてくれたし、時間どうりに来て、みんな礼儀正しいとこはよかったです。
余談だけど、ビルダーのひとたちってほんとTea(紅茶)が好き。
でも一番飲んでたのはダメBillだったっ (ノ-_-)ノ ~(_□_) ←Bill

結局工事終了後に夫と大親方ボスSimonと話し合って、
満足いかない箇所など、Invoice(請求書?)を大幅に見直してもらいました。
払う金額は減ったが、いまもキッチン、バスルームで
もうちょっとここなんとか・・・・いい加減だな~
という所が沢山目に付いて残念。
でも終わってほっとしております。

少数派ではありますが、イギリスのビルダーのなかにも
輝くの星のような存在の、真面目で仕事もできる職人ビルダーはいることはいるようです。そういう人たちは、評判が評判を呼んで、
半年、人によっては一年経たないとスケジュールがあかないとか
超売れっ子。
私ももし評判の良いビルダーを見つけたら
次なにか大きな改装をするときは苦い経験を生かし(涙)
ビルダーの予定があくまで絶対に待つと思います。
まあ、よほど運が良くないとそういう良いビルダーの噂さえも
聞かないのだけど。
自分でそういう人を探すのもかなり根気が要ると思います。
ビルダーってイエローページみるとそりゃあもう
何ページも沢山載っていて、どれも怪しくみえてしまう(笑)

最近あともうひとつ希望の星がいることを知りました!
それは東ヨーロッパや、バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)
出身のビルダーたち。
真面目で仕事もちゃんとしてると評判はよい。
彼らの活躍がイギリスの伝統的(ひにくたっ~ぷり)ビルダーの
レベル向上につながれば良いのですが。
 




コメント
この記事へのコメント
なんだか・・・
リフォームするのが億劫になりますねぇ。
実は、うちも一部リフォームしました。
私ん家の場合は、私の友達のだんな様が大工関係のお仕事されているので、お願いしてかなりお安くしてもらいました(^^)v
外国では、なかなかそういうつてがなさそうですよね。。。
しかも昔っから住んでるわけじゃないから余計つてなんてないですよね。。。
でもまあ、なんとか無事に終了してよかったですね!
2005/08/04(木) 20:13:47 | URL | ist3735 [ 編集]
そうなんですよ~
信頼できる業者を探すのって、
なかなか乗り越えられないハードルです!
お知り合いが建築関係・・・羨ましいです。。。
昔から住んでいるひとでも、運が悪くて
そういう人にまだめぐり合ってないとか
以前から頼りにしていたビルダーに
裏切られた、とかあるんですよ~!
もう殆ど宝くじの世界です(苦笑)

コメントどうもありがとうございました!

2005/08/04(木) 22:00:27 | URL | stipa [ 編集]
自分も以前ロンドンに住んでおり、ダメビルダーに泣かされ続けていたので、思わずコメントしちゃいました。

ほんっと、ダメですよね…ナニを言っても…。

ちょっとした修理にしても、汚い靴で床汚して帰るわ、私は大切なマグカップ持って帰られたこともあります(怒)。

あの方たちは、どうも「プロ」の自覚がないヒトたちが多くて、
「これなら自分がDIYした方が良かったのでは…」
と、よくガクゼンとしたものでした。
2005/08/28(日) 11:14:48 | URL | mona [ 編集]
おっしゃる通りです!
monaさんこんにちは!

うちは庭にあったほうきを勝手に掃除に
使われて壊されました(-_-X)

これなら自分たちでってところ、ほんとに
そうなんですよね~プロとしてのプライド
っちゅうもんはないのか?と思います。
残念なことです。
コメントありがとうございました!

2005/08/29(月) 00:05:28 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。