日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原因
ここには書いてなかったのですが(書く気にならなかったというのが正しい・・)
先週末から仕事場でごたごたしていて疲れが溜まってます。
理由はここによく遊びに来てくださっている方ならご想像もつくでしょう。

・・・お局さん。
さん付けするにはもう値しないような殆ど暴君(笑)と化した先週の金曜。
どういうめぐり合わせかちょうど宿直だったのがいけなかった~。


これから先とってもとっても長い文です。愚痴もあります。
耐えられる方だけ読み進んでください。すみません。



私が勤めているプロジェクトハウスはクライアントの定員3名のところ。
空き部屋がひとつあるので私が日本に休暇中の頃からある若いクライアントさんが
トライアルということでご両親と一緒に面接に一回、彼だけで夕食に一回
来ていました。このクライアントさん、プロジェクトに入居しているJさんやRさんと
違って年も二十歳と若く、昼間は障害者センターで実習、夜は障害者同士が集まる
クラブに出掛けたり映画に行ったりと活動的。ことばのコミュニケーションも簡単な
ことならちゃんと出来る人。仮にB君と呼ぶことにします。

先週の金曜、午後4時出勤。午後5時になり突如お局さん出現!
私はいつものように明るく挨拶しても上の空の挨拶。顔も見てくれません(笑)
あれーどうして彼女が・・?Jさんをパブに連れて行く段取りなのかな?と思ったのですが
そういえば今週末は何かあったなと思ってCommunicationBook(連絡帳)を
調べたらB君訪問の日でした。私のほかに男性派遣スタッフGさんがひとり。
お局さんと同じジャマイカン。彼はとっても良い人、と一応強調しておきます!
しかし派遣ゆえGさんはお局さんの言うがまま。プロジェクトハウスには事務所は
ないのでキッチンが主なスタッフの居場所。その夜の夕食を担当していたGさんに
お局さんたら「野菜はそーいう風に調理するべきじゃない」とかあーだこーだ。
前回のミーティングで止めてくれるように頼んだにもかかわらず、パトワ(ジャマイカの
方言)でGさんに話し掛け続けるお局さん。
それでも私にはひとことも話しかけずに、無視。どの程度の無視状態か試す為に
質問すると、最低限のお答えしかなくて、相変わらず無礼なひと。

今日はB君が来るということで過去2回に渡り面識のあるお局さんにどんなひとなのか
聞いてみた。どんな感じのひと?と聞くと冷たく「どんな感じってどういう意味?」
もー私の訊く意味しっかり分かってるくせに意地悪。(お局さんは私が何を聞いても
「○○ってどういう意味?」と必ず聞き返してくる。まるで、あんたのいうことなんて分からないよ
と言いたげにだ。それか、眉間に皺を寄せてへ?って顔されたりするけど基本が失礼な人だから
仕方ないのです。)
だからほら、性格とか、ねぇ。そうしたら上の空に、冷蔵庫を物色しながら 
“・・He is mobile, he is verbal, he’s quite independent and needs minimum support.”
「彼は一人で歩けて、話が出来て、わりと独立してて最低限のサポートが必要」

・・はぁ、それだけ?そうですか、そうなのねーと思いながら暫くすると今度はGさんが
同じような質問。するとびっくりお局さん。B君には同じように障害のあるお姉さんがいて
彼女もどこかの共同生活施設に入所するべく手配をしている最中。B君はクラブに行ったり
映画館が好きなので今度とまりに来る時は一緒にシネマに行ったらいい・・など、そんなこと
知っているんだったらどうして私に教えてくれないのかとショック。やっぱり意地悪だ(苦笑)

気を取り直してシフト表を見てみるとお局さんはその日は休暇日。ホリデイ。
でも大マネジャーがB君訪問のために彼女を入れたらしい。一応シニアだし2回も会っている訳だし。
こういうVisit(訪問)はどんな感じで行われるのだろう。クライアントさんとお話して
お互いを『知り合う』のがやはり目的なんだろうなと思いながらB君到着を待った。
結局期待してなかったけどお局さんからはB君訪問にそなえての打ち合わせも説明もなし。
Gさんには夕食時の席順などを早口の訛りが強すぎる英語でまくし立ててた。
そんなこんなしていたら予定よりちょっと遅れてB君がご両親と一緒にやってきました。


“Good evening, Mr○ ! How are you ?? ・・”
「○さん、今晩は♪お元気ですか~?」
“Hello, B ! You’re gonna have dinner with us tonight !“
「B君こんばんは、これから皆で夕食しましょうねっ♪」

B君とご両親に対して予想していた通りの愛想を振りまくお局さん。
完全に仕切ってます。それが目的で休暇返上してきたんだからまあ当然の成り行きといえばそうなはず・・。
B君ご一家は中国系なのでご両親私を見てAre you Chinese? 広東語話します?と訊かれたので
ごめんなさい、日本人なんです、と言ったら Oh! Japanese, GOOD!と嬉しそうに笑った。
お局さんもつられたのか満面の笑み。この人もこんな笑顔になるのかと密かに観察してた(笑)
その後ご両親は午後9時ごろB君を迎えに来ると言う約束を残して退場。

お局さんがB君の隣に座って面倒を見るというのはさっきちらっときこえたので適当に
席について一体お局さん、B君とどんな話しをするのか興味津々。
「隣に座るわね~♪」とお局さん、とってもフレンドリー。・・気味悪!
今日何をしたのかという問いにロンドンのどこか観光名所にいってきたというような
答えのB君。そしてお局さんより今晩はこれから何をしたいか訊かれ、一生懸命考えたあと
散歩に行きたい、とひとこと。「わかったわ!それじゃあ食べてから近所をちょっと散歩しに
行こうね!」とにっこりのお局さん。
それから結局食事中会話は、それ以外ほとんどありませんでした。

後片付けが終わってしまいそうな頃、一番最後に食べ終わったB君。
昔病院や大きな施設で生活していたJさんRさんは出来るだけ早く食べないと
他の仲間に取られたり、看護係に取り上げられてしまったのでそりゃあ必死にかき込みます。
訓練してもなかなか直らない悲しい習慣です。
幸いB君は実家でいままで暮らしてきたのでそういった施設習慣は無いようです。

お局さん「B君、今日はもうロンドンに行って来て歩きつかれただろうから散歩はやめにして
ラウンジでゆっくりリラックスタイムにしようよ、ね?来週泊まりに来た時に映画に行く事にしよう!」
さっきは二つ返事でOKしてたのに。勝手に希望を変えていいのだろうか・・。
でも、そう言われていやだと言うような頑固さはB君にはありません。
そのままB君をラウンジ(居間)に連れて行き、靴を脱がせてソファーに座らせて
テレビをスイッチ・オン。
ついて行った私はRさんがB君にちょっかいを出してはいけないだろうと思い彼女と一緒に
反対側のソファーに腰掛けました。GさんはJさんを自室に連れて行くべく2階へ。
お局さんは空いていたソファーに。トイレがどこかという説明をして、そして2分後・・。

信じられないことに無言で席を立ってB君と私、Rさんを残して2階に行ってしまったのです。
わたしひとりで、どうしろっての??と焦りました。Rさんもいるし、何よりB君置いてきぼり。

少ししてGさんが降りてきた。B君を退屈させてはいけないと思い、テレビはどんなのが
好きかとかおしゃべりしていた私。ラウンジに入ってきたGさんを見てぎょっ!
グローブをしてる。ということは彼がJさんのトイレのお世話中ってこと。ってことは
お局さん、一体2階で何してるの?Jさんの部屋で座ってるだけとか、まさかそんなことは
ないよね??
彼女は何処に居るのかGさんに聞いたらJさんの部屋に居るとのこと。
“..Doing WHAT?” 「何して」居るの?と訊いたけどGさんは肩をすくめただけ。
また2階に上がっていく彼を見ながらお局さんはB君訪問のために
今日休暇をおして出勤中なはずなのに、まさか私に任せっきりでいいとでも???
と起こっていることが信じられませんでした。
そのあいだにRさんは2階の自室へ。
Jさんのトイレが終わったのかGさんラウンジ再登場。わたしひとりでなくなってよかった・・。

ほっとしたのもつかの間、2階からお局さんの声。
“G~!This man here is ready for his bath!” 
「G~!こちらの男性(Jさんのこと)お風呂入れるよ!」
召使のようなGさん。何も言わずに2階へ。情けない・・。派遣だから
立場悪いの分かるけど使われっぱなしじゃない!
それにどうしてあの人がまだJさんの部屋にいるの?
彼女は一体何をしてるの~~??
何にもしてないんだよ、きっと。悠々とGさんにJさんの世話させて
自分はぼーっとJさんの部屋でテレビでも観ているんだろう。醜い。

Rさんのバスタイムは彼女がみるのだろうと信じて疑わなかった私が馬鹿だった。
Jさんのバスタイムが終わったのが聞こえたと思ったらGさんが降りてきて
「Rさんがバスタブの中に立っているよ!」と言う。これはどういうことかというと、
彼女が自分のお風呂が待ちきれないときすることなのです。
・・・えっ??えええっ???
何で私に言う訳?2階のあの人に言えばいいのに!すぐ側にいるわけだし。
あの人がするのが筋だと思ったので、彼女には言ったのかと訊いたらYesの返事。
でも、そうなんだ、いやな予感・・。
What is SHE doing in J’s room? 彼女、Jさんの部屋で何やってるの?
ときいたら「彼女はJさんと居る(世話をしているってこと)」って・・・!!!
これ、実話なんですよ、作り話じゃありません。

いつもは冷静な私。仕事では辛抱強い。でもこのときはめちゃくちゃ頭にきました。
いい加減にしろ!って。怒りで爆発しそうになりながらもGさんに
“Just between you and me, THIS is NOT right, is it?”
「ここだけの話だけど、これは絶対間違ってるよね?」と本心を明かしました。
Gさん困った顔をして、男性スタッフだから自分にはRさんの世話が出来ないし
女性スタッフ両方に報告したんだよ、とのこと。
最初に伝えた女性スタッフには多分無視されたか、私はJといるからあの子に
頼んでよと言われたのだろう。
でも、そのまま2階に駆け上がって怒鳴り込むのもあの人と同じ低レベルな行動を
取る事になるのでぐっと怒りをこらえつつどうしようか考えてあの人に絶対に無理なこと
チームワークのためのコミュニケーションを図る為にJさんの部屋へと向かったのでした。

私がDo you want me to do R?「Rさんは私が?」と聞くとあっさりYesの答え。
「あたしはJと一緒にいるから。」だそうです。いつからJさんはあの人に一晩中くっついて
いてもらわないといけなくなったのでしょうか。
You’re with him NOW... いま一緒に居るんじゃない、と頭の中で怒鳴り散らしてました。
彼女に怒鳴っても効果ないのです。虚しくなるだけ。どんなにこっちが正しくても逆切れされて
怒鳴られるだけで話にならないのは良く分かっていたので、ひとりお風呂場で待っている
Rさんのお世話をしにJさんの部屋を出ました。しかし、出てからどうしてもこれだけは
聞いておかなければと思いまた彼の部屋に。
B君のことです。せっかく訪問に来ているんだからスタッフみんなともっと談話するとか
一緒の時間を持たなくてもいいのか、ずっとひとりでテレビ観せておくだけで
いいのか、とシニアとしての彼女に聞きました。

いいのよ、別に何もしなくても。私達に出来ることはないし、こうやっておいて様子見るしか
ないのよ。彼は自分のことは出来るほうだから一対一のサポートはいらないのよ。

これは彼女、気づいているのかいないのか超爆弾発言。一対一One to one とは名のとおり
スタッフ一人と話をしたり交流をすること。いったいどうしてB君は一対一の交流がいらないと
いうことが言えるのでしょうか。折角の訪問なのにクライアントをほったらかしにしてどうやったら
スタッフや他のユーザーさんとの相性が分かるというのでしょうか。

呆れて物が言えないとはこのことをいうんだな、と思いました。
その後Rさんのお世話をして夜のお薬タイム。Jさんの薬はどうなったか彼女に聞きに言ったら
薬は宿直する人が担当するものよ。だからもちろん私はあげてない、ですと。
Jさんのとなりにぴったりとくっついて座ってる彼女。これもちょっと問題だな、と冷めた目で
みながら、それじゃ、ここでおくすりにするか、下まで来てもらおうか、と言ったら
私は今晩は手助けみたいなもんだから(!)宿直の貴女がいいようにすればいいのよ。
You are in charge here tonight. 貴女が今晩は責任者よ、とまでのたまった。
ここまで口からでまかせばかりのひとも珍しい。
私が責任者なら何故そういうことだと事前に知らされなかったの?
どうしてあなたがここにいなきゃいけないの?
いったいあなたは今日、何しにきたの??・・・

頭が怒りでぐるぐる回ってました。もう彼女には下に下りてきてもらいたくないので
Jさんに薬を持って行きました。下りてきてもらいたくないけど、B君を迎えにご両親がきたら
我先にとやってきて仕切るのだろうけど、と思ってたら、ほんと、そのままでした(笑)
ドアがあいてお父さんが入ってきたと思ったら駆け足でおりてきた・・。
ラウンジでぼーっと眠そうにしているB君を見たお父さん
「B、寝てるのか?」・・・すかさず彼女、
「そんなことないですよ~リラックスしてただけです♪」
次のお泊りのことや「彼女」が今度は映画に連れて行くことなど(大うそつき!Gさんに
行けって言ってたくせに)一体全体、今晩の責任者は貴女以外でなかったら誰なの?という
180度転換な振る舞い。
B君たちが帰った後ちょうどシフトが終わる9時になったのでJさんに挨拶もそこそこに
さっさと身支度をしてBye! ・・・

Gさんもほどなく帰宅してその夜起こったことを振りかえり、このままで知らん顔しては
いけない、これは見過ごすには重大すぎることだし、誰かに話して気持ちの整理を
つけないといたたまれない・・・。
実は仕事場のプロジェクトマネージャーが昇格してその上の大マネージャーとなったため
男性シニアのAさんがマネジャー代理となっています。
だるかったのですがこのまま何もしなかったら眠れないと思いAさんに電話して
一部始終を話しました。
彼女のことだからやりかねないが、それにしても酷すぎる・・というのが彼の感想。
このままで終わらせられない重要度なので大マネに報告して今後の対応を検討する、
しっかり話は聞いたから、と。

どっと疲れが出たけれどその後夫にも電話して話を聞いてもらいました。
よく頑張った、と励ましてくれた。

その夜はなかなか寝付けなかった。朝も早く目が覚めて、彼女のめちゃくちゃぶりが
よみがえってきて気分が悪かったです。

その後、Aさんが彼女を問いただしたため、その翌々日・・・。


対決。


つづく
コメント
この記事へのコメント
ふ~!
読みましたよ~
私まで腹立ってきました
無愛想で勝手で失敬なやつってことは勿論ですが
そのB君の親に対する態度
チョ~頭にきますね
裏表がある人って嫌いです
お局さんて
想像以上にいやな人なんですね
私のパート先のいやな上司
なんかいい人に思えてきましたもの
stipaさん
頑張れ~!
2006/04/05(水) 18:44:52 | URL | katasumi [ 編集]
うわ…
お局さん、暴走してる… 一緒にお仕事するには、なかなか難しそうな方ですね。読んでいてこの人のどこらへんがどうなってシニア・スタッフになったのかなと疑問に思ってしまいました。なんか外にはいい顔をしてBrownie Point稼ぎに必死な感じ… でもいざ責任を持っててきぱきこなしてるのかな、と思えばやっつけ仕事だったり…うちの職場もそんな感じです。いつも適当に仕事をこなしてとりあえずなんとかなってしまっている相手に、色々責任感や行動力なんかを期待する私も私なんですが… stipaさん、ご苦労様です。
翌々日の「対決」を読むのが怖いです…
2006/04/05(水) 21:01:21 | URL | Meg [ 編集]
キャー続きが恐いー!
すごいね。やりたい放題。
許せないよ。
仕事するだけでも大変なのに
余計な事で頭悩ませたくないよねー。

ホント彼女の事を読んでると
私の同僚の嫌なやつなんてたいしたことないって
思えるよ。

負けるなーStipa!!
2006/04/05(水) 21:26:04 | URL | kleeblaetter [ 編集]
お疲れ~
読んだよ!
すっごく腹立たしい!!
それに、stipaの気持ちがよくわかるよ。
こういう時って、誰か頼りになる人に話を聞いてもらって、なんらかの対応を考えてもらうのが、一番いいよね。
ストレスも少しは、話すだけで発散できるし。
ただ、うちの会社の場合は、上司に話したところで、なんにもかわらない・・・これもどうかと思うのよ。。。

正直、少し耳が痛いなぁって思うところもあり・・・。
私も裏表のある人って嫌いなんだけど、自分の性格分析すると、少しそういうところもあるかも・・・。
でも、このお局さんみたいに極端じゃないよ~(^^;)
八方美人になれない私なのです・・・。

最後に、stipa耐えるのよ~p(^^)q
2006/04/05(水) 23:21:07 | URL | sakura [ 編集]
あはは、アタシも (苦笑)
sakuraちゃんと一緒。ダメな人には普通に接せない(爆)
だけどさ、お局さん、stipaが来る前はのうのうとこれで万事OKで済んでいて、天下だったのに、stipaに告発(笑)されて自分の悪いところ正面から諭され、今まで通りに行かなくなったからstipaの事にくったらしいんじゃん?
でも、stipaはどんなに酷く当たられても耐えている、大人な態度で接してて、偉い!
アタシの場合は、たとえば、stipaの立場だった時にお局さんを無視しちゃう(苦笑)
アタシ、結構神経質な所があって、マニュアル通りにやらないでズルする様な人がだいっキライなの。
でもやっぱり無視はいけないよね~。反省。。。
stipaは絶対間違ってないから、がんばってね!
お局さんに何かしっかりした処罰(?)が下る事を祈ってます。
Aさん、がんばれ~!stipa、がんばれ~!
2006/04/06(木) 21:59:07 | URL | miki [ 編集]
何だかドラマみたい!
実際にそんなめちゃくちゃなことする人がいるんだねえ!
そういうことをして、どう思われるか、とか考えないのかな!v-40
信じられんよ!
stipaさんはまーったく悪くないんだから、頑張って!
打倒お局!v-91
2006/04/06(木) 22:59:01 | URL | マチルダのママ [ 編集]
katasumiさん
親御さんはなんていいひとなんだろう、って思うでしょうね。
Jさんのご家族もそうらしい。信じて疑ってないそうです。
いやな人、今までこれほどまでの人には、あったことない、です(;^〇^)ゞ

ありがとうございます!!
頑張ります!
2006/04/07(金) 08:28:00 | URL | stipa [ 編集]
Megさん
シニアになるのは簡単みたいです。
何年か経って一通りの仕事が出来ればいいみたい。
評判最悪だから他にトランスファーも出来ない・・
そんなひとのためにまわりが我慢するのは不公平ですよね!
外面はとてもよいひとです。違いがありすぎていつまでたっても見るたびにオドロキは隠せません(笑)
良識ある一個人としてはいつまででも、わかっていても期待してしまうんですよね。
Megさんももうひとふんばりかな?
読んでくださってありがとう!お互いに頑張りましょうね!
2006/04/07(金) 08:38:16 | URL | stipa [ 編集]
kleeblaetterさん
仕事するだけで大変なのに余計な事で・・・
全くそのとおりだよ~!みんな彼女に翻弄されて
彼女の話してて時間無駄にしてるし・・。
あの晩はまさかここまで・・・と大ショックだった~(>_<)

どうもありがとうね!負けずに頑張る~っ☆
2006/04/07(金) 08:42:03 | URL | stipa [ 編集]
sakuraちゃん
ストレス、そう、かなり溜まった~。
私が思っていること、言いたいことがちゃんと伝わるのか
不安だった。
彼女みたいにこっちが言う事なすことすべて逆手に
とるひとの悪影響!
裏表って誰でもそれなりにあるものだけど・・
彼女の場合、裏の顔になっているときの悪意満々の行動が
非常にマイナスパワー充満で疲れる~。

どうもありがとうね♪p(`´)qファイト~
2006/04/07(金) 08:52:55 | URL | stipa [ 編集]
mikiちゃん
そうそう、mikiちゃんの言っているとおりだと思うよ。
今まで誰も殆どたてつかなかったのにって。うざい存在なんじゃないかな。
いくらイヤだなと思っても無視したらこっちの負けっていうか
相手と同じレベルに落ちてる訳で・・。それが嫌なの!
絶対間違ってないって言ってくれてありがとう。すごく嬉しかったよ!
処罰は・・・続きに書いたけど、予想済みでした!
2006/04/07(金) 08:59:53 | URL | stipa [ 編集]
マチルダのママさん
ここまでの人はそう簡単には見つかりませんよ~!
何故クビにならずに今までこれたのか不思議です。
お情けで良くしてもらっている大マネジャーに対しても
裏切りっぱなしでひどいですよ・・。
まーったく悪くない、そーですよねぇぇっ!!
ありがとうございます、頑張りますっ(*^ー^)b
2006/04/07(金) 09:09:56 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。