日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リフォーム中ハプニング
うちが頼んだ業者のビルダー達は
技術面ではいまいちっだったけれど
みなさん礼儀正しく時間にもまあ正確で
毎朝8時すぎに玄関を開けて入って来ました。
そう、こちらではリフォームなどの時には、
業者に合鍵を渡すのが一般的なのです。。。(不安でしょ?) 

昨日のブログ「カウボーイビルダー・・・」にも登場、
運悪く(苦笑)我が家のキッチン・バスリフォームを担当した
Plasterer(左官工?)のおじさんPhil(名前思い出した^^)
彼にある日、私の朝のトイレタイム中にドアを開けられる(絶叫)
というアクシデントがありました!

その日の朝も私達は何とか朝食、洗顔、片付けなどを
8時までに終わらせようと大忙しでしたが
速攻技を覚えたのか、夫は8時15分前にはもう支度が終わって、
犬の散歩に出掛けて行きました。

後15分か、よし!と時間を確認してから、私はトイレへ・・・♪

・・・・・・・ 

ガチャン! 突然玄関が開いた音が!!
続いて階段をどやどや上がってくるいつもの足音(うちは1stFloor)

え゛~っ!!!!

どうしよう! 何で今日はこんな早いの~?!

その時はバスルームの壁は全部壊されてて、キッチンのドアを
開ければ、こっちはもう丸見え状態。

座ってる状態で「開けないで~!」とか叫ぶのもなんか
イヤだな(なんでだよ)と思ったのもつかの間
鼻歌を歌いながらPhilがキッチンドアの前に来て、ドアが開・・・・


「はろ~!すみませんけど~」と私が言い終わる前に
状況を把握したPhilは真っ赤な顔で「OH ! Sorry, love* !」
慌ててドアを閉め、後ろにいた子分ビルダーに
「いままだ入れないから、そこで待ってろよ!」
と気まずそうな声。

私がトイレから(キッチンか)出た後も、申し訳なさそうにまた謝ってくれましたが、
いやぁ、恥ずかしかった~。。。

下の写真はその頃のもの。凄い散らかりようですね~!
今見ると、外からも丸見えだったのね(笑)

*この love はイギリスの下町ことばで、女性(知人、他人関係なく)
に対して親しみを込めて使われる表現です。
お嬢さん、奥さん、おねえさん、全部ひっくるめた感じかな、多分。
Hello, love! Cheers(ありがとう), love! と、おじさんやおばさん
(私よりもっと年上のひと、ちなみにっ!)が言っているのをよく聞きます。
よって、深い意味は別に無いです(笑) 



コメント
この記事へのコメント
はじめましてm(_ _)m
コメントありがとうございます♪
すごいすごい海外生活だぁ~。
って口を開けながら読んでます。
合鍵渡しちゃうのは、結構怖いですねぇ(^^;
でも、Phillは良い人そう(^-^)
また、来ます☆
2005/08/05(金) 23:52:32 | URL | Q [ 編集]
ようこそ♪
嬉しい~来て下さったんですね!

すごくないですよ、全然!

そう、合鍵にはあたしもびっくりしました。
なんか泥棒(!)にこっちから入っていい
と許可したような気がして(笑)

Philですかあ?良い人ってまあ
そうだったんですけどもねぇ・・・(-_-)

コメントどうもありがとうございます!


2005/08/06(土) 00:23:22 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。