日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスからお客様

大英博物館Great Court



夫の叔母(義母の妹)が2泊3日で遊びに来てます。
この叔母は義母とはちょっと違うキャラ。カトリック教会関係の仕事をしてはいますが
宗教にうるさい事もないし(これ重要ポイント)、私の周りのスイス人に何故か多い
神経質タイプではないので対応が楽で夫も私も助かってます。
英語も堪能なのでそれも大助かり~。

夫は仕事のため昼間から付き合えなかったのですが
昨日は少しロンドン観光に一緒に行ってきました。
テムズ川を渡ったのは久しぶりだった~!
叔母は過去何回もロンドンには来ているのでバッキンガム宮殿とかはパス(やったね!)。
その代わり(?)考古学が好きな彼女の為に、大英博物館へ
メソポタミア文明限定で足を運びました。
大英博物館なんて行ったのは何年ぶりだろう。
この博物館はエジプトのミイラとロゼッタストーンで有名ですよね。
それ「だけ」を見に10年以上前行ったのは覚えてますが・・。
超久しぶりに行ってみてその規模の大きさにびっくりしちゃいました。
展示品が多すぎて暫く眺めているとだんだん集中力がなくなっていくのが分かりましたが
それでも紀元前2~3千年(ってことは今から4、5000年前ですか。汗。)と推定される
発掘品の数々に見入ってしまいました。
考古学って昔から機会があったらちょっと勉強してみたいなと思っていたので
もう少しオバサンになったらカレッジで基礎コースでも取ってみようかな。
大英博物館の後はトラファルガー広場にある教会の地下のクリプト・カフェで昼食後
折角だからと同じく広場に面しているナショナル・ギャラリー(国立美術館)
を駆け足で覗いてきました。
因みに博物館や美術館は無料のところが多いのでじっくりは無理だけど
ちょっとだけ観てみる、というのが出来て嬉しい。
案内プランを参考にハイライトされている絵画だけ観よう!ということになって
叔母がプランを持ってお目当ての絵画を探したのですが、たどり着けない・・。
「えーっと、私達は今ココのはずだからこっちへ行けば・・」と彼女を信用してついて
まわったけどどうも迷ってる事に気づいたので彼女からプランを取り上げて私がナビ担当。
部屋にはちゃんと番号がついてるし、フロアプランも明確だしどーして迷えるのか不思議なくらい(笑)
「わたしだめなのよね~地図見るのってニガテで、ははは・・」と陽気に笑う叔母。
ナビ交代した効果あってさっさと絵画鑑賞後、ピカデリーサーカスのそばにある
紅茶で有名なフォートナム・メイソンへ行ってお土産をちょっと買いました。
その後は本屋とユニ○□(スイスにはまだないらしい)にちょっと寄って帰ってきました。

ゆっくりしてるひまもなく昨日の夜は私達も初めての『観劇』のためまたロンドン中心へ。
お芝居の知識も無いし有名どころはチケットも取れなかったのでもう50年以上もロングラン中の
アガサ・クリスティー原作のミステリー『The Mousetrap』 ねずみとり を観て来ました。
初めての経験で期待も何もなかったのですがストーリーはもちろん、目の前で繰り広げられる
生の舞台。とても新鮮で面白かったです。夫と、また絶対近々お芝居観に行こうと約束。

そして今日は叔母、ひとりでただ今ロンドン探索中。
昨日私に付いてきてもらって自信がついたからひとりで大丈夫よとのこと。
今晩は近所に最近オープンしたGastropub ガストロ・パブ(普通のパブより
コンテンポラリーな雰囲気でお料理に力を入れているパブのことを
そう呼ぶそうです)で食事する予定。
行った事ないレストランに客人を連れて行くのは勇気が要りますが
ええい!ちょっとギャンブル。
料理にうるさい彼女の気に入るどうか・・。 

追記:ガストロ・パブでメニューにあったタイ・カレーをオーダーすることにした叔母。
え、それならとクリスタル・パレスに美味しいタイ・レストランがある話をしたらとっても乗り気だったので
急遽予定変更。クリスタル・パレスのTamnag Thaiに行ってきました。
カメラ忘れたので残念ながら写真はなしです。ゴメンナサイ。
ココは何回か行っていつも美味しかったし定評のあるレストランだったので安心して行きました。
タイ・グリーン・カレー、美味でした♪
叔母にも大好評だったのでよかったよかった。

Tamnag Thai HP
http://www.tamnagthai.com/
コメント
この記事へのコメント
ロンドンに行く前に
stipaさんのブログと出会っていたらな~
いろいろメモして出かけたのに(ー_ー)!!
残念です~

大英博物館と聞くと胸が痛む
私と友人二人は午前中から歩き回り
午後おそくにここにたどり着いたときは
くたくたで・・・
この写真のロビーを見回して円柱の中の図書館をみて
「これでいいか~」と
中を観ずに退散したのです
後からもうちょっと頑張れば良かったかな~と後悔しきりです
2006/04/21(金) 21:55:09 | URL | katasumi [ 編集]
ホントね・・
私も去年の旅行の前にstipaさんのブログと出合っていたらなあ、って思いますv-233
大英博物館ってちょっとわかりにくいところにありませんか?
地下鉄から地上に出て、大きい交差点で目印を探したけど(多分通りの名前を探した?)なくて、やっと見つけたら建物に小さく書いてあって!(笑)

叔母さま、いい思い出いっぱいできるといいですね!
( v^-゚)ぶぃ♪
タイ・グリーンカレー美味しいそう~♪
2006/04/22(土) 07:48:51 | URL | マチルダのママ [ 編集]
katasumiさん
そうだったんですか~。1日歩き回ったあとでは
博物館って気分じゃないですよね。
おめあてものもがないと広い館内途方にくれそうだし・・。
次回は、一日のスタートは大英博物館から?!ねっ(*^-^)b
2006/04/22(土) 21:25:22 | URL | stipa [ 編集]
マチルダのママさん
そうそう!今回もあれ~って。地図もっていってたので
調べて、何だ、この通りの後ろなんだ~って・・・。
地下鉄の駅出口には大英博物館へって出てるのにね。
肝心の交差点で出てなくて。ま、そういうところは英国的
だと思います(^o^;
叔母、ロンドン観光満喫して帰瑞西致しました~♪
タイ料理、日本でも人気でしょうか?
2006/04/22(土) 21:32:50 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。