日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瑞西生活回顧録(買い物編)
先週末スイスに里帰りしてた夫とスイスでの買い物の話になって
思い出したこと。
これ、あくまでも私のスイス・ドイツ語圏での印象なんだけど。
スイスでは買い物がしづらい・・。っていうかわずらわしい。
スーパーやレコード屋、本屋、大きめの洋服屋(H&Mとかのチェーン店など)
はその限りではないが大抵のお店に入ると店員に捕まる。
「いらしゃいませ。何をお探しですか?」ってな具合に。
ただちょっと見たいだけでも、ちょっと見たいだけです、とは言えないような
熱心さというか、入ったんだから何か買いたいんでしょ?みたいな(笑)
お客に対してそういう風に声をかけないと言うのは失礼に当たるんだって
夫が説明してくれたのだけど、はっきり言って私には逆効果。 

毎度毎度気まずさを感じながら「ただ見ているだけです(汗)」って言ってた。
ほっておいて~用があったらこっちから訊くよっ!という心の声と共に。
追い払った後もどうも店員の視線が気になってゆっくり見て回れなくて
退散とか。店員が店内をぶらぶらしている店はなるべく避けてた(笑)
ああいうアプローチは損してると思うんだけれど夫の言うように
スイス人にしたらそうすることが良心的なカスタマーサービスらしい。

スイスではカウンター越しの買い物も言葉の面でいちいち頼んで
渡してもらう式が厄介だしやっぱり煩わしかった。
例えば、コンタクトレンズ使用者の私にとって保存液などを買いに
眼鏡屋さんか薬局へ行っていたのだがコンタクトレンズ用品は
カウンターの後ろに全部あっていちいち、これください、あれくださいって
言わなくちゃいけなくて。
毎回毎回同じものを買うためにまるで暗記した台詞のように、
何々のどれどれをください、って言ってしまえば1分で終わることなんだけど
気が重かった・・カウンターよじ登って棚からぱっと自分で取りたく
なっちゃった(笑)

書きながら思い出した!
スーパーや大型の家庭用品店、電化製品店などの売り場入り口が
ゲートになっていて出口はレジだけ、というのはイギリスもそうだけど。

例えばスーパーで入り口を入ってお目当てのものが見つからずに
手ぶらで店を出る場合。
スイスのスーパーのチェックアウト(レジ)。レジとレジの間は
えっらく狭い通路でお客がいると後ろを通り抜けようにも困難。
それにだまって後ろを通り抜けようなんてこと、しちゃあいけないのだ。
因みに閉まっているレジは通路もゲートが閉まっているので
通りぬけ出来ない。
明らかに手ぶらでもさっさと出て行ってはいけないような雰囲気が
漂うレジ周辺。
レジ係に「Ech ha nut gfunde!」何も見つかりませんでした、って
申し訳なさそうに言わないとアウト~!
↑はスイスドイツ語。そのほうがレジのひとにも受けがいいかなと
思って使ってた。読み方は、イ ハ ニュッ クフンデ!

何度か長い列のお客の後ろを何も言わずに通り抜けようとしたり
手ぶらで空いているレジから出ようとするときレジ係に
あなた、何も持ってないでしょうね?って訊かれたこともあったし
何も見つからなかった、と言っても言わなくてもじろっと睨まれたりする
可能性大。
カスタマーサービス窓口などの横に出口ゲートが設けられているような店も
係りの人に何故店を出たいのか説明して(苦笑)ゲートを開けてもらわないと
いけなかった。

比べて日本のスーパーはゲートもないし開放的なのには行くたびに
びっくりする。保安員がちゃんといて万引き対策万全、なのかな?
コメント
この記事へのコメント
ほぉ~~~
ほぉ~~~!万引き防止の為かぁ。。。そりゃ厳重だなぁ。。いちいち声をかけるのって、ちょっとしたストレスになりそーだなぁ~。特に、まだドイツ語とか話せないような、留学生とかさ..(苦笑)私なんて、今だに出口に設置しているゲート(万引き防止のあるじゃん?日本にも)、あのゲートとかを通る時に なにげに息を止めてしまう自分が情けない。。。。
2006/06/17(土) 09:09:13 | URL | KEIKO. [ 編集]
KEIKO.さん
厳重・・っていえばそうですね。
何も買わないで出て行くのが気が引けました(^^;)
ストレス、そうねぇ、レジのおばさんにじろっと睨まれるのは
気持ちいいもんじゃないよ~。
日本にもゲート!それってセンサーみたいなもののこと?
間違いで鳴ること、よくあるよね。何にも盗っちゃいないのに(笑)
2006/06/17(土) 20:15:09 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。