日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IRIS
知らなかった、すごーい、HomeOffice!
数年前の近未来SF映画、MinorityReportに出てきたようなのとは
違うけど、眼球の虹彩(こうさい、iris)画像をIDとして使う
その名も「IRIS(アイリス)」という入国審査システムが
日本から帰るとき使うロンドン・ヒースロー空港第3ターミナルで
5月末から導入されたそうだ。 
テスト導入も含めて他のターミナルなどではかなり前から使われて
いたらしい。繰り返すけど、全然知らなかった。

毎回恐ろしいほどの長蛇の列なことが多いヒースロー空港の入国審査。
夫はスイス人なのでスイスとEEA(欧州経済地域)の協定のお陰で
英国人も含めたEEA&スイス人のゲートに並べるから
さっさと出てゆけるのが羨ましい。
成田では入国時に逆の立場で夫がながながと並ぶ方だけど。
過去、日本からの長旅の後でさあ、着いた、早く家に帰りたいよ~
と思って急いで飛行機から降りた後、夫と私は並ぶところが違うので
「そんじゃ、行くから、後で会おうね!」
と走るようにしてイミグレーションへ。
少しでも並ぶ列の前に行けるようにというための
ささやかなダッシュなのだけど、もうすでにくねくねの長い長い列で
だだっぴろい部屋の中が満杯でがっくり来たこと何度あったことか。

眠いし疲れているし横入りする奴がいないか
気を配ってないといけないし(笑)
毎度の事だけど旅の締めくくりとしてはいただけない。
折角延々と並んでも配偶者ビザがあるので
入国審査官に聞かれることといえば「旦那さんはドイツ人?」
などという引っ掛け?とも取れる質問ひとつふたつで
はいどうぞーなので審査自体は超短時間で終わるのに。
待ち時間短縮を図るためか、滞在ビザ所有者用の列もあって
前回帰ってきたときに並んでみたけどちっとも早くなかった。

前置き長かったけど、さてこのIRISシステム。
英国人はもちろんのことEU加盟国民やスイス国民、
長期滞在が許可されている外国人も登録可能。
というか外国人滞在者の入国審査簡略化を図るため
というのが主な目的らしい。
やった!!次ぎ旅行するときはぜったいに登録しようっと。
登録も無料だし簡単で5~10分位で終わるって。本当か?
ヒースローから飛び立つ前に離陸ラウンジの一角にある
IRIS登録窓口に行って虹彩の画像(だと思う)を撮って手続き。
レーザーその他の光線は一切使わないところも映画とは違うみたい
(って観た人じゃないとわからないのにしつこくて失礼)。
あくまでも虹彩のビデオ画像データを元にするので
撮影時もちろん痛くも痒くもないし健康にも全く影響ないそうだ。
虹彩画像はその場でイミグレ情報と一緒にデータベース行きとなる。

専用バリアーを通るときにカメラを見ないといけないそうなんだけど
登録時に通り方の練習もさせてくれるらしい(笑)
虹彩データが登録された後ももちろんパスポートは入国には必要だが
お帰りの際は、専用カメラ付きの自動改札みたいな無人バリアーを
カメラとにらめっこしてから通過するだけ。するだけ??
ほんとにそれだけでいいのか、実際通ってみるまでは信じられない。

機械故障などの際には普通の窓口に行っていただきます、とのこと。
ま、それはそうだろう。ああ、でも・・
交通機関などで新しい機械が導入されてもすぐ故障したりが多い国だから
このIRISバリアーも万年Out of orderだったりしないと良いんだけど。
それとあと、そのうちバリアーに人気が出て長蛇の列になったら、とか
ひょっとしてもうすでにそうだったり?!
まあ、とにかく、今のところは朗報、としておく♪

ホームオフィスのIRISサイト
http://www.iris.gov.uk/


追記:その後日本に休暇で行くことになり出発前のヒースロー空港で
IRIS登録を試みましたが、年間少なくとも6回は外国に旅行している
人(ビジネスマンとかかなぁ)以外はデータを取っても使われずに
無駄になるという理由で登録出来ませんでした!ちょっとがっかりです。
旅行回数、ウソついても入国スタンプがないとばれるだろうし・・。
現状では諦めるしかないみたいです(ーー;)
SF映画みたいにチャッチャッとゲート通過したかったのに(苦笑)
コメント
この記事へのコメント
へぇ~
同じヨーロッパでもやっぱりイギリスは進んでるねー。
これが完璧に使えれば楽になるねーーー。
ロンドンに行くたびに入国審査にうんざりするけど、
ミュンヘンからの便だとEU圏内の人が利用してる事が多いから
いつもそんなに混んでなくてラッキー。
どこも入国審査って
そのターミナルの人ぜーんぶが来るから混むと思うんだよねー
ミュンヘンは最近入国審査がすこし分散されて全部じゃないけどフライトごとになった感じであんまり並ぶ時間が長くなくなった気がするよ。
2006/07/04(火) 03:35:19 | URL | kleeblaetter [ 編集]
kleeちゃん
いやいや、イギリスはおくれてると思ってたから
びっくりしたんだ♪
電車の自動改札並みの速さとはいかないだろうけど
ほんと、ちゃんと動いてればかなりスピードアップされるよね。
EU圏内からだとターミナルもその他の外国からのと
違うから混まないのかなぁ?
ドイツのほうが何事においてもきびきびしている印象だから
入国審査もぱっぱっとしてるだろうし、そうか、フライトごとに
分けてならいいよね~。
ヒースローターミナル3のあの長い列
(それもイギリス式に一列だし^^;)
少しは解消される日がくるのでしょうか?
2006/07/04(火) 04:27:04 | URL | stipa [ 編集]
うひゃぁ~~
すげぇ~~ホントにマイノリティーレポートだぁ(笑)すごいすごい!! だけどさぁ、例えばカラーコンタクトとか着用している人とかは、どーなるのかなぁ? もしかすると、こういうこともちゃんと考えられてるとは思うんだけど、眼球の元々の模様をやっぱり見るのかなぁ~? 今年からかな?日本でも銀行のキャッシュカードに 手のひらの動脈を読み取って本人確認をするシステムも出て来たよ。 まったくすごいねぇ~。 このシステムの評判は何か皆話してる?イギリス国内での評判はどうなのかなぁ~~?
2006/07/04(火) 19:47:42 | URL | KEIKO. [ 編集]
す、すごいね!
映画の世界が現実になってる。
しっかし、人間ってすごいよねぇ。
昔、映画で近未来の事を想像で描いてたものが、どんどん現実化してるよねぇ。携帯なんかもその一つかなぁ。
そのうち、車はタイヤがなくなっちゃって、宙を浮いて走る時代がくるよ!
2006/07/04(火) 20:15:35 | URL | sakura [ 編集]
KEIKO.さん
眼鏡着用者は撮影時にもちろん外してしなきゃいけないけど
コンタクトレンズはそのままで良いんだってさ~。カラーコンタクトねぇ。
その辺は書いてなかったけど多分KEIKO.さんの言ってるとおりで
虹彩の微妙な模様とかを指紋のように判別するのかもね。
評判だけど、ニュースでも見たことないし
検索しても殆ど引っかからないしどうなんだろ?
登録して使っている人がまだあまりいないのかな。

手のひらの動脈で判別するの?!どうやってするのか、すごいテクノロジーだ!
そのうち署名や日本の印鑑もなくなるときがくるのかなぁ。
2006/07/05(水) 03:30:44 | URL | stipa [ 編集]
sakuraちゃん
ね~すごいよね!
それもそういうハイテクなことが似合わない
イギリスで、ですもん。先端技術を駆使してっていうのは
日本の得意分野だもんね~。だから余計びっくりしたよ。
もう大昔から言われていて普及してないのはテレビ電話だね(笑)
PCの小型カメラはあるけど。
タイヤなしの車♪もちろん縦列駐車とか全部自動なやつね(*'ー'*)
2006/07/05(水) 03:42:06 | URL | stipa [ 編集]
へえ!
イングランドはハイテクですねえ!
ホントに映画の世界みたいだ~。

ヒスロー空港の入国審査のところ、私たまげた!
ホントに長蛇の列。
で、スタッフは、この人何人?って感じで。
頭にターバン巻いてたりして?
いつもなのかな?

そうそう、あの場所から、トイレに行くって大変なのね。
夫が並んでいる途中抜け出して行ったけど、教えてもらったトイレはかな~~り遠かったみたい。
私じゃ戻って来られなかったかも。(笑)
2006/07/05(水) 11:41:41 | URL | マチルダのママ [ 編集]
マチルダのママさん
長旅の末にやっとこさ到着したいわばイギリスの玄関
なのに、入国審査場(部屋って言う感じでもないか)
のさえないことったらないですよね。
殺風景な内装、くたびれたカーペット敷き、
どこから並んでいいものやらのくねくね列、ぶっきらぼうな案内係・・
審査官はみんなイギリス人なのでしょうけどほんとに
イギリスらしくいろいろな人種や服装ですね。
ターバン巻いてるのはシーク教徒のひと、だったのかな。
警察官で制服のターバンを帽子の代わりにしている人もいるし(笑)

トイレ♪並ぶことを想定して望むのであの場所で
行きたくならないようにしているから知らなかった(^^;)
その場にトイレがないのは何か理由でもあるんだろうか??
旦那さん迷子にならなくて良かった♪
2006/07/06(木) 06:51:21 | URL | stipa [ 編集]
ロンドンに比べると、パリのイミグレって、、、まったくのザルかも?!
滞在許可証の提示を求められたり、質問すらなにかされたことも記憶にない、、です。

↓Wカップのイギリス、ドラマがありましたよね。
 次の試合、ポルトガル対フランス戦でずーーーと試合が終わるまで、クリスチャン・ロナウドがボールを持つたびにブーイングが場内から沸き起こってたのが印象的でした。。。彼はもうイギリスには怖くて入国できないかな??!!
2006/07/07(金) 01:06:28 | URL | ルビパパ [ 編集]
早速導入されるんですか!話には聞いていましたが、登録するのが楽しみです(笑)。

ヒースローのイミグレで「その他外国人」の列に並ぶ気持ち、すごくよくわかります。でも、VISAを持っている人専用の窓口ができたおかげで、ずいぶん簡単に通れるようになりました。ありがたいです。
2006/07/07(金) 05:04:11 | URL | Meg [ 編集]
ルビパパさん
すごい、それはまさにザル(笑)
空港でそんな調子なんですか。離陸地で一応パスポート
検査とかあるから、大丈夫、ってことなのでしょうか。
スイスもそうでした。パスポート開きもしない(^^;)
それに比べたらイギリスはやはり島国、ですね。

フランスvsポルトガル戦、胸のすく思いだったイングランド人も
多いのではないでしょうか。
ロナウドへのブーイング、私もちょっと意外でしたが
フランス人も英国の肩もつこともあるんですね(笑)

2006/07/07(金) 06:10:51 | URL | stipa [ 編集]
Megさん
このシステム、登録しなきゃ損!って感じですよね♪
ネットでちょっと調べたんですが載っているサイトがあまりないことに
驚きました!で、それぞれに導入時期まちまちなこと書いてあって
さらに???でした~。あまりうまくいってないのかしら・・(^-^;)
ビザ所有者用に並んだときそんなに違いは判らなかったんですよ~。
運悪くインドかどっかから来た夫婦らしき二人連れ
審査官に「この書類だけじゃだめですよ」みたいなこと言われて
男のほうが憤慨してひともめしたりして
二つしか窓口が開いてなくて・・・が~っ!ってな具合でしたぁ(T-T)
2006/07/07(金) 06:30:57 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。