日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
差別?
スペインのマラガからイギリスはマンチェスターに飛ぶはずの
飛行機の乗客らが同乗していた二人のアラブ系男性旅客が離陸前に
不審な行動をしていたとしてテロリストではないかと疑いを持ち
彼らが降りない限り離陸は拒否、と言う行動にでたため
出発が3時間も遅れて、結局二人のアラブ系男性たちは飛行機から
降ろされてしまった、という事件があったと今日ニュースで見た。
差別だ、ひどい話だ、というのはアラブ系国民の反応だろう。
もっともだ。
不審な行動というのも、アラビア語で話していたり、腕時計を
頻繁に見ていた、そんな程度のものだったらしい。
もっともだ。見た目でそこまで判断するなんて、いけないよな。
でも。
でも、私がその場にいたら。
もし私が乗客の一人だったら。
やっぱり心配になって彼らとは一緒に旅行できないって思っただろう。
正直な話。

去年の7・7同時テロや私が日本から帰る直前にあったテロ未遂。
残された爪痕はそう簡単になくなるものではない。というかどんどん深く
大きくなっているようにも思える。
今回成田から英国系の航空会社で帰ってきたのだが同乗する人達を
無意識に見回して、怪しげなひとはいないか見てしまっていた。
幸い、といっては大変失礼だけれど昨今のテロリストのように見える人は
ひとりも見当たらなかった。
アメリカ行きではないからって標的にされる可能性はないことはないではないか。
成田という警戒されてないルートから・・とか余計なことを考えてしまったり。
これでもし何かあったら、それは私の運命なんだから仕方ないや、なんてことも思った。
だから、ヒースローに無事着いたときはとてつもなくほっとしたのだ。

私の日常生活の中でも通勤で使うバス。7・7以降。
「アラブ系男性」でしかも「リュックを背中に背負って」乗ってくるひとたち。
結構見かけるんだこれが。そのたびに心臓がキュンと引き締まった気がする。
まさか、まさかねぇ。こんなマイナーなバス路線でロンドン中心部にも
行かないから大丈夫、よねぇ?なんて不安は毎回よぎる。
どうしてアラブ系ってわかってながらわざわざリュックなんて持ってるんだ、なんて
その人の無意識をとがめたりして私も相当差別してるってことかな。
彼らにしたらいつもまわりからジロジロ見られて不愉快だろうし
迷惑きわまりないのに。

これは人種差別なのか。
胸を張ってそうだ、とは言えない自分が居る。
ロンドンに住んでいる以上、テロリストといつどこで隣り合わせになるか
わからないから警戒しているだけ、そうせざるを得ない、とも言えなくない。
失礼承知でこれからも続けていくだろう、偏見の眼差し。
肯定したくないが、かといって否定もきっぱりと出来ない。

もう後戻りは出来ないのかな。
コメント
この記事へのコメント
う~ん、とっても難しい問題だよね。
これまで、何事もなければ疑いの目もむけないのに。
たまたま同じ人種の人が、過ちを犯したがばっかりに、善人の同じ人種の人が疑われてしまう。。。
もし、これが日本人の仕業だったら・・・。
逆の立場になるんだよね。
私も、これはなんとコメントしていいのかわからないよ。
世界平和を祈るのみです・・・。
2006/08/21(月) 22:47:38 | URL | sakura [ 編集]
よっぽど無関心か仏の様な心を持つ人以外
こんなに世の中いろいろ起こって、
どうしてもアラブ系の人を
少なからず差別、偏見の目で見てしまうのは
正直な所残念だし、するべきじゃないんだけど
人間として仕方ない事だと私は思います。
そしてこんな事思ってしまう自分が嫌だけど
これがアジア系じゃなくて本当に良かったと思ってしまいます。
空港で働いてると、もし何か起こったら??と
考えて不安が無いわけじゃないけど
でもStipaさんの言う通り運命だよね。
もちろん生きていると運命だと割り切れないことばかりだけど。
自分の考えを上手く言えないけど
こんな世の中になってしまったのがとにかく
信じられないし、許せないです。
こんな私でも世界平和の為に何か出来ることあるのかなー・・・。







2006/08/22(火) 01:01:14 | URL | kleeblaetter [ 編集]
実際にテロは計画されていた訳だし、今はどうしても懐疑心が強くなってしまうよね。
ましてやその民族の人は同一視されるよね、どうしても。

他にも、色々事件があるでしょ。
母親が子供を殺す、とか、同じ立場の母親が他人の子を、とか。
外に出ると、みな悪い人に見えてしまうかもしれない。
平和って、奇跡の連続なのかしら、なんて思ったり。
2006/08/22(火) 15:35:39 | URL | マチルダのママ [ 編集]
sakuraちゃん

私も、これがもし日本人の仕業だったら・・って何度となく
思ったよ。アラビア語を話す、見た目がそんな感じってだけで
悪者扱いは完璧に差別だとは思うんだけど、舞台がどこかによっては微妙な気持ち。
恐ろしい事件が起き過ぎてるんだよね。
2006/08/22(火) 23:13:00 | URL | stipa [ 編集]
klee♪

そうか、仕事場で直面してるから大変なこともあるだろうなぁ。
何かこの人変・・って思っても失礼がないようにしなくてはいけないだろうし。

いけないって思ってもやっぱり怖いしひどい目には遭いたくないから・・
理想と現実の間のグレーな部分が自分の中にあるのをとても意識しました。
極一部分以下の悪人のせいで・・ほんとに残念なことだよね。
何とか少しでも良い方向に向かっていくには、どうしたらいいんだろうね。
大玉を捕まえない限り、悪くなる一方なのかな・・



2006/08/22(火) 23:33:26 | URL | stipa [ 編集]
マチルダのママさん

一昔前までなら映画の中のような話が実際に起こってその次まで
着々と計画されていた訳ですから・・
自分たちの思想を全うする為なら何人犠牲にしても構わないという
集団に属する人間がひょっとして家の近所にも潜んでいるのではと思うと
背筋が寒いどころの話ではないです・・

日本も非常に暗い事件ばかりですものね、ここのところ・・。
平和は奇跡の連続・・確かにそう取れなくもないなぁ。
そんな現実になってしまったのでしょうか。
錯覚であることを願いたいです!
2006/08/22(火) 23:44:17 | URL | stipa [ 編集]
本当に人間てどこにむかっているんだろう
テロを企てている人たちだって
家族がいるんだろうに
そんな幸せより思想とかの方が大切なんだね

マチルダのママさんが
外に出ると悪い人が
って書いてたけど
今は家の中にも悪い人が・・・
一番信じたい人に裏切られるって
そんな悲しいことないよね

世界情勢を考えると
生まれてから戦争を体験したことがない私達って
なんて運がいいんだろうと思える

目の前の人を愛するように
同じ地域の人々を大切に思い
世界の人々を思いやることが出来ればいいのに・・・・






2006/08/23(水) 21:27:41 | URL | katasumi [ 編集]
katasumiさん

テロに関わる人ってまだ若い人が多いですよね。
今がつまらなくて、毎日その日暮し、将来の夢も
やりたいこともない、という退屈した青年たちが
テロ思想家にとっては格好の餌食になっている
としたら怖いです。
人生経験ない彼らに人生がつまらないのは
○○のせいだって叩き込んだら簡単に
信じ込んでしまうかも。
幸せな人はテロリストにはならないですから。
そういう洗脳プログラムが出来ているとしか思えない!
そんな予備軍が他にもロンドンに、ひょっとして
家の近所に潜んでいるかと思うと・・
次はいつか・・そんな感じですから。
終わりは、ないのでしょうかねぇ・・

2006/08/23(水) 23:00:35 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。