日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の今頃。
採用は決定していたものの仕事先からいつスタート、の連絡が来るのを
ひたすら待っていた。
今から思えばそんなに気をもむこともなかったような気がするが。
でも半年近く(!)も待たされたしあんまりいい経験だったとはいえない。
当時は信じられなかったが、あの遅れは本当にCRBチェックが警察から
返ってくるのが遅れたから、ということだったようだ。
採用の担当からも何度も謝られた。
どうしてあんなに遅れたのかといえば雇用先の手続きの不手際もあったが
警察側の言い訳は7・7テロ。ココでもそこに行き着く。
なんでも、人員総動員して捜査に当たったため、らしい。
そういえばCRBチェックにかかる費用の請求が来てないけど
あれだけ待たされたから団体の方で負担してくれることになったのだろうか。
誰かに聞いてみようかとも思ったがとたんに請求がくるかも知れないし
黙っていようっと(笑)

面接を受けるまで夫には殆どなにも教えてなかったんだっけ。
ソーシャルワーカーの夫、私が福祉関係で働いてみようかなって
言った時点でいろいろアドバイスしたがって、それが何だか鬱陶しくて(苦笑)
こうしたほうがいい、応募書類にはこう書いたほうがいい・・私の為を思って
エンドレスにくるであろう助言がかえって、私にはこんな仕事出来そうもないって
思ってしまうというかプレッシャーだったのかも。
ヒネクレテル部分が私にはある。
ずっと無職でいて迷惑かけて悪かったけど、私の判断で私だけの力で
仕事探ししてみたかったのだ。そのことは夫にはきっぱりと言った。
いろいろ助けてくれることが負担なの。悪いけど今は何も訊かないで。
ちゃんと探すから邪魔、いやいや、そっとしておいてねって(笑)
最初に応募したところ(現在の雇用先)で決まってしまったので
期間的には長くなかったが、一応サポートワーカーの仕事を探す、ということ
以外なにも知らされずにじっと私からの報告を待ってくれた夫。感謝している。
面接に行くことが決まっても夫が知っていたのは隣の区に本拠を置く団体で
サポートワーカーの仕事、フルタイム。それだけだった!
普通こういう仕事はどんな団体でクライアントはどういうグループで、とか
そのほかもちろん仕事の内容も重要なポイントなんだけど
それはぜんぶ伏せたまま。
秘密に出来ないB型の割にはよく黙りとおしたものだ、と思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。