日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再びゴミの話
先日の東京滞在で素晴らしいと思ったこと。
それは、ゴミの分別!
捨てるときに分けるということ。
ちと面倒だったのと同時に新鮮でした。
これは・・燃えるから、こっち!
これは・・プラスチックかなぁ?・・うーんと多分燃えると思うけど
イヤな煙が出そうだしぃ、ま、こっちかな・・
なんてふうに、いちいち捨てようと思ったものを手に持って(笑)
公共の場にあるゴミ箱も種類別にいろいろ分かれていて素敵ですね~。
日本もずいぶん変わりましたね。

それに比べてイギリスは・・・
分別ゴミというシステムはありません。
何でもかんでも一緒に捨てて楽だけど罪悪感。
焼却処分よりも埋め立て処分が圧倒的に多いようです。
どこか辺鄙なところに穴を掘って、何でも捨てちゃうという、ああ時代遅れ。
私の住んでいる区、一応リサイクルはあります。
数は少ないけど地域ゴミ回収所や大き目のスーパーの駐車場の
一角にあるリサイクルポイントはペットボトル、乾電池用などの
リサイクルコンテナがあります。服や靴用のコンテナもあることはある。
問題は、ゴミ収集と共に行われる家庭ゴミのリサイクル。
ビン、缶は大抵OKだけれど紙は新聞紙や手紙やその他の白い紙だけ
良くって茶封筒はダメ、厚紙もダメ。食品のパッケージなどの紙もダメ。
プラスチックは今のところ上記のようなリサイクルポイントに持っていかないとダメ。
仕事先は隣の区ですがそこは紙もプラスチックもほとんど回収してくれます。
しかし、ちゃんとリサイクルできるものはしているのかどうか??
リサイクルとは名ばかりでみんな埋め立てゴミになっている可能性も
無きにしも非ず。
なにせゴミ処理問題に関してはヨーロッパで一番遅れているらしい
イギリスだし、いい加減なところがあるからいまいち信用ならない。

ゴミ用のコンテナWheelie Binウィーリー・ビン。
かなり前にうちの区でも導入が決定したと書いたのですが(過去の日記)
その後我が家のある通りにもやってきてしまいました。
うちの通りは丘の上にあるせいか、私たちの家がある側は反対側よりも
高くなっていて殆どの家の前庭にも段差があります。
そういう家にはコンテナ支給しないってことだったのにある日突然・・。
おかしなことに全ての家には配達されず。うちにも来ませんでした♪
殆ど同じつくりの隣家には配達されてた。何故?
段がひとつくらいの前庭の家には来なくて段が3つもある家に
しっかり配達されてたりで何を基準にしたのか謎は深まるばかり。
区の広報誌では事前にコンテナのサイズ申し込みの手続きを
してもらうってことだったのにそれもなかったし。
おまけに大変親切なことに、とびとびで配達したコンテナに
ゴミ回収曜日の変更案内を貼り付けるという始末。
そのせいでしばらくの間通りにはコンテナが支給されなかったため
変更を知らない住民が出した回収されないゴミがあふれていました。
いい加減すぎ~。だから信用ならない!

真っ黒いWheelie Binが通りの美観を損ねるのでは、
歩道を通るとき邪魔になるのではないかと心配でしたが
今のところ収集日前後以外は前庭になんとしてでもしまっておこうとする
良識ある住民が殆どなのでほっとしています。でも見えるけど(笑)
困るのは非常に早い収集時間。朝7時には来ています。
うちの通りから始業してるんだろうか。
Wheelie Binだったら前夜から出しておけるのに比べ、ゴミ袋のままでは
キツネや猫の被害にあう可能性大な為あまりしてません。
毎週水曜朝は収集車が目覚まし代わり(笑)
ゴミ出しは何故か夫の仕事なので車の音が聞こえると
起きて出してくれていますが今朝は断念した模様。
私はといえば今日は休みということで熟睡していた為
音も何も聞こえませんでした。
週1の収集なので来週までゴミをなるべく増やさないようにしないと・・


窓から見た通りの風景。お向かいのWheelie Binたちが見えるかな?
向かい側は段差がないので全戸配達された模様。
(クリックするとちょっと大きくなります)
クリックで拡大されます

コメント
この記事へのコメント
ゴミの話はとにかく?(なんて言ったらイケナイね)
画像を見て、あ~~生のロンドンだー!♪って思ってしまった私は、ミーハーかしらん。
(*^m^*)

埋め立てする場所って、日本もイギリスも限りがあるよねえ、小さい国なんだもんね。
リサイクルが徹底されている国ってどこだろう?
2006/08/23(水) 22:47:21 | URL | マチルダのママ [ 編集]
マチルダのママさん

生のロンドン、ね(笑)って家の前ですけど( ̄m ̄〃)
埋め立てって場所がないのもそうだけど
有害物質が地質に流れ出て環境汚染になるそうで
それって、困る!
リサイクルが徹底されている国は、ドイツやスイス、なんていかがでしょ。
あ、今度スイスに住んでいたときどんな感じだったか
書きます♪
2006/08/23(水) 23:18:18 | URL | stipa [ 編集]
ホント。ロンドンに遊びに行くたびに
ゴミを分別しないのに驚くよ。
でもパリもそうだったような。
スペインとかはどうなのかな。
その点ゲルマン系はやっぱり徹底してるね。
2006/08/24(木) 05:47:38 | URL | kleeblaetter [ 編集]
klee♪

うーん、スイスとドイツ以外は私もわからないな。
フランスやスペインもどっちかといえば無頓着そう(^^;)
ゲルマン系の徹底ぶり、DNAにひそんでいる違いなのかしらん?
ほんと、真面目で几帳面、だよねぇ。
2006/08/25(金) 00:17:53 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。