日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お局その後(続き)
「彼女、もうこっちに向かってるって。相当機嫌悪いだろうし
みんなに辛く当たるだろうけど無視してねって大マネ言ってたよ・・」

無視ねぇ。トランスファーが揺るがない事実なら彼女が移るまで
もうあと何週間ってことで、その間どんな仕打ちを受けようが(笑)
我慢できるけど・・なんて考えていたらAさん
「大マネが僕にちょっと用があるらしいから速攻で事務所まで
行って来る。またすぐ帰ってくるけど。
あ、そうだ、Jをキッチンに連れて来るよ、お局が来たらまた
ウルサイから・・」
と言ってラウンジに行った。

ちょっと説明すると、Jさんはごく短距離なら歩けるが外には殆ど
出掛けない。自らの意思で移動することも好きな訳ではないのだが
キッチンは食べ物が貰える場所として彼の頭にインプット
されているので何かにつけキッチンに入ってこようとする。
下手すると一日中キッチンで過ごしてしまうのは良くないということで
食事の時以外はキッチンから出てもらうようにプランが決まっているにも
かかわらず、お局はJさんがひとりでラウンジに座っているのは
好ましくないとか何とか理由をつけてキッチンに連れて来てしまうのだ。
Jさんにとって一人で過ごす時間を持つことも大事だと思うのに
彼女はいつもJ、J、J・・彼をほっておくことが出来ないみたい。
スタッフが誰か一緒にラウンジにいるときでも何だかんだブツブツ
言いながらJさんの手を取ってキッチンに連れて行ってしまったり。
(このブツブツ独り言は、気味悪い・・)

Aさんが居るときはさらにオーバーに「Jを一人っきりにするのは
良くないのに、あなたいったいどういうつもり?・・」と食って掛かるので
それを恐れた彼、はっとお局のいる現実に引き戻されて反射的に
Jさんを連れてこようとしている。
お局がいなかったら、そんなことはしないのに、彼女の反応を恐れて・・
それってトラウマかパニックみたいなものともいえる。
お局は職場でのモラルハラスメント加害者といってもいいと思う。
色々言われたくないのは私もそうだけどそうだからといって
サービスユーザーさんにプラスなこともお局の顔色を伺って
ひっくり返して・・なんて、してはいけないのだ!!

Aさんのオドオドした様子を見て、覚悟決めたというか決意を新たに。
負けちゃだめ。
折角異動が決まったんだし、残りの期間も今まで通りで行こう、
負けちゃだめだって・・。

そこでAさんに、そんなことしなくてもいい、私は彼女が何といおうが
気にしないからときっぱり言ったらAさんも、それはわかっているんだけどねって。
お局に何か言われるから、って気を使うなんてことしなくてもいい、無駄なことって
わかってはいるが、やはりAさんも人間、嫌な思いはしたくないのだろう。
私だってそれからの時間、お昼時になりユーザーさんたちの昼食を準備しながら
今もしお局が来たら、私が準備しているメニューにいちゃもんつけるだろうか、
量が少ない、Jが可哀相って嫌味言われるだろうか、とか色々と頭を過ぎってた。

さて昼食の用意が完了し、テーブルをセットしてユーザーさんたちに
配膳し終ったそのとき、ドアベルが鳴った。
復帰して最初の週な為、9時から1時までのシフトだから
事務所を後にしてこっちに向かってるとは聞いたけど
もしかして来ないんじゃないかとは思ったが、来たのね。

・・・

ドアを開けた。
「Hi G! You're alright?はーい、G,元気?」と私。
「I'm alright, you know.」 元気よ~。と彼女。
それを聞いて、あ、全然オーライじゃないんじゃないってわかった。
彼女がそういう風に答えて後が続かないときはご機嫌よろしくない、のサイン。
ま、いいや、とりあえず。ユーザーさんたちに
「みんな!誰が来たと思う?」と言いながらめいっぱい明るくキッチンへ。
お局はふたりのユーザーさんに挨拶して着席。
「ずいぶん久しぶりだよね」という私の呼びかけに対して、無言。
電話をかけた後、プロジェクト連絡日誌を読み始めた。
こちらとしても普通な会話を持とうと一応試みたが反応がないし、それなら、と無言。
いきなり怒鳴り始めるようではなかったのでほっとしてユーザーさんの
食事の世話にあたり、後片付けをしていると
食費(自己負担一日60ペンス 約130円)の60ペンスを私に差し出して
お茶が飲みたいから、これ払うから、記録しておいてねって。

へ?今更何?何でいきなり、払う気になったの?
今までお局は病欠前の2ヶ月を除いて1ペンスだって食費を払ったことはない。
このプロジェクトに来てから7年は過ぎていると思われる。
滞納は大マネも見てみぬフリで散々私たちから文句を言われてようやく
それでも不本意なことに、スタッフ全員に食費は毎月ちゃんと払いましょう、
みたいな注意をした。払わなかった人は給料から差し引きますって脅しに
2か月分だけ涼しい顔して払った彼女。
うーん、ようするに、ここにはもうあと少ししかいないから毎日その都度
払っておこうという意思なのか何なのか。ちょっとわからない。
滞納しときながら買出しに行けばユーザーさんが食べられないような
骨付きの肉をどっさり買ったり、ジャンクフード買い込んだり、とにかく散財、無駄遣い。
それももうおしまい。やれやれだ。

その後、1時になって帰るまでお局に聞かれたことは、何時くらいから
ひとりで働いているの?ってことだけ。
ユーザーさんたちが彼女のいない間にどうだったか、みんなはどうしてたか、
そんな会話は皆無だった。これぞお局ってもんか。
期待してなかったけど、7週間ぶりに職場復帰しても全く同じ彼女。
異動のことで相当面白くなかったんだろうから無口なのはわかったし
私に当たっても意味ないって思ったのは評価するけど。
ま、私も色々聞いても仕方ないしご機嫌とるのも嫌だからほっておいた。
彼女が帰るときも私は2階にいたのだけど、私の名前を階下から呼んだので
あ、帰るのねって言おうと階段から下を見たらもうドアが閉まってた(苦笑)
彼女はいつもそう。挨拶もろくにしようとしない。

あ、行っちゃった・・。
Aさんが、僕が居ないほうが彼女も殺気立たないだろうから大丈夫だよって
言ってたけど、ほんと、そうだった。
その直後、Aさんが帰ってきて開口一番「How was she?彼女どうだった?」
えーと、別に・・と言いかけたら、再びドアベルが。
Aさんがドアを開けると何故かお局が立っていた。何か取りに戻ってきたらしい。
「Hi, G.」
「HI, A.」
うわ~気まずい。冷えびえした雰囲気。お局次第ではAさんも大人だから
も少し会話も成り立つんだけど。
そしてまた
「Bye, G.」
「Bye, A.」
・・・

一緒に仕事をした人の殆どから心底嫌われるという特技を持つ彼女。
復帰したその次の日から二日また病欠したり、昨夜も私は宿直だったんだけど
何と午後11時40分に電話が鳴ってためらいつつ出たらお局で
ちょっと気分が良くないので明日(日曜)は休むって。
ずる休みなのは見え見えなんだから、もっと早い時間に連絡してくれても
良かったのに。最後の最後までこの調子でいくのかな。
期待裏切らない~。
お別れ会なんて、する?って今日Tちゃんに半分冗談で聞いたら
まさか!・・でもGood riddance 良い厄介払いって意味で
お祝いしてもいいかもね~だって。

のれんに腕押し、と半分諦めつつもみんなで団結して頑張ってきたからこそ
お局異動ということになったのだと思う。
私たちが何も言わずに我慢して耐えていたら、トランスファーが時期的に
そうだったとはいえ大マネだっていつまでもほっておいただろう。
本当のところ、どうして異動になったのか? 誰のせい?これからどうしよう・・
お局いろいろ考えているかなぁ。少しは反省も・・まあ無理か。
事務所では地団駄踏んで怒ってそんなひどい!いっそのこと辞める!とか
異動は全く意外だったらしく、相当騒いでいたらしい。
ぐふふ(いい気味~っ!)。
コメント
この記事へのコメント
続き~!読んだどぉぉぉ~~~~!
会社からケータイで(夜勤だった)チェックしたら、お局ネタ!休憩時間ギリギリまで読んで、うーん、続きが気になるぅ~~~!
そして、よまさせて頂きました♪
なんだかstipaってば、文才あるね~!
日本語、すごく上手よー。確か、日本語忘れないように。。。みたいな理由もあってblogはじめたのではなかったっけ?
目的ちゃんと果たしてますね♪
で、お局、いくら地団太踏んでももう移動は移動でしょ~♪反省してるのかどうか?でもそんなコトすらもうカンケー無いもんね~ん♪♪
あ、お局その後のコメントをちらっと見てきたけど、お局って、三十代後半?!
なんだかイメージ的にもう50近いのかと思ってた。爆。
2006/10/02(月) 22:49:05 | URL | miki [ 編集]
ついに?
お局様とおさらばかな~。
p(*^-^*)q
私も彼女の年、もっとイッテると思ってたわ~。
びっくり。
意外と若いのねえ!v-12
2006/10/03(火) 22:50:50 | URL | matilda [ 編集]
mikiちゃん
え、携帯でも読めてるのか、コレ(笑)
(*'ー'*)褒めてくれて嬉しいよう♪
いやいやとんでもない、まとまりない拙いエピソードばかりで
お恥ずかしい・・
確かにブログのお陰で文章は前よりか
すらすら出るようにはなったけど
会話は相変わらずだよ(ノ_∂、)グスン

50近いかと思った?そこまで年令いってて
あんなんじゃ悲しすぎるじゃない?
そんなに年いってないのは不幸中の幸い、かも(-o-;
多分いってるとしても42,3では?
お別れ記念に直接きいてみて怒らせてあげようかしら(爆)
2006/10/04(水) 04:28:49 | URL | stipa [ 編集]
matildaしゃん
そーなんですよー♪
ついに!みたいです(*⌒∇⌒*)
夢に・・までは見なかったけど現実になろうとしているようです。
まだ信じられません。彼女の私物がスタッフルームとかに結構ありまして(▼▼)
それが全部無くなって勤務表から名前が消え去るまで安堵出来ません(苦笑)
意外と若い・・mikiちゃんにも書いたのですが
いってても、40台前半だと思います。黒人の人は老けてみえても
私より年下、とか多いので、年齢を推測するのはとっても難しい~!
2006/10/04(水) 04:42:36 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。