日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引越し連鎖
先週金曜日。
下の階の隣人VさんとN君親子、終に引越ししてしまった。
当日、階下ではVさんの引越しに続き、なんと新しい住人が即入居、という運び。
話聞いて、うそーと思ったけど本当の話。 
引越ししたらきちっと掃除をして引渡し、なんて律儀な世界とは程遠かったみたい。
スイスだったら信じられない話だけど。日本でも絶対そんなことしないでしょう?
やっぱりイギリス、いい加減・・だわ。
今のフラットに越して来た時その掃除の行き届いてなさに唖然としたものだったけど
賃貸はともかく売買の成立したフラットや家、いついつに契約成立して鍵の引渡しは
いつで引越しはいつ、って決まって、出る側としては引越ししてしまえば
もうこっちのもの、という見方もあるのかも。
もちろん契約のときに、出るときは物件をかくかくしかじかで清潔かつ最善の状態で
引き渡すこととするみたいな誓約も含まれている(はずだ)から
あんまりひどい状態は駄目だけど掃除ちょっと手を抜いて出てしまっても
あとの祭りで何も言われないっていうか、それがスタンダードなのか。
Vさんのような真面目な人だったらちゃんと綺麗に掃除するとは思うけど。

Vさん引越し当日に話を戻す。
彼女たちが荷物を運び出すのと殆ど同時に新住人たちが到着して荷物を運び込んでいた!
しかし置く場所は前もって空にしてあった一室に限られていたみたいだけど。
そんなふうに同時に引越しする利点、意味、意義、何でもいいけど、あるのだろうか?
もう見ているだけでこっちが疲れた。鍵を引き渡したからなんだろうか?わからないー。
とにかくそれでも出来るだけすぐに次の人に明け渡せるよう
てきぱきと引越しするつもりだったVさん。
しかし、新居引渡し時刻にVさんのニューホームに着いてみると、
まだ前住人の荷物が半分パッキングされた状態で部屋中に置かれたまま
になっていて荷物が運び込めない状態だったとか。
仕方なくVさんたちが相手の荷物をガレージにどかして自分の荷物を
運び込む羽目になり前住人とひともめした、部屋の掃除も何もされてない
ようだったしこれは契約違反だから週明けにでも弁護士に連絡するつもりだ・・
という話を夜になってから残った荷物を取りに来た彼女から聞いてあきれてしまった。
Vさんの引越し先も当日が引越し。
でもって荷物がまだ動かせていないって??
と言うことは、つまりその人たちの引越し先もまだ引き払ってなくて、
で、そのまた先も・・?!?!
この引越しchain(連鎖)、階下フラットからめぐり廻って一体何軒の家で繰り広げられたのか・・
全ての家で引越しが終了したのは一体夜(or)朝何時だったのだろう?

さて気になる(のは私だけ、か)新ネイバー。
ちらっと会っただけだけど見た目、ごく普通のひとたちっぽくてほっとした(苦笑)。
若いカップル。若さゆえ、ドアの開け閉めに若干難あり、夜も遅くまで寝室でTV見たり
話声がデカかったり。
スコットランドのひとたちで訛りがすごくて話し声が大きめに聞こえてくると
何を言っているのか全然解らない為、よせばいいのに一体何を言っているんだろう?って
盗み聞きヒアリングしたりするから、またいけない。
私が話しかけられてるんじゃないのに、もうっ。
日本のアパート、マンションの防音レベルはさっぱりわからないが
こちらイギリスの古い家から改築したようなフラットは
兎に角、同じ建物内のフラット同士、音はほとんど筒抜け状態。
引越し直後の為、音でも荷物や家具動かしたり何だり、そういう音は
仕方ないからそうでもなかったが、その他の生活音、話し声、どんな「音」にせよ
Vさんたちが出す「音」と全然違うので慣れないってだけで、私と夫も
いちいち気になって最初の夜はよく眠れなかった。
その次の日宿直があったんだけど、あんなに宿直がうれしかったことは今までなかったな(^^;)
速攻で先週末かけて夫は少しでも防音になるようにと断熱材をごそっと買ってきて
唯一空のままだった寝室床下に即インストールした。彼としても必死だったみたい。
安眠を妨げられるのは意図的でなくても、堪える。
ここ数年はスイスから客人が来ても驚かれるほど非常に静かな環境で
暮らしてきたから余計だ。

私たちも早く家を見つけて・・って最中だから余計に、はやく引越ししたい!
という思いは募るばかり。
でもまだHouse Hunting には進展なし・・とほほ。
They are the best neighbours I’ve ever had!と言って
新ネイバーに私たちのことを紹介してくれたVさん。今までありがとう。
後追いしたいよ~。置いてかないで~。
コメント
この記事へのコメント
信じられないね~
引越しして、まだぬくもりが?あるうちに次の人が来るの~?
日本じゃありえない。(でも最近はどうかな?)
普通は、空き部屋になった時に業者が入って、補修したり掃除したりするよね。
しかし、その連鎖、どこまで続いたんだろうか?
そんなんじゃ、不安で引っ越すこともできないねえ!

体調は、如何?
一晩で治したところは、流石!
若いからかな~^^。
2006/11/03(金) 22:52:03 | URL | matilda [ 編集]
へ~
日本ではありえない話だねぇ。
前の人の荷物がそこにあるなんて!
私もどこまで連鎖が続いていたのか、気になるぅ~(^^)
2006/11/03(金) 23:26:57 | URL | sakura [ 編集]
matildaしゃん
お返事が遅くなりましてごめんなさ~い!

やっぱ、そうですよね、日本だったら新居は空っぽの状態で
出迎えてくれるものですよねぇ。
ぬくもりが残っているままで引越し、何か気持ち悪い・・。
同じ日にこぞって引越ししてどんなメリットがあるのか、わからないっす。
後にする側が余裕をもって引渡し日前に引越しできれば
理想的なんだけど。いや~見てるこっちが疲れちゃいました(^^;)

体調、その後は快調です!ありがとうございます♪
あれはいったいなんだったのか・・
治したっていうか、勝手に治っちゃったんですぅ・・
2006/11/07(火) 05:36:13 | URL | stipa [ 編集]
sakuraちゃん
返事が遅そくなってごめんね~っ!

さあ、引越しだ!って荷物運び入れようとしたら
\(+_・。)/ギョッ・・
焦るだろうなぁ。鉢合わせになるってこと自体
わたしとしては気まずいだろうなと思うけど
こっちの人は別に平気みたいだよ。
私の引越しの時はスムーズに行ってほしいな~っていつだぁ(>.<)
2006/11/07(火) 05:42:10 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。