日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家探し・4
そしてついに、見つけた家。
たまたま登録していた不動産屋から、まだ売り出される前で、リフォーム中なんだけどって
連絡があったのがはじまり。夫が見に行って気に入って私も絶対見に行くように
言われてコスモのことの直後だったのであまり気が乗らなかったのですが
見た結果とても気に入ってしまいました。日本式で言うと3LDK。
建てられた当時(1930年代)から女性がひとりで住んでいたのだけど
亡くなったので売りに出され現売主の個人Property developer (不動産開発業者)
に買い取られて・・といういきさつ。
売主の人も感じ良さそうだし狡賢いところもなさそうだし、融通ききそうだし、
交渉しやすそう。
何より内装状況も夫も満足するくらいしっかりと丁寧に行われていて良かったのと
全体的な雰囲気や庭の感じ(こちらの感覚で言えばまあそれなりの大きさ)も
今まで見た物件と一味違ってとってもしっくりくる感じで・・これはもう、決めるしかないかって。
売り手の希望金額が予算よりかなり高めだったんだけどこんなに良い物件はめったにないし
早ばや諦めてすぐ売れてしまったりしたら後悔するだろうし、ってことで
結局金額的には大冒険なオファーがようやく受理されて契約交渉に入りました。

売主氏、なるべく早く売りたいのでチェーンがない私たちに買って欲しいとも言ってた。
内装についてはきっぱりとI don’t cut corners!手抜きはしませんよって。
キッチンもバスルームも新品。私たちの趣味とはちょっと・・だけどまあ、新品だし
そのうちリフォームするならすればいいし、なにより壁や電気の配線等すべて新しいこと、
内装もニュートラルで手を加える必要がほとんどないということも
DIYには飽き飽きしている夫には魅力です。
購入金額が決まって売主氏と再度会った時に絨毯の話になり私たちとしては
絨毯でなくて木の床のままでも良かったのだけれど「どうせ入れるつもりだったし
どんなのがいいかカーペット量販店に行って見てきてください、ドアはどうします?・・」
と実に良心的。彼の希望でなるべく早くに出来れば12月の13日あたりに
契約成立させようということで私たち側もローン手続きとか保険のこととか
交渉のための弁護士委任など急いで手配しました。11月半ばだったかな。
その後とんとん拍子で話は進んでいきました。

嗚呼、それなのに・・。
え~何?一体なにがあったの?とお思いでしょう。とほほ。
ローン申し込みをすると銀行側でその物件に対して申し込み価格に相当する物件で
あるかどうか、建物や土地に問題はないか調査員を雇って査定をするのがお決まり。
費用はこちら負担です。
調査結果が戻ってきたのはおとといです。それによれば、物件の現状はまだ
リフォーム工事が完了していないため購入金額には値しない、と簡単に言えば
そんな結果。ということはローンがOK出ません!
売主氏、どうやらあれからろくに物件の内装には手をつけておらず、カーペットも
まだみたい。あれだけカーペットはどうします?とか聞いておいて、信じられないことに
不動産屋の担当によればカーペットを入れるのなら価格をもう少し上げたいとか
言ってるらしい。マジ?調査で今のままじゃ購入金額に値しない価値って
言われているのにだよ??
建築当時のままの状態で買ったからかなり安く手に入れてかなりの利益を
得ることになるはずなのに、いまさら、Don't cut corners, then! 

実は私たちはカーペットなんていらなかった。彼がせっかくだからっていうから・・。
Wiltonという種類のカーペットを入れようと思ってたって言ってたんだけど
Wiltonはみんな模様が入っていることがわかり、無地のカーペットが希望なので
言われて行った店でWilton種よりも値段が安いけど良質なものをわざわざ選んで
連絡したのに。何をケチっているのだっ。
一階は木の床のまま残してもらって夫が仕上げをする、二階だけ絨毯にしてもらう
ことにしたのに!一階に絨毯入れなくていい分、夫が庭の端の塀が壊れているので
それも直してもらえないかと直接頼んだとき冬だから時期的に良くないとか言って
渋っていたが、I'll see what I can do 何が出来るか、見てみますって
言ってたけど、果たして怪しいものです。
その他、売主氏がやるといっていた外壁や車庫のドアのペンキ塗りや内装の
仕上げもまだらしい。。
調査結果レポによるとリフォーム98パーセントは終了、とあるのです。
あとの2パーセントなのに、この突然の変化は一体?
13日に契約成立させてその後は優雅に米国に休暇、とか言ってました。
それはどうなったのでしょう?
こっちは売主氏に協力してあれやこれや急いで手配したのに。
不動産屋担当によれば、売る気は大ありなんだそうだけど。おい、本気か?と訊きたい。
私たちのオファー価格より高いオファーをする人が現れるのをひそかに
待っているのか?そういう欲張りで誠実じゃない売主に泣かされる買主は
沢山いるらしいです。とほほほほ・・・
危機を感じた夫、本日、不動産屋担当と売主氏、私たちで会って話しがしたいと
不動産屋に連絡したところ、売主氏が多忙なため早くて来週の水曜まで
都合がつかないって。なんだよ、それ。

いやいや、雲行きが妙~に怪しくなってきたものですぅ・・・
ほぼ決まり!殆ど決定!ってお知らせしてきましたけど、虫でも知らせたかなぁ?
この後どうなるのでしょう??私にも判りません(´。`)はぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
うぅ~む・・・
気にいった物件だっただけに、なんだかおしいような気がするなぁ。。。
このまままた、スタート地点に戻るのか!?
今度の水曜日に話し合いするんだよね?
さてさて、どんな結果になるのかなぁ。。。
でも、こういう事の繰り返しだと、うんざりしちゃうね。
でもまあ、急がず焦らずゆっくり構えてようよ!
焦るとろくな事ないからね(^^)
2006/12/02(土) 16:32:25 | URL | sakura [ 編集]
sakuraちゃん
水曜日に話し合い、決まったわけじゃないのよねぇ。
1番目の家は離婚騒動のとばっちり、2番めは
まあどうでもいいとして、3度目の正直、になるのだろうか?
売主氏が一体何を考えているのか、わからないのよね~。
焦らず、焦らず!(^-^ゝ了解!!
2006/12/03(日) 03:41:40 | URL | stipa [ 編集]
う~~~~~~ん。一体どーなってんだぁ?12月にはいると皆なんとなくソワソワするしさ、業者も腰を落ち着けてもらって、しっかり仕事をしてもらわなきゃ困るなぁ~。それこそさー。売り主も恐らくギリギリまで買主を決めたくないのかも知れんなぁ~。せこいなぁー。お互い大きなお金が動くしさ、それに銀行のこともあるでしょ?決めたら決めたで、意思を固めてさっさと行動してもらわなくちゃさ、決まるもんも決まらなくなっちゃうかも知れないし、、、お互いいい結果にならないのにねぇ~。

念のため月曜日にもう一度連絡してみたら?本当に出掛けているのかなぁ~?不動産業者がまさかテキトーなこと言ってるんじゃないよねぇ??? まったくねぇー。はやく落ち着きたいよね!!
2006/12/03(日) 10:00:07 | URL | KEIKO. [ 編集]
KEIKO.さん
ほんと、どーなってんだぁ?だよねぇ。
あれ程ほとんどこちら側をせかしておきながら
今さら何やってんのよと言いたい。

>せこいなぁー。
そうそう、その通り、プロフィットはかなりなものなのに
なんか、ケチってるよね絶対(▼▼)
はっきりいってかなりムカついてるけど、ここで怒って
オジャンにするのももったいないし、とりあえず
売主氏に真面目に売る気があるんだか
確認しようと思っているとこよ。
surveyとかもう出費しちゃった後だけどいよいよ
怪しかったら、オファー引っ込めてバイバイだね。
交渉係は夫だけどもし話し合いで直接会う
ことになったら私も頑張る!
クリスマスまでに引越ししたいんだけどどうなるかなぁ・・
2006/12/04(月) 05:26:18 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。