日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソリシターよ、お前もか(家探し・6)
家購入って、こんなにもストレスになるものなの?

あーだこーだいい加減な売主氏に続いて
私たちの頼んだソリシター(弁護士)が、とっても融通きかないし
レイジーな奴だとわかってダブルショック。
手数料安いとやっぱこういうことになっても仕方ないかぁ。
あっちから連絡が来る事はないので夫がこまめに連絡して
状況確認してきた。
詳しい説明は退屈だから避けるとして銀行から送られたある
重要書類について「○○を受け取ったんだけれど、僕が必要なのは
○○じゃなくて△△だから何も出来ない・・」と、自分で銀行に
働きかけようとかそういう気は全く起きないらしくて、夫のいらいらは募るばかり。
来るはずの書類が来なかったら送る側の銀行に連絡して催促しようとか
思わないのかなぁ。銀行も間抜けにも弁護士事務所の他の支店に
送りつけてしまったみたい(がーっ)。
担当ソリシターは不動産譲渡専門のsolicitor(弁護士)で
総勢100名のスタッフを抱える弁護士事務所のボスなのだから笑える。
13日に完了させたいから、とせかすようなことを夫が言ったら
△△がないと何も出来ませんよ、と冷たくあしらわれたそうだ。
私たちのために、登記とか名義変更に問題がないことを確認して「サポート」
してくれる立場なのがソリシターだと思っていたのに、何なの、これは。
安かろう、悪かろう、のよい例に当たってしまったみたい。
明日(月曜)からは別人のようにスパート掛けてもらわないと
ソリシターのせいで遅れたなんてことになったら・・っ・・
ぐわっ・・・・・深呼吸しんこきゅ~う!

昨日土曜夕方暗くなってから物件の前を車で通りかかったら
外壁のペンキ塗り作業進行中でしかも室内にも明かりがついていた。
取りあえず売主氏、作業に取り掛かった模様なのはよしとする。
さあ、明日からがクランチタイムだよ~!
コメント
この記事へのコメント
この国での不動産売買はもんのすごくストレスがたまりますよね。
我が家も今住んでいる所を買う時に次から次へと問題が発生して2人して発狂。ハゲそうでした。

もうこの時期になるとどこもかしこも仕事をしなくなってイライラもつのりますね。
クリスマス前に少しでも事が進みますように。
2006/12/11(月) 09:31:18 | URL | ぽめ [ 編集]
ぽめさん
お蔭様で何とか期日までに成立しそうな運び(今のところはですが・・)となりました!
どうして、ノーチェーン同士でこんな大変な思いをするのか、理解に苦しみます。
問題が起きて当たり前の手続きシステムなんじゃないでしょうか??
ハゲそう・・・・!わかります~!!!うちもそんな感じでした、特に夫は(苦笑)
2006/12/12(火) 05:10:02 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。