日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hurray!!(家探し・7)
やたーーーっ!!!

契約書にサインしてきちゃいましたぁ。
予定通り、今週木曜日に契約完了、鍵受け取り、の「予定」!
私は仕事だったので夫に昼過ぎに連絡を受けてから
仕事の帰りそのままソリシターの事務所に署名の為向かって
車中でいかににして今日ここまで漕ぎ着けたのか話をきいたんだけど
なんとまあ、ドラマチックな一日だったようだ。

朝いちにソリシターに電話して確認したところ、「書類はまだ届いてないし
え、木曜日に完了?無理ですね、出来ません。」
げっ?
「契約と完了を同日に行いたい場合は2週間前にお知らせしておいて
もらわないと。」
げげっ??
夫の慌てぶり、ご想像にお任せ。それでもめげずに食い下がって
どうやら△△の書類はおたくのほかの支店に送られたようだ、というと
「あー、もう一度銀行に送ってもらえるように、聞いてもらえますか?」だって。
そんなん、時間がかかり過ぎるので、△△書類が送られた同じソリシター事務所の
支店に電話をかけて問題の書類が郵便で届いていないか聞いてみたそうだ。
そうしたら、Little Miss Jocelyn(リトル・ミス・ジョスリン BBC3のコメディー
わかる人はわかる?)のキャラのようなセクレタリーが出て、ろくに調べもせずに
何も郵便には届いてないって冷た~く。
土曜日に届いているはずだ、ちゃんと調べてくれって苛々を隠せずに言ったら
そんなぁ、届いてないのは私のせいじゃありませんことよって。
まーそーだけど、もう一度確認してもし届いていたら電話くださいよって
言いつけて電話を切って怒り爆発すること5分。
「・・・ありましたわ!」とミス・ジョスリンから電話が。
続けてのん気にも「本社にリダイレクト(再郵送)しますわね」と言うのを
殆ど絶叫しながらいや、だめっ、やめてください、直接取りに行きます!
とストップかけて急いで幸い近所でもあったその支店に△△書類を取りに行き
そのまま本社(これはロンドンの外)まで届けに行ったそう。

怠けソリシターが無理だと言い放ったにもかかわらず、実際書類がそろってしまえば
ソリシターが全部目を通して(20分くらいで全部読めると思う)問題なければ
即契約、完了も売主もそれが希望でデポジットやお金面がクリアなら
ぜーんぜん無理じゃないらしく、彼には不似合いなとっても親切な
秘書が、これでデポジットを払って、サインすればOKだと言ってくれたそう。
(←通常は契約交わして完了まで数日から数週間だけども)
暗いトンネルに明るい出口が見えた瞬間だった(笑)

で、そのままロンドンに戻って電話で小切手を手配してから銀行で
卒倒しそうになる長蛇の列を乗り越えてデポジットの小切手を手に入れ
書類にサインする為に仕事帰りの私と落ち合って・・
いや~今日は仕事ぜんぜんしなかったよって夫。
すごく頑張ってくれたようだ。なんとも、ご苦労様。
不動産屋担当からも連絡があり、今日物件に様子伺いに行ったら売主氏
他にも4人も作業員を連れてきていたよって。引き続き作業に勤しむようにっ!
もうあんまり時間ないぞ~っ、ふっふっふ。

ソリシターの事務所でサインするときに親切なセクレタリーがどういう書類に
サインをするのか、終業間際にもかかわらず丁寧に説明してくれて
なんか、感激してしまった。
これで、お望みどおり、今週お引越し出来ますね、クリスマスまであと2週間、
タイミングばっちりですねって言ってくれたけどなんか実感沸かなかった。

明日(火曜)朝、契約書を取り交わしたら(Exchange of Contract)
法的に売主、買主としてバックアウト出来なくなる。
木曜日に契約完了(Completion)ということでお金が動いて鍵の引渡しがあって
晴れて・・・最後の最後まで信じられなさそう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。