日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜の出来事・思い出した事
昨晩は宿直だったがどうもよく寝れなかった。
ふと、こころに隙が出来てもう3ヶ月になろうとしている
あの夜、コスモが死んだ夜のことを思い出してしまったのだ。
宿直時幸い今まで悲しくなることはなかったのに
気がついたら涙が溢れてた。

あの日、宿直に出かけたときはいつもどうり、それじゃあねって
普通に、頭を撫でて別れたのだった。
ここから先のことは今まで黙っていたけれど、書いてみる。

仕事場に着いて、夜になってからどうも落ち着かないというか
別に変な嫌な予感というか、具体的にコスモの事がどうとかいうわけでもなかったし
その時の気持ちは上手く言えないけれど、ただ胸騒ぎがした。
虫の知らせ、だったのか。
そして夜。夫が知らせの電話を携帯に掛けてきたのだけど、電話(携帯)が鳴る
ほんとに30秒前くらいに目が覚めた。
え?何だ?って思ったら、携帯が鳴った・・こういうことって、結構ないだろうか?
で、訃報を耳にして、びっくりしたと同時に、胸騒ぎのことを思って
ああ、そうだったんだ・・って。

ついでに書いてしまうと、うそでしょって言われても仕方ないことは他にもあった。
実は死ぬ数日前のコスモの誕生日も何となくお祝いしたくない気分だった。
ブログ記事のアップも乗り気ではなかったのに、殆ど無理やり、みたいな。
どうしてなのか当時は深く考えようとはしなかったが、今なら理解出来る。
これから書くことはあくまで私の感じたことで、それが真実だとか
そういうふうに言い切ることもしたくないのだけれど。
誕生日数週間前にコスモの瞳をじっと見つめていたら。
視えてしまったのだ。
悟ってしまった、といったほうがいいのだろうか。

彼とお別れする日が近い(かもしれない?)ことを。

私の意識にぽーんと突然入り込んできた「感覚」だった。
かもしれない、可能性、というよりはそうなることに決定、というどうにも
出来ないという気持ち、諦めからくる喪失感が伴っていた記憶がある。
そんなのウソでしょう、またまたー、と言われればそれまでだけど。
10歳だから、もう歳だから、そう思ったんでしょうよって。
私だってその時は、そんなことある訳ないってあっさり否定したし。
深層心理の奥底でふと、感じてしまったことだったのかもしれない。
どうしてなのか、その訳は知る由もないことだが。
ただの思い込みだったら良かったのに、そのとおりになってしまった・・

・・・
そんなことが頭から離れなくて本当に明け方まで眠りの浅い時間を過ごした。
「死ぬ直前のコスモの荒い呼吸」のことも何故か頭にこびりついていた。
その場にはいなかった私だけど、夫から聞いた最期の様子で印象に残っていたのか
昨晩というか今朝はどうしてそこまで気になったのかわからなかったのだが。
今日午後帰宅して、家にいた夫に「昨夜は良く眠れなかったよ、コスモのこと
思い出しちゃってね・・」と言ったら、目が点になりそうに不可思議いっぱいの
顔でなんと、彼もコスモのことで悲しくて良く眠れなかったのだという。
外でキツネが吠えている声がして、それがコスモの死ぬ前の荒い呼吸と
オーバーラップして・・と言うのを聞いて、さすがにこれには私も眠気がふっとんだ。
ふっとんだ後で妙に納得してしまった私って(苦笑)
同じ晩に二人で同じような夢を見るなんて今まであっただろうか。
隣で寝ていて、とかいうならまだありえそうだけれど、昨晩はそうじゃなかった。
夫のコスモがいなくて寂しいと思う気持ちが宿直先の私のほうに飛んできて
しまったのかも知れない・・かも知れないというか、私にとっては、ああそうか
そうだったんだな~と勝手に頷ける、というちょっと不思議な出来事だった。

スピリットワールドにいるコスモが寂しがっているのだろうか、とか考え出したら
非常に良くない思考にはまりそうなので却下する。



ブログ友の皆様、いつも読んで下さっている皆様へ♪
こんなことを書いて、まだ悲しみに打ちひしがれているのではとご心配掛けそうですが
実際はいたって普通に過ごしていますので、どうぞご安心くださいね。
何かすごく不思議な気持ちになった出来事だったものですから
書かずにはいられませんでした。
悲しいのは悲しい、でももう帰ってはこないから、なるべく明るく思い出して
あげようと思っています。夫のほうがまだそれはちょっと大変みたいです。
後半の夫の気持ちが私に伝わったのかぁ?ということでは二人のこころって深いところで
つながっているのかも~なんていう、おのろけ話、とも取れるか(* v v)。てへへ・・
コメント
この記事へのコメント
・・・。
私はこういう感覚は一度無いので全然わからないけど
何か感じてしまったんですね。

最後にご主人との強い絆もわかって
コスモの死が二人の絆ををさらに深くさせたよう(!?)で
さすが、わんこ、素晴らしい動物です。

こちらはなつがとうとう明日日本に帰ってしまいます。
日本での彼女の実家はうちから遠いから
日本に帰れば会える!と素直に思えず
思い出しては辛くなる・・・。

わんこ無しでは生きていけないよー。
2007/02/06(火) 06:18:59 | URL | kleeblaetter [ 編集]
チョットの間、書き込みがなかったのはお客様がいらしていたからだったんですね。楽しい日々でしたね。

大切な人(ワンちゃんも含め)との別れに伴う、こういう感覚、分かるような気がします。私は父の死後、こういった不思議な感覚を味わったことがあります。不思議ですよね。

またワンちゃんを飼われる予定はあるんですか?
2007/02/06(火) 21:40:20 | URL | ふろっしゅ [ 編集]
まずは、来客接待大成功!だったようで、良かったね~。
ワタシもタブン叔母様みたいに少女に戻るかも~。笑。
従弟さんも『おまもり』って、胸が熱くなったよ~。
みんなにとって良い時間が過ごせたみたいで、こっちも幸せな気分になりました♪

そして、コスモのこと、鳥肌ゾクゾクで読んだ。笑。
ワタシもこういう経験は一度もないけれど、教えてくれた(?)直感したってコトも、ダンナ様と同じタイミングで同じ様な夢で…ってのも、三人の絆の深さだね。きっと。

あ、関係ないけど、それまで黙っていた妹と、突然同じ歌の同じフレーズから鼻歌!とか昔良くあったな。笑。
2007/02/06(火) 23:02:04 | URL | miki [ 編集]
不思議体験
ごぶさたしていました。
なかなかネットに戻ってこれなくて、しばらくこんな調子が続きそうです。いろいろな事が重なってしまって・・・4月には落ち着くといいんですが・・・。

虫の知らせとか不思議な体験って信じる方です。夢に見たことが現実になった経験がありますので・・・・。

動物との別れって人間の別れ以上ある意味つらいです。だって人間なら最後の言葉を交わせるけど 動物とはアイコンタクトしかないもの・・・・。私も23歳のときに事故でなくしたダックスを未だに思い出します。
2007/02/07(水) 00:48:35 | URL | pompom [ 編集]
klee♪
なつちゃんが帰ってしまうの、ブログで知ってたよ。
あのうっとりお目目に会えなくなるなんて
やっぱ悲しいよね。
代わりに里親出来るワンちゃんが見つからないかなぁ?

何かね、虫が知らせたっぽかったです。
だから事実になったときももちろんとっても
悲しかったけど、ああ、やっぱり・・って。
旦那は夢でもちょくちょくみているらしい。
私は殆ど、見ないのよね。薄情なのかしら・・
一度見た夢では散歩に連れてってコスモが
いそいそと拾い食いしてる夢だったよ(ーー;)
2007/02/07(水) 01:08:48 | URL | stipa [ 編集]
ふろっしゅさん
日本からお客が来るなんてそうあることじゃ
ないのでいや~楽しかったです!

不思議な体験、ということにやっぱりなるのでしょうか。
虫が知らせたのは出来れば知りたくなかったです~。
夫の気持ちが伝わったのは何だったのか、いやはや、ミステリーですねぇ。

旦那は犬はもう飼いたくないと言ってます。
私は別に、また出会いがあったらそれはそれ・・という気持ちです。
散歩に連れて行ったり、しつけたり、手間が掛かりますし
また一から育てるのも大変!

2007/02/07(水) 01:18:08 | URL | stipa [ 編集]
mikiちゃん
>来客接待大成功!Yes!V(^0^)
何せお初だったからどうなることかと思ったけど
毎日毎日楽しかったよ♪

コスモ・・絆なのかしらん?私が思うに旦那がいつまでも
コスモのこと引き止めてるような気もするんだ。いつまでもってまだ3ヶ月だから、いいんだろうけどね。

妹さんと鼻歌ハモり♪(笑)テレパシーのテストしたら
結構的中するかも?!
まじめな話、姉妹ってやっぱり特別な絆が
あると思うよ。
2007/02/07(水) 02:12:14 | URL | stipa [ 編集]
pompomさん
ようこそ~♪
動物には言葉でなくて、撫でたりぬくもりで接することが
多いので、今もコスモの温もりが懐かしいです。ダックスちゃんを事故で・・。病も嫌ですが事故はもっと突然でショックですね。

4月になったら落ち着かれるかも、なのですね。
体調にはどうぞくれぐれもお気をつけて
乗り切ってくださいませ!
2007/02/07(水) 02:29:43 | URL | stipa [ 編集]
虫の知らせ・・・
確かにあるよね~
言葉には表せない感のようなもの
世の中、科学で説明できないことってたくさんるよね~
私も子供が生まれるとき
二人とも性別があらかじめわかったのよ
望んだのではなくて、何となく最初は女の子と思って用意して、次は男の子と思って用意して
生まれたらそのとおりだった
後、夢で出てきた人に次の日偶然会ったりとか

でもご主人と同じ夜に同じ思いか~
コスモ君が近くに来てたのかな
愛の強さかな
ご主人はやく立ち直るといいね

2007/02/10(土) 17:37:44 | URL | katasumi [ 編集]
katasumiしゃん
お心遣い、ありがとうございます。
近くに来ていた・・そうかもしれませんね。
長年(といっても15年弱?)一緒に暮らして
元は他人だったけどそういう心の繋がりが出来る
「家族」になったってことでしょうか・・。

お子さんの性別がわかったって、すごいですねぇ。とっても興味深いです。
なんとなく・・っていうところがスゴイのですよね。今度良かったら記事にしてみてくださいな♪
夢に出てきた人に・・あ、私も似たようなことが。
ふともう何年もあってない人のことを思ったら
次の日くらいに偶然街で見かけた、とか。
不思議ですよね~ひとの心って!
2007/02/13(火) 20:20:58 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。