日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
stipa危機一髪!
遅番が終わってバスで帰ってきたある夜。
遅番は大抵、旦那が車で迎えに来てくれるのだけど
その夜はたまたまバスで帰ることに。
そのバス路線の最寄のバス停から、最寄とはいえちょっと家まであるので
(5分くらい)暗いし、どうしようかと思ったけどまあ、大丈夫だろうと思って・・
大失敗した。
何も起こらなかったんだけど、とっても怖い思いをしてしまった。

途中一箇所とっても暗くて夜はあまり人も通らない通りがある。
そこは、低所得者用の住宅棟があるためか近所界隈では多分治安が一番
危うい通りにつながっていてそこでは1,2年前に銃殺事件があった(未解決)。
近所の、夜ははっきり言って雰囲気良くない商店街にも直結している。
そんな界隈をうろついているような者が通り抜けに使っているような、そんな通りに
まだ9時前とはいえ、暗くなってから通ろうと思った私がバカだった。
うちからすぐだし、住宅街だし、昼間は全然平気だからと思ってたのが甘かった。
バス停で降りて道路を渡ってその問題の通りに入ったら、ぱたっと人がいなくなった。 
でも街灯ついてるし(stupid!)まだそんなに遅くないし(stupid idiot!)とそのまま進むと。
緩やかなカーブを曲がったらとたんに寂しい光景。誰もいない。

ふと、前方の道路反対側からひとりの男が歩いてくるのを確認。
駐車してあったバンの影からすっと出てきた感じで、あのバンから降りてきたのかな
なんて呑気に歩き続けていたら、な、なんと!
その男、私のほうに向かって人気のない道路を渡ってくるではないか。
斜めに!
思いっきり、意図的に斜め渡りしてるっぽかった。
完全に私を目指しているようなその渡り方を見て、ああしまった。どうしよう。
南ロンドン生活6年で遂にやられるなと思った。
短い金髪の青白い顔の男だった。私はまっすぐ前を見て彼を直視しないように
歩いていたが奴はほんとにもろに私めがけて、もうそこまで来ている。
視界の隅で薄笑いを浮かべているような表情まで見えてしまって
ぞっとしたけどもう遅い。
遅い~。
あああ、どうしよう、どうしよう、と心臓が痛いくらいにどきどきした。
男がどんどん私に近づいてくる。歩き続ける私。
男との距離が2メートル以内になったときもそのまま歩き続けてた。
止まる訳にも、引き返す訳にもいかないし。
彼と目を合わせたくはなかったのでまっすぐ前を見て。
斜め直線に私のほうに来ているかに見えた男、いよいよ、という時
ふっと体をそらして私のすぐ後ろの歩道に。
同時に私は自動的に走り出した。
後ろから襲われたくない直感で足が動いていた。
逃げ足遅いし、やられるときゃやられるだろうけど何としてでもその場を離れたかった。
追ってくるだろうか?
幸いその気配はなかったがもちろん止まらず、兎に角走った、走った!

近くまで来て思ったより年だし(爆)何も金目のもの持ってなさそうということで
とっさに思いとどまったのだろうか、そんな感じだった。
男が一人で歩いていて、ああいう行動をするなんて、普通じゃ考えられないし
あり得ない。昼間だってまずない行動パターン。
ぜーったい何かしようとしてた、とは思うのだが確信はない。
久々にほんとに怖かった!

家についてから旦那にもっと気を付けるように、ちょっと遠くても明るい道のほうの
バス停から帰るように、自分が家にいたらバス停まで迎えに行くから知らせるように、
と叱られた。

昼と夜で雰囲気がらりと変わる道だとは思ってたけどまさか実際に
怖い思いするなんて。
もう暗くなったら絶対ひとりでは通りたくない、通らない!


みなさんも気をつけてくださいね!
コメント
この記事へのコメント
あぶなかったね!
それは怖かったわね~
わざと怖がらせたのかもね
怖がってるのをみて喜ぶみたいな・・
でも何もなくてよかった!
やっぱり大丈夫と思っても慎重にしたほうがいいよ
日本でもちょっと前に帰り道にさされて死んでしまった事件がありましたよ
犯人捕まってないんじゃないかな~
暗いけど近道だったらしくて
どこの国も物騒ですね
2007/02/10(土) 17:43:39 | URL | katasumi [ 編集]
恐いー
katasumiさんが言うようにわざと恐がらせたのかなあ。
たまたま知り合いと思って近づいてきたとか?(ありえないか)
考えすぎたったと信じたいっっ
ホントに何も無くて良かったね。

うちも最寄り駅まで10分歩くんだけど
その駅が改修工事中は4年間ほど
工場が立ち並ぶ早朝、深夜は人気の無い所を歩かなきゃいけなかったんだけど
その時はいつも恐かった。
真っ暗の早朝は新聞配達のバンが横を通るたびに心臓ドキドキしてた。
(バンってところがさらに恐怖が増すでしょー)
今はまた一軒家が建ち並ぶ住宅街を通るから
何かあったらあそこに飛び込もうとか
駅前にはホテルがあるからホテルのフロントに人が居るかを確認して
何かあったらとりあえずすぐ人が呼べるかなとか考えたり。
駅のホームにも監視カメラが付いたし。

今まで何も無かったけど、何かあったら恐くて一人じゃ住めなくて
すぐドイツを離れるかも!?

夜はだんなさんが迎えに来てくれるなんていいね~~優しいね~~~
誰も迎えに来てくれない私はどうすればいいの~~~。
2007/02/11(日) 07:38:34 | URL | kleeblaetter [ 編集]
うお~
怖かったねぇー。無事で良かった!
そんな危険な通りで明らかに自分に向って歩いてくる男なんて、想像しただけでぇ。。。
日本はそちらに比べたらまだ治安はいいほうなんだろうけど、善光寺界隈でもちょっと前に男が女子大生を刺した事件があったよー。
いざと言う時は自分で身を守るしかないものね。お互いきをつけようー。
2007/02/11(日) 20:38:45 | URL | miki [ 編集]
こわっ
もう、駄目だよ~そんな事しちゃ!
逆に、自分が怪しい格好しちゃうとか(^^;)
夜は、どこでも危ないよね。
私は、残業して自宅に帰る途中で痴漢にあった事ある。
痴漢で済んでよかったと思わないとなぁ。
もう、二度と危ないとこ歩いちゃ駄目だよ~
2007/02/11(日) 21:39:56 | URL | sakura [ 編集]
本当に
間一髪だ~! 危ないですぞー
ここ日本も最近危なくなって来ている昨今。
男のオイラでも夜道は怖いっす!
2007/02/12(月) 01:43:48 | URL | かとー [ 編集]
気をつけて!
本当に怖い思いをされましたね。
stipaさんご無事でよかった。
私は昼間でさえカウンシルフラットの前を歩くのが怖かったので、競歩並みのスピードで歩いてましたよ。
それも怪しいんじゃないかって感じですがね。。。
でも警戒しすぎるくらいじゃないと。夜はやっぱりますます怖いですしね。
お互い気をつけなければいけませんね。
2007/02/13(火) 06:21:56 | URL | kay [ 編集]
katasumiしゃん
なるほど、わざと怖がらせた、かぁ。
そういう人日本にはたくさんいそうですが
こっちにもいるのかな。
まあ大丈夫だろうっていう気の緩みがあったので反省!
それ以来あの道は昼間しか通ってません。
昼間はぜんぜん大丈夫、なのです!
大きなお屋敷のような素敵な家が立ち並んで
全然雰囲気悪くないのですがねぇ。
引き続き、気をつけます!

2007/02/13(火) 20:31:56 | URL | stipa [ 編集]
klee♪
うんうん、考えすぎだったと思いたいっ!
でもあの不気味で不審な動きはいったい何だったんだろうと思うと
やっぱり・・
バン!私もバンが駐車していてその隣の歩道
狭くなってるところを通ったりするの、嫌だな。
いきなりドアが開いて連れ込まれたら
それでおしまいだもんね。
もしも、こうなったら、って対策考えておくのは
無駄なことじゃないと思う。kleeは一人暮らしだし
余計にいろいろ心配なこともあるよね。
私も今住んでる地域で一人暮らしは、出来るかなぁ??
2007/02/13(火) 20:39:45 | URL | stipa [ 編集]
mikiちゃん
あんな怖い思いはほんとにひさしぶりだったよ。
怪しい奴と一対一だもん。思い出してもぞーっとする!
日本って通り魔事件多いよね。こっちよりも陰湿な事件が
多いような気がするけど・・。
いつどこで何がおきるか・・万国共通だね。嫌だなぁ。
私には起こらないだろうとかそういう妄想は捨てて
気を引き締めていこ~っと!
mikiちゃんもお散歩のときとか気をつけてね!
2007/02/13(火) 20:46:13 | URL | stipa [ 編集]
sakuraちゃん
はい、もうしません~(>_<)
逆に自分が怪しい格好で(笑)どうなってたかなぁ?
いきなり意表をついて高笑いしたりして(笑)
難を逃れたケースはあるのかしら。
痴漢で済んで良かったって・・sakuraちゃん強い!
私のは幸い何にも起きなかったから、やれやれだったけど
怖い思いはもうごめんだよ~!
2007/02/13(火) 20:58:07 | URL | stipa [ 編集]
かとーさん
ハイ、危なかったっす!
暗い夜道は男性にとっても危険ですよね。
こちらでは痴漢はあまり聞かないんですけど
強盗、ひったくり、男女問わずなので旦那も夜は一人歩きしません。
お互いに気をつけましょうね。
2007/02/13(火) 21:03:44 | URL | stipa [ 編集]
kayさん
ただ通り過ぎただけだったのかもしれませんが
やっぱりすごく怖かったです。
はい、何もなくて良かった~!

荒れた外観のカウンシルエステートの周りを
通るときは私も緊張します。
私は関係ないってそぶりで早歩き=競歩!(^m^ )今でもしてますよ~。
差別じゃないかとか懸念する前にまず用心だというのが本心ですから。
何だかんだいって、南東ロンドンですものね。
>でも警戒しすぎるくらいじゃないと。
悲しいかな、そうなってしまうのですよね。
それくらいじゃないと、もし何かあってもこっちに隙があったから、とか
責められることもありうる社会ですよね。

kayさんもバスで怖い思いされたことありましたよね。
その後は大丈夫かな?お互いに気をつけましょう~!
2007/02/13(火) 21:13:13 | URL | stipa [ 編集]
心臓バクバク
読んでいて、こわかった!
何もなくて良かったねえ~~、ほんとに。
怖がらせただけ、なのかなあ?
だとしたら、非常に悪質よね!
って真意が明らかにあったら、もっと悪質だけど!
昼間は、全然そんな雰囲気じゃないのね。
日本でもそう言うところ、あるかな?
2007/02/14(水) 08:11:08 | URL | matilda [ 編集]
matildaしゃん
昼間はね、普通の住宅街って言う感じかなぁ。
とにかく、怖かった~!夜道で人とすれ違うのだって
緊張するのに、私めがけてのように道渡ってくるなんて
良識ある男(女性もか)ならしちゃいけないですよねっ(`´)
真意は今となってはわからない~。
今後は気をつけます!
2007/02/16(金) 21:02:56 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。