日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お義姉さま訪英決定・・・

してしまった・・。ぐぅぅ。 

一度、一年前に決まりそうになって(そのときのもやもや日記はこちら)目前で
立ち消えたハナシが今年に入って再浮上。
義姉がなかなか決心がつかずに引きずっていたのだ。
ずっと行くって言っていて6年経っちゃっていい加減後ろめたいから決めた、
みたいなのはこっちもあんまり手放しに嬉しくはないよ。
義姉にとってロンドンは大都会で、うるさくって全然魅力を感じないらしいというか
はっきりいって来たくないみたいだった。
子供たちも小さいし、無理しなくてもこっちからスイスに行けば、夫だって
年に何回も帰ってるし(飛行機で一時間半だもん、いいよー)その時に会えれば
いいじゃないか、とも思っていたのだが。
ついに。
揺るがない現実となった(大げさ?)。
一ヵ月後のイースター(復活祭)休暇を利用して来るって。 

パートナーはドイツに出張で来れないので、彼女ひとりで子供ふたり連れて来るそうだ。
上の子は5つくらいだからダブルデッカーに乗ったり、それなりにハイライトもありそう。
下の子はもっと小さいからロンドンに来てもあんまりわからないだろうし
大変だろうがやっぱり数日でも預けるわけにもいかないんだろうな。

といっても、心配の種は子供たちではない。
義姉はもとからすんごく神経質だし、完ぺき主義なとこもあるから扱いには気を使う。
スイスで新婚時代にはほんとうに腫れ物を扱うようにアツカワなければならず
今思い出しても胃がしめつけられる気がする。
夫はといえば弟だから、同じ親出身(?)だからいろいろ考えなくてもいいけど。
いろいろなパターンに応じてどのように対応するか先天的にも後天的にもインプット
されてない私。一緒に育った、住んだからわかってることって大きい。
ひとりだけ浮いてしまうかもしれない。あーいやだなー、もう、仕事入れちゃおう!
っと今年のイースター休暇は働きまくることにした(笑)
自己防衛手段があって良かった。

あんまり、数日間とはいえ、彼女流を持ち込まないでくれるといいんだけど。
私の家に泊まりに来るんだから、郷に入っては郷に従えっていうもんだぃ!
なんて思ってみたり、いや、数日間だから、ほっときゃいいか、とも思うし。
夫の話によると育児にたいしても完璧を求めて自分に要求しすぎて
自分で疲れてしまっている部分も多いらしい。
せっかく家を離れて来るんだから、数日間、リラックスして、くださいよっ。
良い状態の時の彼女は好きなんだけどな。

パートナーか、もしくは義母と一緒に来るはずだったのに。
義姉と、夫と、私。もうひとり、誰か間に入ってくれる人がいれば楽だったのに。
義母は義姉よりさらに輪をかけて神経質なところもあるひとだが
義姉の短所がよくわかっているので、もしものときにはカバーしてくれるかもしれない
という期待がもてるのだ。それに義母は、アタシはあなたたちのお母さんよ、っていう
スタンスだから私との対立?もないのだけど、義姉はそうはいかない。
パートナーの娘3人とただ今家庭内でかなりいろいろ問題があること、パートナー
との子供二人の育児の上での考え方の違いとかで、彼との間もぎすぎすしているらしい。
義姉の性格として彼女のパートナーに求められないこと、精神的サポートで物足りない部分は
弟である夫や義弟に求めてくる傾向が強い。
かなり前だけど彼女の弟の妻である私も動揺するほどべったりしてきたりしたこともある。
もし、彼女がうちに来てそんな感じだったら、私はどうしたらいいのだ~。
彼女のパートナーもわかっているからなのか、自分が行ったってお邪魔虫だよ
みたいなことを夫に話したらしい。彼(パートナー)が来ないのも残念だ。
立場が同じひとがいてくれたらどんなに助かるか!

何でも分かり合っているはずの夫とだって、義姉問題は難しいテーマ。
夫婦喧嘩になるのは簡単だ。文化の違い、を切実に感じる。
義姉に気を使うが故に私に対して無理言ったり、新婚時代は大変だった。
いまだに、引きずってるもの。トラウマというんだろうか、これが。

春の訪れを祝うイースター。いつもの年はイースターバニー(主にチョコ!)が
出回ってるんるん♪な雰囲気だけど、今年はちょっと、いや、かなり気が重い。
どうか、私の心配が取り越し苦労で終わりますように。
コメント
この記事へのコメント
なんだか・・
分かる気がします~。ひしひしと。
いや、家のオットのお姉さんはオーストラリアにいるし、義姉といえどもワタシのほうがうんと年上だし、付き合いもあまりないのでいいのですが、何せホラ居候中だから・・・。
ママさんもそこまで神経質ではないのですが、やっぱり日本人として同居って気をつかうし、掃除や洗い物等にも人それぞれのスタンダードがあるから、あわせるのに必死です(笑)。
最近いつもクッション役立った叔母さんが出て行ってしまったので、私も久しぶりにダイレクトに相手をしなくちゃいけなくて。
オットも家族といると(っていうかママさんといると、かな)私の知っているオットじゃないような態度(ムスコですもんね)で、時々淋しくなります。
stipaさんもそうなんだー、と思わず共感してしまいました。
お仕事があるから、うまく自分のペースであしらえる(スイマセンe-263)といいですね。
かげながら応援させてもらいますよー。
2007/03/06(火) 19:28:06 | URL | kao [ 編集]
小姑さまのおいでって事ですね。なんだか息苦しそうだわ。。。2人の小さな子供も、かなり鬱陶しそうだわね。

とっととお仕事場へ退散~~。
とは言え、ストレスでしょうから無理をなさらないようにね。
2007/03/07(水) 06:01:42 | URL | ふろっしゅ [ 編集]
うんうん。
以前お話読みました~。
覚えてますよ!
こういう時って、実際に来られるまでが色々考えてしまって嫌かも?
帰られた後のことを想像して軽~く乗り切りましょう~。(なんて言ったらお義姉様に失礼かなi-229
2007/03/07(水) 18:09:49 | URL | matilda [ 編集]
大変だあ・・・。
記事を読んでいるだけでこちらまで億劫になってくるよ。
無理して訪英しなくていいよ!って感じ。

家族のことになると旦那様もやっぱり
難しい立場だねえ。

仕事に逃げられそうで良かったね。
でも自分の親戚が来た時はお休みとったのに
旦那様の家族の時は仕事?って
何かいわれない???
2007/03/07(水) 19:14:27 | URL | kleeblaetter [ 編集]
そうそう
取り越し苦労で終わるよ、きっと!
そういうふうに考えとこーよ(^^)
でないと、義姉様が来る前に神経まいっちゃうよ。
仕事っていう逃げ道もある事だし、きっと、あっというまに帰っちゃうよv(^^)v
2007/03/07(水) 23:36:09 | URL | sakura [ 編集]
kaoさん
数日間の滞在でこうやっていろいろ悶々と
してしまう私ってだめだな~。
kaoさんは同居、ですもんね、比べ物にもなりません。
私もスイス移住後に2,3ヶ月間同居したことあるので
kaoさんのブログを読んで当時を思い出したりしてます。
結婚前だったし、敬虔なカトリックの家でいろいろ
大変でしたぁ(苦笑)
掃除や洗い物の仕方とかいろいろ、わかるわかる!
小さなことで結構悩んだり気を使ったり・・。
彼の家族と過ごす彼が私の知らない彼に見える・・私もそうでした。
淋しい気持ち、すっごくよくわかります!
日本人同士の結婚だっていろいろあるんだから
kaoさんたちも、うちも、いろいろあって当然なんだけれど
ひとつひとつ経験していくこと、いいことだけど辛いことでもありますね。

さて、義姉の訪問、なんてったって短期間ですから( ̄m ̄*)
しょっちゅうあることじゃないんだからもっと
大らかに構えようと思います。
そうそう、私のペースで、それしかないっ!
励ましてくれてどうもありがとう♪
2007/03/08(木) 03:55:59 | URL | stipa [ 編集]
ふろっしゅさん
短期間だから彼女の状態が良ければ大丈夫だと思われます!
子供は子供ですからねぇ。子供たちのことでは別に
なーんにも嫌だなあとかはなかったんですけどもぉ・・。
頼むから出発前にパートナーと大喧嘩してきたとか
そういう展開は避けてもらいたいですぅ・・。
数日間ですから!仕事に生きます(^-^)V
2007/03/08(木) 04:05:21 | URL | stipa [ 編集]
matildaしゃん
覚えて下さってましたか!
そうそう、来るまでにいろいろ・・。ほんの数日のことなのに。
ひそかにトラブル期待している自分がいるのだろうかとか
思ってしまいます。
帰った後のことを想像して・・な・る・ほ・ど~!(^ー'*)b 
ここはあたしん家よって堂々とでんと構えて
乗り切ろうと思います!
2007/03/08(木) 04:13:02 | URL | stipa [ 編集]
klee♪
無理して来てくれなくて良い・・ほんとにそれは思ったよ。
夫が多分親戚の行事に出席するために3月中旬にスイスに行くのよ。
そんときに会うんだからそのほうが彼女にとっても
気が楽で良いんじゃないかと思ったんだけどね。

自分の家族が来たときはお休み取った・・
ははは、確かに!
でもぉ、もし私がスイスに行っても義姉自身絶対休暇取るなんて
ないから、お互い様(爆)
いやまじめな話、子供たち小さいし、行動範囲も
限られてくるから姉弟まったりスイスドイツ語で
過ごせる時間を持つほうが私がずっと一緒にいるよか
義姉としてもいいのじゃないかと。
逆にずーっと私がいて彼女が弟と二人っきりになる機会が
持てないほうが不満がたまってよろしくないような気がする~。
仕事以外の時間で充分話とかは出来ると思うし。
大丈夫、何にも言われない自信あるよん♪
心配してくれてありがとう♪♪
2007/03/08(木) 04:38:06 | URL | stipa [ 編集]
sakuraちゃん
>きっと、あっというまに帰っちゃうよv(^^)v
そうそう、たったの5日間なのよ、考えてみたら。
何をそんなにパニくっているのか自分でも情けない。
新婚時代、義理家族との距離のなさに相当参っちゃったんだと思う。
あれから時は流れて移住もしたし今ではちゃんと仕事もあるし
matildaしゃんにも言ったけど、堂々としてなくちゃね。
励ましてくれてありがとう~♪
2007/03/08(木) 04:45:33 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。