日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prime Suspect
職場で盗難事件があった。今から約一ヶ月前のこと。
調査中は書いたらいけないかなと思ってそのままにしておいたが
内部調査も終了したので解禁!
関係者が間違ってもこのブログを「読んでいる」なんてことないとは
思うのだけど、まあね、何となく。You'll never know.

サービスユーザーさんたち、RさんとJさんのお金が入った箱ふたつと
食費などが入った箱など計4つ、金属製の鍵付の箱(cash tin)がある朝無くなっていた。
朝番で出勤してお金の引継ぎをしようとしたシニアのAさんがキッチンにある
箱を入れていた戸棚を開けたら見当たらなかったので宿直をしたパートさんに
箱はどこ?ないよって訊いたら冗談だと思われたらしい。
可哀想にパートさん、戸棚を確認したあと真っ青になってあちこち探したけど
彼女が前の晩引き継いだ後はその戸棚にしまって後は出さなかったのだから
探さなくても何が起こったかは明らかだった。

キッチンには通りに面して出窓がある。両端が開くようになっていて
左側の窓がロックされていなかったのが見つかった。
この窓は中にしかついていないハンドルを回してロック外して開けるタイプ。
窓自体は閉まってはいたが、このハンドルが閉ポジションではなく開ポジションに
なったまま発見された。
警察に通報し鑑識課の人が来て指紋とったり侵入の形跡などを調べた結果
外から窓を開けて入った跡は見当たらなかったそうだ。
窓が開いていたのは見せ掛けで、内部の犯行の可能性大ですねと言われたそう。

キッチンを物色した跡もない。窓をこじ開けた跡もない。
夜間はロックされているキッチンの扉を開けようとした跡も
窓から逃げた形跡も、ない。
犯人は最初から狙いは定まっていたのだ。
使われていない空のcash tinには手も付けずお金が入っている箱だけ
なくなっていた。
Jさんの箱の中には新しいテレビや服を買うため現金が10万円以上!
いつもはそんなに現金は使わないのにその時に限って。
というか、だから余計に狙われた、盗られたのかも。
無用心にもcash tinの鍵は同じ場所の小さなプラスチックのカップの中に
保管されていたのでそれごと無くなっていた。
でも、ちゃちな造りの箱だからこじ開けようと思えば簡単だ。
「本物」の泥棒が鍵も持っていくか?
っていうか、鍵も持っていこう、なんて考えるだろうか?

スタッフの間で犯人のめぼしはついているのだ、悲しいことに。








事件の2週間前位に初めてプロジェクトに来たバンク・スタッフ(パート)の彼AS。

運転手ということでJさんの車を運転する用に2,3シフト働いていた。
サポートワーカーにしては年齢も22,3で若い。あまり会話をしようとはしないな
とは思ったがいまどきの若い子なのかなと思った程度。
パートでもお金の引継ぎはするからいくらお金がキッチンに保管されていたか
知っていた。事件前日、わたしは早番で彼が遅番。宿直したパートの女性は
その夜が(私の勤務先での)初めての宿直で、サポート経験は豊かだけど
慣れない場所での宿直、ということにも付け入られたのかもしれない。
宿直したパートさんは人望も厚いし、まさか考えられない。
それに仮にもし彼女だったとしても、初めて宿直するところでいきなり・・なんてことはないだろう。



さてどうしてASがプライム・サスペクト(prime suspect 第一容疑者)か
というのにはれっきとした理由がある。

①お金に困っていた
彼なんと、高級車2台を乗り回しているのだ。職種にそぐわないったらない。
新車でないにしてもサポートワーカーの給料でいくら頑張って働いても
その他生活費も掛かるし、外車2台アップキープするのはきついだろう。
リッチな親がかりのお坊ちゃんかと思ったけどそうではないらしく
彼は事あるごとにお金がない、お金に困っているって仕事中にももらしていたらしい。
(当たり前だよ、馬鹿だねぇ。)
事件直前になんと。ASは団体に給料の前借かローンを頼み込んでいたそうだ!
こんなことするひとは滅多にいないから団体裏ニュースとしてちょっと話題に。

②現場にいた
盗まれたことが発覚する直前まで現場にいた。
宿直のパートスタッフは夜、ASが帰ってからお金の箱の入っていた戸棚は触っていない。
私だったら、日誌を書くのに筆記用具を出したり何だりで問題の戸棚は絶対に何度も
開けていたと思うと、悔やまれる。

③「ここには防犯カメラはあるんですか?」
これはもう決定打に近い。事件発覚当日もシフトがあったAS。
出勤するなり何があったか聞かされた後動揺することもなく、宿直したパートさんと
ふたりきりになったときに彼女にひとこと訊いたのがこの言葉・・・ 
あったら、すぐ堪忍して白状したとでも?!
無くてよかった!ってことか。それにしても何とも呆れるタイミング。
普通だったら慰めの言葉とかあるでしょう?
それはひとこともなく、ただこれだけ訊かれたパートさん、もちろん大変動揺し
シニアのAさんにすかさず報告。

④不自然に寡黙だった
ふつう自分の職場でこんな事件があったら、少なからずびっくりして当然でしょう。
実際職場に顔を出す彼以外のサポートワーカー全員から「何で?どうして?
ひどい!」というようなリアクションがあったのにいくら若い男の子でも
ASの反応のなさは特異だった。
事件発覚当日も大マネもAさんもパートさんもみんなショックを隠しきれない中
ASだけはただそこにぼーっと居る感じで。
その日宿直だった私がASに、いや~でも、ユーザーさんたちやパートさんは無事で
良かったよね、って話しかけたら心なしかギョッとして一瞬戸惑っているのを
私は見逃さなかった。俺に訊いてるの!?って顔してたもの。
「え・・・あ、うん、そうですね」と言ったその後も何にもコメント・感想はなし。
こちらが期待していた反応が全くなかったので、何だろ、こんなときに、この子?って
ちょっと私のほうが当惑した。

反応の無さ。その時は変な子だってくらいにしか思わなかったのだけど
後になって気になって気になって。そうしていたらその他のことが
ボロボロと出てきてああ、そうだったんだ?って。

事件前日と当日に働いていたスタッフ全員後日事務所に呼ばれて
個別に事情を訊かれ内部調査担当のマネジャーがレポート出して
はい、それまで。
ASには何も起こらなかった。
証拠は何もないから、出来ることもあまりない。
でも、みんな何が起こったのか確信しているから、ASにシフトを頼むことはもうない。
事件前までは、あまり話さないけどどうしてこの仕事してるんだろう、
実はいい奴なんじゃないかとか、期待はあったのに。
ASが犯人って決まったわけじゃないのは承知だけど、何だかがっかりした。
裏切られた、とまで思うことは許されるだろうか。
悪いけど、彼はもう信用出来ない。
コメント
この記事へのコメント
えええーーーっっ
人の手助けをする仕事についている人が
こんなことをしたかもしれないなんて・・・。
ショックです。

どこで誰がなにをするかわからないから
今までロッカーの鍵をかけていなかったけど
嫌な思いをしないようにこれからは貴重品が入ってるときは
しっかり鍵かけよう・・・。
でもなぜロッカーの鍵をかけていないかというと
以前そのロッカーの鍵を落としたからっっ。
店長が合鍵を持ってたから良かったけど
中身が盗まれるのと鍵を落とすのとどちらが被害が大きいか・・・。
でも盗まれると精神的ダメージが大きいかもね。

また話がそれてしまいました。ごめんなさい。
2007/03/31(土) 05:15:13 | URL | kleeblatter [ 編集]
klee♪
多分ほぼ間違いなくそういうことだったと思う。
社会的弱者の立場の人から盗むなんて・・。もう終わりだよね。

どこで誰が何をするか・・そうだよ~ロッカーの鍵、かけようねっ!
鍵無くしても開ける方法はあるはずよ~。

以前スーパーで働いてたときも盗難が多くてさ。
「盗んだ人へ やっと入った給料を銀行から下ろして
鍵かけ忘れた自分が悪いけど一生懸命働いて
手に入れたお金、今どんなに困っているか
あなたにはわかりますか?・・
人の心があるなら返してください・・」っていう風に
ロッカーのドアに張り紙がしてあったことあった!
どうなったか不明だけども、後の祭りじゃ~(+。+)
2007/04/01(日) 06:09:34 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。