日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれから6年経ちました
早いものでスイスからイギリスに移住して6年が経とうとしている。

スイス・バーゼルから家財道具一式でもないけれどバンに積み込んで
フランスの高速道路を北上して途中で一泊した後港町カレーから
フェリーでドーバー海峡を渡って英国入りした。
ヨーロッパ大陸内の国同士だったら陸続きだし休暇でイタリアや
ちょっと長旅だったけどスペインまで車で行ったりフランスやドイツは
国境越えてすぐだったから週末とか散歩に出かけていたので近場なら
「外国」っていう意識はあまりなかったが、イギリスは海を越えてしか
行けない島国。
スイスも永世中立国でヨーロッパの真ん中に位置しながらも何となく
島国みたいなところもあるけれども。

この時のことは今でも思い出すとドキドキする。
文字通り、新境地を求めて、ゼロからのスタート!って感じだった。
いろいろあったなぁ。それまでも、それからも。
ちょっと当時を振り返ってみたくなりました。
多分何篇か続く、予定です(^^;
お付き合いいただけたら嬉しいです・・



当時を振り返って避けて通れないのは犬連れで入国したこと。
犬を連れての引越しということで、検疫とか陸続きの国ならば手続きも
あってないようなものだったのかもしれないが、イギリスは違った。
移住を考えている頃にEUの影響かついにペット輸入の際の検疫免除制度
(PETS)が導入されたのはラッキーだった。
それまでは検疫所に何ヶ月も入れるのが可哀相だということで引越しには
踏み切れずにいたのだ。まあ、その他にも踏み切れない理由はあったけど。

マイクロチップ、血液検査や狂犬病の予防接種証明書など
あれこれ準備するのは引越しの準備よりかなり前に始めなくてはならず
大変だった。
英国環境食料農林省(長い!)の公式サイトから情報を得たんだけど
もちろん全部英語だし、当時は今ほど英語に慣れてなかったので苦労した。
スイスのかかりつけの獣医さんも制度が導入されてまもなくのことで
近隣国ではないイギリスの制度だし殆ど知識がない状態。
私たちがネットでイギリスやスイスの関係機関サイトから必要書類を
ダウンロードしてこの証明書にはこう書いてくださいみたいに指導(?)して
準備にあたった。
いや~イギリスってほんと島国だねって何度笑われたことか。
時代遅れともいえる証明書類を要求してそれを「画期的システム」と
思っている、言ってしまうと「遅れてる」国に移住しようとしているなんて、と
欧州の中でもかなり「進んでる」スイスにいた私は可笑しくなったけど
滞りなく入国を成功させるために不可欠な書類だったから真剣だった。
ここではPETSのことにはあえて細かくふれないが、あれ以来もっと
手続きが簡略化されていることを願うが、無理かな。

フランスでフェリー搭乗前にコスモの首のマイクロチップを読み取るとき
係の人が何度やっても読み取れないで、冷や汗ものだった。
夫が代わりにやったら一発でOK!係の人も慣れてなかったんだろう。

ドーバー(イギリス)に着いてから車でフェリーを降りて車のまま入国審査の後
出口まであともう少し、というところでペット用の入国審査プラス最終的な
書類確認のため止められた。
これさえ終われば、これでOKならって大丈夫だとは思っても、非常に緊張したのを思い出す(苦笑)
イギリス受け入れ側も良くわかってないおニューな制度だったから
係の人によっては、えっと、これは~?みたいによくわかってないのがありありで
こっちとしては頼むから変な解釈してダメだししないでくれよ~っていう感じだった。

無事審査が済み、バンのチェック(不法移民防止のため中を調べられる。
運転席もしっかりチェックされた。)も終わって晴れてドーバーの町に出たとき
とっても不思議な気分だった。
目標達成したのと同時に何もかもこれからが始まり、白紙状態、という
二つの異なる次元が一緒くたになっているような。
ただ単に旅の疲れもあったのか。
海岸に面した公園でコスモのトイレ休憩をしながら大泣きしたっけ。
不安なんてなかったけど。とりあえず全員無事入国出来て良かった
という安堵感からだったと思う。



ドーバー・イミグレのスタンプ。ここからすべてがはじまった~なんて、ね。


 
PETSについて怠け者のため説明もしなくてごめんなさい。
PETS(Pets Travel Scheme)の公式サイト
http://www.defra.gov.uk/animalh/quarantine/pets/index.htm

英国大使館サイト「日本から英国へのペットの持ち込み」
http://www.uknow.or.jp/be/visa/travel/pet/

コメント
この記事へのコメント
大変だったねー
日本も今は動物検疫がすごく簡単になって
2、3年前までは1週間空港で足止めだったけど
今は数時間で済むらしいよ。

国を超えてのお引越しは大変でしたねー。
何も無くて良かった!
イギリスって入国厳しいもんねー。
なのに不法入国、不法滞在があるのは
どこかですり抜けてる人が居るんだよねー。
2007/03/31(土) 05:19:42 | URL | kleeblaetter [ 編集]
klee♪♪
ふーん、イギリスの制度みたいのが
日本にも出来たのかな。いいことだ!

引越し、今思えばちょっとした冒険、だったかなぁ。
フランスで昔車上荒しにあった苦い経験があったから
一日半の移動中神経ピリピリで警戒したよ(苦笑)

フランスのカレーで不法入国しようと闇に塗れて
走行中の英国トラックの荷台に忍び込もうとしている様子を
ついこないだもテレビで見た!
2007/04/01(日) 06:24:40 | URL | stipa [ 編集]
そうなんだぁ
国境を越えての引越し・・・犬連れの引越しって難しいんだね。
知らなかったぁ。
人間だけでも、ややこしそうなのに(^^;)

前回記事、読んだよ。
盗難事件かぁ。
そういうのって、嫌な気分になるよね。
私の会社でも、昔、何回かあったよ。
携帯がなくなったり、お財布がなくなったり。
内部の人じゃないだろうって思っても、疑ってしまう自分が嫌になっちゃう。
あ、そういえば、私、高校の時に、財布とられた事あった!
友達からは、きっとあの人だよって、容疑者はわかってたけど、やっぱり証拠がない。
結局、その後も出てこなかったなぁ。
だいたい、人のもの取るって気持ちがわかんないね!
きっと、いい死に方しないよ!そいつ(`ヘ´)
2007/04/02(月) 23:18:31 | URL | sakura [ 編集]
sakuraちゃん
ヨーロッパ「大陸」の中の国に引越しだったら
どうだったかな~と思うけどね。
イギリスは島国なとこは島国だよ~(-。-)

盗難事件、結局未解決。ま、わかってたけどね。
一度でも一緒に働いた人を疑うのは最初は抵抗あったけど
疑われても仕方ないようなことしてるしさぁ。
自分がやりましたって言ってるようなもんじゃない~?
いい死に方しない、か。多分ねぇ。若いのにこれから
どうするんだか。あーイヤな事件だった!

2007/04/04(水) 22:54:34 | URL | stipa [ 編集]
そりゃ~
入国された時はほっとしましたよね。
コスモちゃんだけが何かの手違いで入国できないなんてなったら大変だったもの。
島国日本もだいぶ簡略化されたとはいて、やっぱ大変そうですよ。しかもネコは以前から簡単に入れたそうですが、何でネコと犬は違うんだ~って感じです。
ネコだって狂犬病になるのにね。
2007/04/07(土) 00:27:41 | URL | bonbon [ 編集]
まとめ読み~
ご無沙汰していました。

今日は時間があったので、先月からの日記をまとめ読みさせていただきました。
いつも カメのようでごめんなさいね。

やはり入国のための審査って大変なのですね。そして6年・・・・
いろいろ有った6年間でしょうね。
やさしい料理上手なご主人と大変だけど誇れるお仕事を持っていらっしゃる。

これからも頑張って!
2007/04/07(土) 15:10:32 | URL | pompom [ 編集]
おつかれさーん!
と、海岸の公園で大泣きしたstipaに言いたい!
ワタシ手続きってニガテだからちんぷんかんぷんだけど、大変だったね!
動物の移住も今は時間がかからなくなって来てるんだねー。
飼い主さんは入国出国できたけど、ワンコだけ何ヶ月も足止め、って聞いたことあるよ。それはかわいそうだもんね。
晴れて三人揃って入国できてよかった!
冒険、というか、開拓というか、ワクワクする~!是非続きお願いね♪
ドーバーで固まった三人の絆だったのね^^
2007/04/07(土) 21:28:13 | URL | miki [ 編集]
bonbonさん
スイスの獣医さんも??な手続きだったので
ミスがないかどうか心配だったから余計ほっとしましたよ~。
ネコと犬とで違うんだ~意外です。
ネコも狂犬病に!!初めて知りました。ならばなおさら不公平だっ!
2007/04/12(木) 00:22:35 | URL | stipa [ 編集]
pompomさん
こんにちは!
ふと気がつけば6年・・はやいなぁ。
スイス脱出を夢見ていたころが遠い昔に感じられます。
怠け者だった私に仕事が見つかってよかったです(^-^;
まとめ読みしてくださったとのこと、すごく嬉しいです~
ありがとうございます♪

2007/04/12(木) 00:34:39 | URL | stipa [ 編集]
mikiちゃん
ありがとう~あんときゃほんと、大変だったわよ(^。^)
車で、フェリーでイギリスを出てフランスやスペインに休暇
っていう時にもペットのわんやにゃんは気軽に
一緒に連れていけなくて・・ってかなり長い間
問題になっていたんだろうなぁ。ペット用のパスポートも
あるみたいだし、素晴らしい~!

続き(いつだろうぅぅ(¨* )?)お楽しみにねん♪



2007/04/12(木) 00:46:53 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。