日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
payday
23日。
カラカラ空!な私の懐を潤す日がやってきた。
給料日♪ 何はともあれ、やはり嬉しい日だ。

買い物好きな訳でも浪費家でもないけれど、お財布事情のキビしさは毎月のこと。
ロンドン物価高いし。住民税とか税金も高い。
4月から雇用先の福祉団体も新年度に入りサポートワーカーの給料が
インフレ率よりもちょっぴり高めに上がった。
上がったはいいけれどしがないサポートワーカー職、薄給には違いない。
ふと自分の給料は日本円にしたらいくらなのかすご~く気になった。
日本を離れて何年も経つのに私の金銭感覚においての日本円の説得力は
いまだ揺らいでないのが不思議。
さっそくレート換算サイトに吹っ飛んで確認したら税金引かれる前の
日本円額を見て、え?・・・・そんなに悪くないじゃん!
ポンドで見るとたいした事ないのに円で見るとそれほど嘆くほどの金額でもないような。
イギリスの法で定められた最低賃金はただ今時給5ポンドちょっと(約1200円)。
日本よりか高いのは知っているがそれはやはり生活コストも高いから・・という解釈で
良いのかそれともEUで決められているのか、よくわからないが。
日本でもし今これだけの収入でどんな仕事でどんな所に住んでどんな買い物をして
休日には何をして・・と、しばしそんなことに思いをめぐらせたのだった。
あんまり意味ないけど(苦笑)

生活の基盤が日本でないのにいつまでも円でいくらだろう?と
思うのはいい加減やめようかな。
でもたぶん、止められないだろう。スイスフランはさすがに思わなくなったが・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。