日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dubrovnikへの旅


ブログ休憩前の4月終わりに私の誕生日祝いも兼ねて 
クロアチアのDubrovnik ドブロブニクに小旅行してきた。

中世そのままの面影を残す街並みが世界遺産になっている
アドリア海の真珠とも呼ばれる海辺の街。
ロンドン・ガトウィックからドブロブニクへ直行便が出ている。
バーミンガムその他の地方都市から直行便があることからも
イギリス人のあいだで今一番行ってみたいヨーロッパの街、と何処かで
読んだのが頷ける。
いつものように下調べもあまりせず、ぶらりと旅立った。

滞在したのはドブロブニクの街中ではなくてドブロブニクの港からフェリーで
30分のKolocep コロチェップという小さな島。
中世の街とはまたうってかわってののんびりアイランド・ライフは
次回にご紹介することにして、今日はドブロブニク市内観光の模様から。



旧市街がぐるりと高い市壁で囲まれていて大通りや横道はすべて石畳。
照り返しが強かったんだか密集した構造のためか、海辺にあるのに
街中はとても暑かった気がした。


 



気候はサブ・トロピカルらしくてオレンジやレモン、びわの木、旧市街の外には
椰子の木も沢山。
石に囲まれた土の地面のない街だけれど、玄関先やベランダ、屋上には
沢山の鉢植え。 
限られたスペースいっぱいに緑が広がっていた。

こんな路地がいくつも。


鉢植えのアレンジの仕方とかセンスがとっても良くて思わずうっとり。
街のつくりは大通りが一番低い位置にあってそこから路地が
市壁に向かって伸びている。

中心部の通り以外は狭い通りで階段が多い。
夏暑いときはこれはきついだろうな。





洗濯物も絵になる風景。




クロアチアは海辺だったら魚料理、と聞いていたので滞在中は
私中心にお魚料理三昧。
シンプルにグリルされたお魚、新鮮で美味しかったが旦那は一度失敗!
英語のメニューで「fried small fish(小さい魚のフライ)」となってたので
小魚のフィレのフライだと思ってオーダーしたら、煮干の大きさくらいの
丸ごと小魚がお皿一杯たっくさんから揚げになって出てきたのには
思わず私も引いてしまった(苦笑)
お魚は丸ごと頭から食べられない夫はそのボリュームだけでよく言えば
お腹いっぱい(苦笑)で結局一匹も食べられず。
オーダーするときにどんなお魚がどんな風に・・って確かめるべきだった。
ちなみに言葉の面では何の不自由もなかった。観光に携わっている地元の人は
お年召していても英語で片言が出来る、とかじゃなくて
ひととおり会話が成り立っていたのにはとっても感心した。
ドイツ語もかなり通用するようだった。

あと、食べ物関係でぜったいおすすめはアイスクリーム。
イタリアのジェラッティに匹敵する美味しさ。
海向こうの国イタリアの影響でパスタ、ピザのお店もいろいろある。
こちらは一軒試しただけだけどイマイチだったかな。

最終日に街を取り囲む市外壁をぐるりと回った。
ドブロブニクがさらに立体的に楽しめて面白かった。
高い壁の上を通るので高所がダメなひとにはちょっと無理かも。
私も高いところは得意じゃないからところどころ足が震えた~。
でもって中世の市壁のつくりで塀の高さが異様に低い場所が多くて
恰幅の良いおじさん、おばさん(多数!)とすれ違うときには塀が高い側を
通るようにして気をつけた。もし低い側を歩いていてぼよよ~んと押されて
バランス失ったらはい、それまでだ(笑)
リュック背負っている人も多くて写真撮るために途中で立ち止まってたりは
仕方ないけど撮るのに夢中ですれ違いざまぶわっと振り向かれたら
荷物にあたってそのまま・・ってこともあるな、と恐ろしい想像に悩まされもした。

建物の3階くらいの高さはある壁の上でいともリラックスして下を見ている
夫を撮ろうと手に汗握った私。下なんて見れない。当然構図は上向き(苦笑)
Do not look down

塀が低いでしょ?私相当乗り出してなかったかしら、なんて
思っただけでもう、ぞわ~っとする・・・





海側の壁の上から外を見たらすぐ下の海で泳いでいる若者たちが。
いいなぁ。足の立たないところでは泳げない私には絶対出来ないけど。
泳ぐ若者衆





上から覗けてしまって何か気まずかったけどみんなどのお家も
お庭が南国してて素敵だった。






陸側の市壁から反対側(海側)の市壁。その右奥には要塞のひとつ。






裏通りを散策中、ちょうど休日のお昼時だったので家族みんなで楽しく
お昼ごはんと言う感じの様子が壁越しに聞こえてきた。
まるで映画のセットのような街の中の暮らし・・実際の生活はどんななんだろうと
ふと足を止めて思った。






英語の観光サイトに載っていた市壁の外の崖の上に作られたカフェ
(といっても冷たいドリンクのみだけど)に行ってみた。
迷路のような路地を抜けて壁を通り抜けてやっとたどり着いたら
なんともいえない開放感。



海は広いな、大きいな、を実感。向こうはすぐにイタリアだけど(笑)
ここもまた高所がダメな私にはチャレンジだった(苦笑)
足元はこんな感じ。写真だと分からないけどマジで崖っぷち・・。






Dubrovnik。
滞在が短かったため(着いた日数時間と半日1回、帰る日数時間)
細かく全部は見て回れなかったが小さな街だし雰囲気は分かったかな。
何処をとっても絵になる美しい街だった。


 


日本からツアーで来たと思われるおじいちゃんおばあちゃんの団体を
見かけて、まだまだヨーロッパ外ならマイナーな場所と思っていたのに
流石は日本、目敏い!!と感心。



最後は動画。壁の上からぐるりとパノラミックに撮ってみた。手ぶれ失礼!









では次回は滞在したコロチェップ島のようすをご紹介♪
コメント
この記事へのコメント
クロアチア!
かなり遅いけど誕生日おめでとう!

クロアチア、まさに中世のヨーロッパそのまんま、
そこだけ時間が止まっているような!

あぁ~ヨーロッパ旅行なんて夢の夢っす!
最近、遠出しておらんな~!!
2007/05/31(木) 23:13:07 | URL | かとー [ 編集]
ステキ♪
クロアチアのドブロブニク、ここは私も一度は訪ねてみたいと思っている場所です~^^。
テレビで紹介されていたのを見て、心奪われましたv-10
内戦があって、大変な国だったのよね。
今は、こんなに穏やかで美しく♪
画像から、十分伝わってきましたよ、素晴らしさが。
いい旅ができて良かったね^^。

私、実は6日からクロアチアの近くまで行くの~。
この記事は(帰国したら)アップしちゃうかもね。(笑)
i-113
またねー♪
2007/06/01(金) 08:35:39 | URL | matildaq [ 編集]
かとーさん
誕生日・・ありがとうございます!
お、王手がかかりましたぁっ(ーー;)

シーズン前だったのでのんびりしていて
静かで良かったです。
日本からだと直行便もないし、ちと大変ですねぇ・・そのうち是非~♪
2007/06/02(土) 06:40:25 | URL | stipa [ 編集]
待ってました!
ブログお休みって言ってたから
クロアチア旅行記も無しなのかなーと思ってたので
とっても嬉しいです!

私も後2週間でクロアチア!
ドブロブニクはあまりにも南すぎて、行けないかもねー
と言ってますが、道路、交通状況によっては行けるかもね!
とも言ってるので
Stipaさんの写真を見て何とか頑張って行きたいなーと
強く思いました!
お天気にも恵まれたようですね!
いいな~~~
2007/06/02(土) 06:46:04 | URL | kleeblaetter [ 編集]
matildaしゃん
市壁で囲まれた中世の街並み、ということで
ドイツのロマンチック街道のローテンブルグと
ちょっと似てるかなと思いました。
20年もしない前に内戦があったんだなんて
街並みからは信じられないくらい整然としていましたよ。

クロアチアの近く・・何処だろう~??
きゃぁ~っ是非是非ぜひっ!
Upしてください!
おぉ、もうすぐ出発ではないですか!ドキドキわくわく♪
どうぞ良いご旅行を(⌒∇⌒)ノ
2007/06/02(土) 07:09:56 | URL | stipa [ 編集]
klee♪
いいな、いよいよあと2週間何だねっ♪
そうか、車で行くんだったよね。
ドイツからだと陸続きでいろんな国に行けるから良いね。
海綺麗だったよ~南部なら天気良ければ泳げるから
水着忘れずにねん(^-^)V
2007/06/02(土) 07:17:02 | URL | stipa [ 編集]
素敵な風景ですね
私も高所恐怖症だけど
高いところから見る風景はかくべつよね
遠いところと思っていたけど
こうやって写真やら説明やらを見聞きすると
なんか身近に感じる
本当にどこもかしこも絵になりますね~
階段の路地なんか
住んでいる人には大変でしょうけど
みていてあきないし
洗濯物の干し方って国によって違うよね~
こういう生活観のある風景も魅力的!
またヨーロッパに行きたくなりました
といっても
語学の出来ない身としては
お仕着せツアーパックしか選択の余地はないんだけど
2007/06/03(日) 12:50:34 | URL | katasumi [ 編集]
katasumiさん♪
街並みはヨーロッパだけれど植物などは
南国の香りいっぱいでそこが新鮮に感じました。
のんびりとシーズンオフに行くことが出来たら是非!
日本からの団体さん、みんなそれぞれイヤホン付けてて
ガイドさんはハンズフリーのマイクでひそひそ小声で案内。
へーと思いました!他の国のガイドツアーはみんな大声で
うるさかった説明してたのがとても対照的でした(^m^ )
2007/06/03(日) 19:39:06 | URL | stipa [ 編集]
また来ちゃった^^
先程アテネに着きました。
こちらでも書き込みできる~と感激して早速(夫のPCで)。10日にローマに移動します!またねーv-222
2007/06/07(木) 08:45:04 | URL | matilda [ 編集]
matildaしゃん
おお!もうローマ入りされたんですね~!
そっかギリシャとイタリアかぁ~いいな♪
他の国にも行かれるのでしょうか??興味深々であります!
旅先からどうもありがとう~(⌒∇⌒)ノ
2007/06/11(月) 07:51:34 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。