日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dubrovnikへの旅2




旅行中滞在したのはドブロブニクの港GruzからElafitiエラフィティ諸島を
結ぶフェリーで30分のKoločep コロチェップ。人口150人。
クロアチア最南端に位置する年間250日は晴れというサブトロピカルな島。




一軒だけあるホテルに泊まった。
シーズンオフだったためレストランはホテルのレストランのみ。
カフェは入り江の向こう側にある一軒のみ。売店はカフェの隣の一軒のみ
(シーズン中はレストラン、カフェ共もう一軒ずつオープンするらしい)。
ただただのんびりと静かに海を眺めたり島をあてもなく散策して
過ごしたかったから希望が適って大満足。
ホテル滞在客も私たちの他には1,2家族いた程度だったのもとっても良かった。



島の地図の看板。Hとあるのが泊まったホテル。


主要ルートしか載ってないんじゃないかと、ホテルでもっと詳しい地図がないか
と思って訊いたら同じのをくれた(笑)。



島には車がない。自転車も借りられるらしいが急な坂道が多かったりで
あまり相応しくないし第一30分も歩けば島の反対側に着いてしまうから
島内は徒歩で充分だった。
車の音がしないって贅沢だ。
聞こえるのは鳥のさえずりと魚釣りに出る地元民のボートの音、一日何便かの
フェリーの音、そしてそのフェリーからの荷物(主にホテルまで)を運ぶカートの音。
あと、日中数回突然に何の前触れもなく島中に響き渡るロバのいななき(笑)。
今にも気絶しそうな大絶叫に夫とお腹を抱えて笑った笑った。




ホテルの部屋からの景色。向こうに見えている山々は本土。ほんとに近い。



向こう側にあるカフェから地元のおじさんたちの笑い声がかすかに
聞こえてきたりのどかなもんだった。
海も波が殆どなくて湖のように静かだった。
カフェの隣が郵便局でその横に島唯一の売店。
郵便局以外はみな決まった営業時間はあるのか?という営業体制。
ホテルの部屋から見てカフェは外の席に人が座っていれば
お、開いてるなって分かるからいいが売店は建物は見えるけど
入口がちょうど見えない位置にあったのでちょっとお菓子とか買いに行こう
っていう時にはわざわざプロムナードを歩いていって閉まっていたら
いやだからと旦那、ホテルの部屋からじっと目を凝らして入口に人の出入りが
あるかどうか確かめようと頑張ったはいいけれど閑散とした島の日常ゆえ
出入りがあるまで相当待たなければならないことに気づき、仕方なく
トコトコ出かけていったらえ~ん閉まってたよ、ってことを何回も繰り返していた(苦笑)。



島の反対側の風景。



写真には撮らなかったが浜辺には沢山の銃弾の跡がそのままに
残されている廃墟があった。91年の内戦の時のものだったんだろうか。
現在の島は平和そのもの。そういえば警察署も交番もなかった。



オレンジやレモンの木に囲まれた家。眺め良し。

テラスに双眼鏡。何を見ているのだろう。


地元のおじいさんがひとり、海で泳いでいた。
ひとしきり泳ぐのが日課らしく浜から一直線に海に向かって泳いで
しばらくするとまた一直線に戻ってきて、水から上がってタオル持って
そのまままた自宅へ。なんて羨ましい・・・








一日が長かった。そんなに精力的に観光観光、ということもせずに
とにかくのんびりとが目的だったせいか4泊5日だったけれどもっと
長く居たような気がする。時間が経つのが妙に遅く感じられた。
カフェに座って前の海に泳いでいる魚を観察したり、トカゲにびびりながらも
島をあちこち散歩したり。




二つの集落を結ぶ道はこんな感じ。

トカゲが沢山いて昔子供の頃父親の仕事の関係で住んだ沼津を思い出した。




ちょっと山に入るとすぐに崖っぷち沿いの道。

Honeysuckle(スイカズラ)が咲いていて綺麗だったけど崖は怖い~。





灯台。








生まれて初めて見た海の色。


これが本当の「水色」なのか。幾度見ても息を呑んだ、というか呼吸を忘れた。
それと、いつでもどこでもふと海を見れば小魚が沢山泳いでいて
慣れるまでちょっと不思議だった。





ちょっと泳ぎに、行く?かなり急だから気をつけて。







泊まったホテルは雰囲気は普通だったが部屋はお掃除も行き届いて
綺麗だったしスタッフも親切でなかなかよかった。
ベッド数何と300。たとえ満員にならなくてもシーズンピーク時は
島人口をゆうに上回る観光客で賑わってのんびり島散策、というわけ
にはいかないみたい。
観光ビジネスは島の人にとっても大事だろうけど夏はさぞかし騒がしい
だろうな、と思ったら何だかとってもフクザツ。
ホテルのレストランのウエイターのおじさん、いかにも田舎のおっさんという
感じだったが英語、ドイツ語使いこなして頑張っていた。
食事サービスの時間になると村から降りてきて横道からプロムナードに
制服の赤いジャケットでさっそうと登場して徒歩通勤。
苛々とバスを待つこともギュウギュウの電車に揺られることもないんだ~
なんて。

ホテル・コロチェップのHPはこちら(英語)。
http://www.kolocep.com/






フェリーは観光用かと思ったらエラフィティ諸島に住むひとびとの交通手段として
通勤や買い物によく利用されているようだった。片道ドブロブニクまで13クーナ(約290円)。
船上にはバーがあって、夜8時の最終便に何回か乗ったら地元のひと顔見知り同士
みんなで一緒に飲んで盛り上がっていた。
シーズンオフのため水上タクシーもなくてフェリーの本数も少なめだったが
あらかじめいつドブロブニク観光をするか決めておいたので足止めを食らう、
というようなこともなく過ごせた。






島滞在中何度も通った唯一のカフェ。



コーヒー美味しかった~!


海向こうのイタリアの影響か、コーヒーはどこのも正統派エスプレッソ。



ここのカフェ、常連の猫がいてシャイなためバッチリ写真は撮れなかったが
島を発つ日にフェリーを待っていた時にかなり接近。
ボート調べをしているシャイな島にゃん。





お別れを言おうと傍まで行ったらそのままついてきて、ベンチにちょこんと
一緒に座ってくれた。
毛がボロボロだけどなかなかチャーミングな島にゃん、いつまでも元気でね。






島じゅうに咲いていたトべラ(Pittosporum tobira)の花。




ジャスミンのような艶のある独特な香りが忘れられない。
英国でも手に入るようなので、今度ガーデンセンターで探してみようかと思っている。






何か相変わらずまとまりがないまま、これにてドブロブニク・コロチェップ
旅行記はお終い~。1と2と随分間が開いてしまってスミマセンデシタ!


コメント
この記事へのコメント
なんじゃこりゃ~~~~!!
ひぃ~~~えぇ~~~!なんじゃこりゃぁ~~!なんて綺麗なのぉ~~!普通にこういう場所へ『ちょっと行ってきましたよ』と出来ちゃうところが、ちびっちゃう程うらやましいぃ~~!!日本じゃなぁ~絶対あり得ないもんなぁ~’(涙) ちきじょ~!アタシもどっか連れてけぇ~と旦那に言いたい。。。。。(大泣) たぶん。。。連れてかれるのは秋葉原のオタク街だと思うが。。。(苦笑)
2007/06/11(月) 21:00:06 | URL | KEIKO. [ 編集]
KEIKO.さん
>ちびっちゃう程・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは
日本からだと、確かにクロアチアは遠いねぇ。
ちなみにフライトは2時間半デシタ。

秋葉原、メインストリートの辺りしか
歩いたことない~。オタク街を極めるのも面白そうではある!・・よね??
2007/06/13(水) 01:23:29 | URL | stipa [ 編集]
こんな景色を眺めながら
ゆったりとコーヒーを飲むカップル
時々見つめあってはニッコリ♪
なんか映画のワンシーンみたいではありませんか
水が本当に綺麗で
何色かって決めるのが難しいような

2007/06/13(水) 18:40:34 | URL | katasumi [ 編集]
おひさしぶりです!
クロアチアに行かれてたんですね~。
私も3年前、夫に無理矢理連れて行かれたのですが、行ってみたらその魅力にすっかりはまってしまいました。観光地化していないし素敵な場所がいっぱいありますよね。私たちは北から点々と下って行って結局ドブロブニクまではたどり着けなかったのですが、それでも充分満喫しました。stipaさんはほかの都市も行かれましたか?続きもまだあるのかな・・・楽しみにしていますね♪
2007/06/13(水) 18:42:54 | URL | kay [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/13(水) 18:44:38 | | [ 編集]
katasumiさん
海、ほんとにほんとに綺麗でしたよ。
あまりに水色で写真加工してあるみたいだけれど
そのまんまの色です。
これからもずっと変わらないでいてほしい・・
未知の国に行くのってなかなか勇気いるけど
今回は大成功でした!
2007/06/14(木) 23:12:24 | URL | stipa [ 編集]
kayさん
お久しぶりです♪
旦那さんに無理やり(^m^ )
確かに、知らない国に行くのって躊躇しますよね。
私たちはドブロブニクに直接飛んだだけで
他の地域は残念ながら行ってません。
そのうち是非また訪れたいと思ってます。

kayさん、睡眠不足、早く解消されるといいですね!
頑張ってくださ~い(*^o^*)ノ
2007/06/14(木) 23:22:24 | URL | stipa [ 編集]
懐かしい♪
去年行きました♪
いいですよね。クロアチアv-238
海の青さや空とのコントラストに
感激した風景が蘇ります!!
2007/06/16(土) 09:28:48 | URL | priya [ 編集]
ご無沙汰してました、日本から戻ってきました。
クロアチア、人気ですね。我が家も今年はどこかでヴァケーションしたいと思っているので、クロアチアも視野に入れたいと思います。
2007/06/19(火) 00:34:10 | URL | ふろっしゅより [ 編集]
priyaさん
クロアチアに行こうかって決めたのは
priyaさんの記事のお陰でもあるんですよ~。
海、信じられない青さにうわ~すご~いを連発してました!
また絶対行きたいです♪
2007/06/21(木) 06:34:02 | URL | stipa [ 編集]
ふろっしゅさん
お久しぶりです!お帰りなさいませ♪
そうそう、ドイツ人にもとっても人気があるみたいですね。
休暇候補に是非!私からも一票~(笑)
そういえば紙幣デザインドイツの会社作でした。
旧市街の外の新興地の街並みなどどことなく
ドイツをお手本にしているのかなという印象を受けましたe-250
2007/06/21(木) 06:59:36 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。