日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近仕事が楽しくない。
最近仕事が楽しくない。
始めてから1年半以上たってやるべきことは全てやっているし 
目をつぶっても大丈夫なくらい慣れた仕事内容で
そろそろ次のチャレンジが欲しくなってきたこともあるけれど。
サービスユーザーさんたちに対してどうこうというのではない。
彼らのことだけ考えて仕事が出来れば随分違うと思う。
問題は、一緒に働いているスタッフ。
お局問題のときによく出てきたパーマネント(正社員)スタッフの
AさんとTちゃんは別。
ふたりだけと仕事出来るならどんなにいいか・・。
バンク(Bank staff、 パートタイムスタッフのこと)エージェンシー
(Agency staff、派遣スタッフ)に、言ってしまえば怠け者が多いこと多いこと!
仕事始めてすぐに気がついたことだけど、最近はそういう人たちの怠けを
カバーすること、目の当たりにすることにうんざりしてきた。
サポートワークって、食事や身の回りの世話など介護、ケアする部分が多い。
家事も多いが、しかし。家事だけやっていればいいってもんじゃないんだぞ~。
昔はこの職種、Support workerサポートワーカーではなくてCarerケアラー(ケアする人)
だったそうだけど、障害者サポートのあり方が1990年以降ぐんと変わって
生活のケアというよりは、サポートに重点をおくようになったので呼び方も
変わったんだと思う。

チームの構成は私たちパーマネント3人(お局の後釜シニアは
他に仕事が見つかったのでちょっと前にめでたく退職)と、バンクだけれど
フルタイムのJとほかにバンク、派遣、一日4,5人のスタッフ構成。
常勤のスタッフ4人だけではカバーできない部分を補うためにバンクスタッフや
バンクが誰も空いていない場合は派遣を使う。
シフトに空きがある場合まず団体に登録しているバンクスタッフ数名に当たってみて
その人たちがカバーできないようなら派遣会社に頼むのだけど
出来るならバンクスタッフはパスしてすぐ派遣を頼みたいくらい
団体のバンクスタッフはハズレが多いのだ。
多分ケアラーと呼ばれていた頃のスタンダードをそのまま引きずって
やるべきことは料理、洗濯、下の世話、だけだと思っているような人ばかりで困る。
いかに楽をして稼ぐか、しか頭にないようなひともいる。
ずばり、教養あってちゃんと人の話を聞ける人があまりいないのもいけない。
ようするにサポートワークはいろいろ上からの要望はあっても所詮資格もなにも
なくても出来てしまう仕事だし、お給料はそんなに良くはないがそれでも
レジ打ちとかの仕事よりは良いのでお国への仕送りのために
めいっぱい働いているお金目当ての移民がスタッフのうち
大半を占める現実。
マネジメント側も基準を厳しくしたらただでさえ人手不足な状況を
助長するだけだから見てみぬふり、までいかないが最低限の教育、注意しかしない。
料理好き、したがって食べること大好きなBig lady達。日本ではまず見ないサイズ。
さっそうと二階に上がって行くかどうかで彼女たちのアジリティー
チェックをしている私(苦笑)。
普通な体型のひとはてきぱきと動いているのに、Big ladyたちは
極少数をのぞいて何をするにも悪いけどトロイ。
ちょっと暇があればテレビ見てるしぃっ!
んでもって掃除とかすごくいい加減でいつも後からまた掃除している私。
怖いのはサービスユーザーさんの食事の量もたんまりとお皿にもって
おいおい、貴女用じゃないのよって言いたくなる。
世話の仕方も何か雑。イギリス、ヨーロッパのひとだって日本のレベル
からしたらアバウトだけど、もうかなりラインすれすれ雑・・。ため息でちゃう。

いまのところの結論。
旦那に話をすると「差別発言だ!」って言われてしまうけれど
スタッフのお国柄もサポートの質にすごく関わってくると思う。
この仕事を始めてから公平に先入観は持たずにひとりひとり個々の人間として
接しようと心がけては来たけど・・。
現実はキビシイ。


この問題以外にもごたごたがあったせいもあって
最近仕事morale低めな私。
何だかイギリス福祉現場暴露みたい?多分続きます。
コメント
この記事へのコメント
むずかしいですね。
日本でも介護現場は賃金が低く抑えられてしまって 優秀な若い正スタッフがどんどんやめていくのが現状だそうです。

とても配偶者を持てないくらいの低賃金なので、志をもって働いた人でも20代後半になると続けられなくなるそうです。

義母が認知症になり、週2~3回ホームヘルパーさんを お願いしています。 

ほとんど義母の話し相手と散歩の介助だけなのですが、時間前に帰ってしまったり 気が回らなかったりと 不満はありますが、文句を言えないのが現状です。

お金と人との関係って本当にむずかしいです。
2007/07/09(月) 22:10:31 | URL | pompom [ 編集]
同感
私の仕事の内容とは比べ物にはならないけど
私も自分の仕事の内容はともかく、
他の同僚の仕事の仕方に呆れて
特に私たちが休暇中にかなり適当にされていたのを目の当たりにして
何でこんなに自分だけ??って嫌になっているところです。
手を抜こうと思えば簡単に抜けるけど
だからって他の人がちゃんとしてくれるわけじゃないし
手を抜いてる自分が嫌だし
でもだからってそれだけ頑張ってるのをどれだけの人が分かってるのか・・・。
みんながしっかり仕事すればお互い楽になるのに・・・。

些細な事だけど、
売場の床に落ちている香水を試すテスター紙を拾ったら
床に落ちているモノを手で拾うなんて信じられない!って同僚に言われて、
それが落ちてるのに平気顔をしている方が信じられないと思った。
一日に一度しか来ないお掃除の人が来るまでそのままなの?
(そのお掃除もかなり適当なんだけど)
ショーケースの上もホコリだらけ。
私以外にショーケースの上を掃除してるのは
きっと大勢居る同僚の中ひとりぐらい。
座ってレジ打って適当に接客してればいいと思ってる同僚が
とても許せない!

スイマセン、今日は特に腹が立ってたもんで・・・。



2007/07/10(火) 08:32:15 | URL | kleeblaetter [ 編集]
pompomさん
日本のホームヘルパーさんのお仕事も
見た目は役割がはっきりしていそうですが
実際はもっと奥が深いのだろうな。
クライアントさん側にとっては「選り好み出来ない」
状況なのでしょうか。
お義母様のヘルパーさん毎回同じ人なのかわかりませんが
誰のための介護なのか基本がしっかりわかっている人なら
問題も起こりにくいと思うのですがその人その人の良心
や常識に掛かっている部分もあるし・・難しいですね。

介護の仕事(Care assistant ケアアシスタントと言います)
スタートの給料はこちらでもかなり低めですが日本よりは
まだ良いのか知識がないのでわかりませんが。
私の仕事は一応介護だけではない、ということでその分上乗せ
されているようですが英国の平均年収にはとても届きません(>_<;)
職種も日本に全く同じなものがないためか叔母に何度説明しても
いまだに「患者さんたちはお元気?」とか訊かれます(苦笑)
2007/07/13(金) 20:43:02 | URL | stipa [ 編集]
klee♪
うーん、またまた、お疲れ様・・
周りの同僚の仕事振りまでコントロール出来ないジレンマ。
私たちの責任じゃないものねぇ。そこまでするお給料もらってないもの(苦笑)
それってマネジャーの仕事だけどほったらかしというか
そこまで期待してないから結局出来るひとが尻拭い、なんだよね。
床に落ちたもの手で拾えない?!お国柄かしらんi-235
それとも仕事できないくせに妙にプライドだけは高いのか?
仕事できないっていうか、意識のレベルの問題で
これだけやってればいいんだ、という自分に対する期待度
とでも言おうか、その辺の違いがありありとしているなぁ。

今私の場合「転職」という文字がちらついているよ。
ま、職種は同じな訳だから同じような種類の人と仕事することになるのは
わかっているからじっくり探してみようと思っているけど。
今のところは100%自分を出さないで85%位に抑えて
やるべきことだけに集中して仕事してる。手抜きか?!(^^;
私は逃げようと思えば出来るけどkleeはパーミットの問題もあるし
更に大変だね。

しっかし、お互い苦労するねぇ・・。
2007/07/13(金) 21:03:17 | URL | stipa [ 編集]
介護の仕事は日本でもいろいろと問題が多いみたいです
イギリスとはシステムが違うから比較にはならないだろうけど
私が少しでもかかわりがあるのは今のところ姑の通っているディサービスとか来てくれるヘルパーさん
介護度によってやるべきことやってはいけないことが決まっていて
親切でいろいろしても賃金には反映しないどころか怒られるって聞いたことがある
気が利いて働き者より
言われたことだけやってたほうがいいってなんかへんだな~と思うのですが
2007/07/16(月) 17:07:11 | URL | katasumi [ 編集]
katasumiさん
ふーん・・それは不思議!
イギリスの施設もそうなのかなぁ?
やるべきことしかやらないように、というのは
同じ介護度のAさんとBさんに対する介護の内容に
差や開きが出来ないように、不公平がないように
ということもあってなのでしょうか?
ヘルパーさんの個人差もあるし、仕方ないことなのか・・
このクラスのお客にはこれとこれ、なんて
ちょっと機内サービスみたいですね。
クライアントさん側からすると、どうしてもっと
こうしてくれないのかって物足りない部分も
出てくるのも無理ないかな・・。
2007/07/17(火) 05:47:29 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。