日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タバ(エジプト) 1


じめじめしたロンドンのお天気とも暫しのお別れをして7月28日から1週間
エジプトのシナイ半島にあるタバ(Taba)に行って来ました。
正確に言うとタバの村ではなくてタバ・ハイツ(Taba Heights)という場所だったのですが。 

紅海に面していて対岸にはイスラエルとヨルダンとサウジアラビアが見える、という
ドラマチックな立地条件。場所柄ゆえ過去にタバのホテルが爆撃されたり
ちょっとダークなイメージもあって行くまで不安というか一体どんな
とこだろう?って興味津々でした。
実際行ってみれば、まわりは紅海とシナイの山々と砂漠に囲まれた
とんでも辺境地(笑)。
もともとはなーんにもなかった場所にキノコのようにリゾートホテルが
何軒か立ち並んでホテル敷地内と外のギャップが凄かったです。
イギリスのみならずヨーロッパ各国の旅行会社ツアー客で年中賑わっている
エジプトのリゾート地のひとつがタバ。
まだそんなに開発されていないのでわけのわからないナイトクラブとかは皆無、
したがって酔っ払い観光客もパーティー目当ての若者観光客もいないとても静かな保養地。
いつまでもそうあってほしいのですが、どうでしょうね。


ホテル編

横着をしてパッケージツアーで送迎バス付、朝食と夕食付、旅行会社
ホリデーレップ(世話人)付での5つ星リゾートホテル滞在。
こんな気楽な休暇は数年前のチュニジアに続いて2度目でした。
本当なら地道に現地を回って、地元の人と触れ合って、が理想だけれど
今回はとにかくどこかお天気の心配のいらないところで
ちょっとのんびりしてみたかったのです。
上げ膳据え膳、日本だったら即、温泉~!ってとこだったかな。
こういう贅沢がしたくなるなんてますます歳を感じます。
10年前だったら考えもしなかったはず。
 
エジプト人のホリデーレップの説明によれば、地元の原住民族(ベドウィンBedouin)は
荒野や砂漠でヤギなどを飼って自給自足のシンプルライフを営んでいるそうです。
移動中にいくつか集落を見ましたが、トタンで出来たような物置とも呼べないような
粗末な家。あんなところに人が住んでいるのかってびっくりするほどでした。
ホテル従業員その他観光に携わる人は他の地方から働きに来ている人が多いんだとか。 

さてお天気。晴れるかどうかの心配無用なことはすぐ学習しましたが
新たに、今日はどのくらい暑くなるのだろう、という心配が浮上(苦笑)。
とにかく、暑かった!
日陰でも40度近く、日向だったら・・助けにならないので測りませんでしたが
40度半ばまではゆうに達していたのではと思われます。
夜だいぶ涼しくなったね、なんて言って測ってみたら34度だったし(苦笑)。
海の近くだし風がある、ってネットで読んだので爽やかな海風を
期待していましたがいやいや。甘かった。
もちろん、風はありましたよ。ぼわ~~っと熱い風が!
ヘアドライヤーの熱風が常時取り巻いていて、まるで乾燥機の中にいるようでした。
ホテルは冷房完備(でなくてどーする?)だったので生き延びましたが(苦笑)。
お昼から午後3時、4時くらいまでは日光はなるべく避けるように
ということだったので午前中朝食後に海に出てお昼から夕方まで
ホテル内で過ごして夕方また海に、というのを滞在後半は繰り返していました。
海岸に出てしまえばまだいいのですがホテル敷地内の照り返しには絶句!
ふだんロンドンでもやしっ子暮らしだから余計に堪えたのかもしれません。
着いてから2日後に暑さと環境の変化でお腹を壊して1日半ダウンしたのも
残念だけれど仕方なかったかも。
そのときの模様は詳しくは書けませんが(You know what I mean!!)後日また。

滞在したホテルはこちら
敷地が広かったのと建物がブロックごとに少し離れているため
結構宿泊客は多かったようですがとても静かでした。
部屋もゆったりしていてとても過ごしやすかったです。
あまりの暑さのため写真を撮る気にもなれず・・・。もっとホテルのこと
知りたい、という方はすみませんがHPに飛んで下さい~。日本語ですぞ!

私たちの滞在した棟の中庭。 



宿泊客の内訳はイギリス人、フランス人、エジプト人、イスラエル人、ドイツ人
ちらほらスイス人もいたな。因みに日本人は私一人でした。
エジプトの子供からじろじろ観察されてしまった(苦笑)。

ホテルのスタッフは何故か99パーセント男性。皆とっても礼儀正しくて
好感持てました。
週休2日制なんて??の世界。レストランのウェイターさんなど
朝7時から午後2時そして午後6時から12時、7days a weekだそうです。
お休みはいつなんですか?っていう無邪気な旦那の問いに、休みは
夜12時から朝7時までです、って真顔で答えたウェイター氏。本当の話です。
いや、そうじゃなくて、あの、お休みの日は?って訊いたらきょとんとして
休み?休みなんてないですよ、そうだな~2、3週間にあれば1日、かなぁ・・だって。
いまちょうどシーズンで忙しいからかな?年がら年中そうじゃないと
いいんだけれど。

猛暑の中ホテル敷地内では庭整備の人はじめいつもどこかで
掃除が行われていて目が合うとにっこり微笑んで挨拶してくれるし
スタッフ教育が行き届いているのだなと感心。
エジプトはチップの国だ、USドルの1ドル札やエジプトポンドの
小さい札を沢山用意するようにってあちこちの旅行サイトで読んだので
持って行きましたがみなさん、チップを渡そうとすると、あ、結構ですよって
断るし、何だったんだろう?チップが少なすぎたとか(爆)
一生懸命働いてもお給料は微々たるものなので良いサービスに対しての
チップはするべきだし喜ばれるって聞いていたので余計に謎は深まりました。
まあ、チップ目当ての人たちに囲まれて煩わしい思いをすることも
なかったのでさらにのんびりした気分になれてよかったです。

滞在ブロックの通路。毎日ここを通って庭の小道を抜けて
メインの建物へ。ブーゲンビリアがきれいでした。



朝食と夕食はメインのレストランでbuffet styleでした。
いろいろ選べたし普通に美味しく食べられたので良かったです。
ですが、お昼がちょっと困りました。
レストランは他にもいくつかあるのですがみんな外にテーブルが。
暑くて座れないのです!
プールサイドで、良い雰囲気なんだけれどプールに出たり入ったりしている人なら
辛うじて大丈夫な気温の中、とてもじゃないけど食事が出来る温度では
ありませんでした。
タバ・ハイツの他のリゾートホテル間を無料で運行しているバスで
他のホテルやレストランに行くにも暑すぎて無理。夜ならいいけど。
このシャトルバスには冷房なしのオープンスタイル。ゴルフカートの
大型版といったらいいのか・・日本の観光地にもこんなバス在りそうですが。
途中で気分でも悪くなったら最悪!運転荒いし座席にしがみついてないと
振り落とされる可能性特大!
どうしようね~って思案の末、たどり着いたのがルームサービス。
おお、太っ腹!なんて言ってる場合では無かったです。
値段的にもレストランよかお得だったりして、大正解でした。

ある日のランチ。なかなか美味しかったです。



この他にもオフィシャルな方法ではなかったけどプールサイドのレストランから
テイクアウトして閑古鳥の鳴いているホテルのロビーのバーで食べたりしてました。
(余談ですが、このバーである夜な、なんとカラオケ大会なんてやってました!
こういうリゾートホテルにはありがちでしょうが・・ああ興ざめ)
一応5つ星ホテルなのでそうしてもいいか訊いたらOf course!って
どのスタッフも快く。
テイクアウトしたレストランのスタッフが飲み物と全部持ちきれなかった
旦那を手伝って運んできてくれたり。みんなとっても親切だったのには感心しました。

初日、夜遅くにホテルに到着した後ゴルフ場のカートのような乗り物で
荷物と私たちと部屋まで送り届けてもらったのですがこれがまた
超ハイスピードサービス。
後から思えば敷地内を案内して廻ってくれた、らしいのですが、まるで
遊園地のアトラクションみたいでした。
ものすごいスピードでくねくねと曲がる散策路をかっ飛ばしながら
『・・・BREAKFAST IS SERVED BETWEEN 6 AM AND 11:30 AM・・!』
と、カートのびゅい~~~ん!という音に負けじとほとんど叫ぶように
いろいろと説明してくれた荷物係のお兄さんありがとう、楽しかったです(笑)。
一度など庭石にカートがぶつかって危うくバランス崩れそうになるし(苦笑)。
危ない危ない。でも面白かった!
その後何度もびゅんびゅん飛ばしている彼の姿を見かけて、また乗りたいねぇって
旦那と言ってました。

部屋のテラス。



テラスから前の庭に出られるようになっています。



庭を抜けて左に曲がると・・紅海。



さて、ホテル編はこの辺でおしまい。次回はビーチ編の予定です!
ビーチ編の後は移動編にしようかと企んでいるんですけど、引っ張りすぎかな・・
引き続きよろしかったらお付き合いくださいませ♪ 


コメント
この記事へのコメント
常夏~。
あっつそうなのが写真からもムンムン伝わってきました(笑)。
でもとってもステキ~。
紅海とシナイ山だなんて・・・メンフィス~、キャロル~、そしてイズミル王子~(←ザ・昭和の子)。
まったく違った文化ですものね、あこがれちゃいます。
そして五つ星ホテル・・・夢ですわ。

あ、でも昔バリでやっぱり高級ホテルにもぐりこませていただいたことがあります。
すごい広い敷地で、おなかを壊した友人とトイレ探しに走り回った記憶アリ(笑)。

ビーチ編も楽しみ♪
stipaさんの水着姿も見れるのかしら~。
2007/08/13(月) 20:47:20 | URL | kao [ 編集]
kaoさん
『常夏』なんてコトバ、忘れてました~!
イギリス暮らしにはあまり使えないボキャブラリー(苦笑)
はい、とてつもなくお暑うございましたよ~。
熱波にむせぶ経験をしました(苦笑)
エジプト、やはり見るもの全て『外国・異国』オーラを放ってました!
アラビア語の看板ってどうしてあんなにエキゾチックなのでしょうか(笑)
5つ星、物価が安い国にパック旅行だとかなりお得に泊まれるみたいです。
ネットで簡単に探せましたよ~機会があったらぜひぜひ!

水着姿~~~(爆)
2007/08/14(火) 00:49:50 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。