日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叔母-in-law
去年に引き続きスイスはベルンから我が家を訪れていた
夫の叔母。義母の妹だ。
今回は私は休みが滞在中一日しかなかったので
あまり相手もできなかった。
夫も忙しくて週末だけ海のほうに連れて行ったりするのが
やっとだった。
旅慣れた彼女だからほっておいても自ら電車と地下鉄を使って
ロンドンの美術館に行ったり、ちょっと足を伸ばして
ケンブリッジに日帰りで行ったりと、頼もしく日程をこなして
おととい再びアルプスの国へと帰っていった。

来年、定年退職するのよって彼女。 
えーっ。うそっ!貴女が64歳になるなんて、この世は間違ってる!
って叫んじゃった。
みんな、年取るのは避けられないけど、何かいやだな。
髪はショートでとってもきれいな銀髪。
ブルーの瞳にピンクの頬のなかなかの美人。
家庭的な義母とは対照的にキャリアウーマンぽい雰囲気の漂う彼女。
独身で子供がいないせいか甥や姪を可愛がり過ぎて義弟からは
殆ど煙たがられている。
スイスに住んでいた頃は確かに私も、義母、義姉、彼女とIn-law三羽烏で
うるさいなーと思うこともあったけど、それでも三人の中では
一番視野が広く、異文化に対しても理解が深いとひそかに評価していた。
スイス時代、家に招いてお寿司作ったり、餃子作ったり・・
彼女にだったら抵抗なく出来たおもてなし。
その都度ほんとうに喜んでくれた。日本人である私のルーツを
認めてもらえたようで嬉しかった。
魚や『変わったもの』が苦手な義母や義姉になんて絶対無理。
頼まれても断る(苦笑)。

今回の滞在では残念ながら日本食は作ってあげられなかったけど
代わりにスイスからどっさりと持ってきてくれたラクレット・チーズで
3人で楽しくラクレットをした。わざわざロンドンまで来てラクレットじゃ・・
って言ったら『いいのよー、私ラクレット・オーブン持ってないから
ラクレットなんて久しぶりで嬉しい~』って。

義母とだったらありえないくらいくだけた会話が出来るのも疲れなくていい。
姉妹でも随分ちがうんだな。ま、これはこうだからこうよって言い切るところは
スイスのヒトだなって思うけど。一緒に居て楽しかったから許そう(苦笑)。
さよならしたとき、スイスにまた来なくちゃだめよ!もう何年も来てないでしょう!
ってお叱りを受けた。
確かにもう3年?になる。
わかったよ、今度行ったらベルンも行き先に必ず入れるから
新しいフラット(アパート、マンション)見に行くからねって約束した。
果たしたい約束。
次はベルンで会いましょう。
コメント
この記事へのコメント
スイスのイメージは
スイス
 ↓
アルプス
 ↓
ハイジ
 ↓
ヨーゼフ
 ↓
おじいさん
 ↓
ペーター
 ↓
ヤギ
 ↓
チーズ!!

あっ!クララが立った~ のTV漫画で涙した。
そんな時期もあったな~

ところで、stipaさんは、日本料理と現地の料理、どっちが得意?
2007/10/05(金) 21:33:55 | URL | かとー [ 編集]
かとーさん
スイス現地のハイジ像はね、日本のアニメとは違って
三つ編みだったり・・何かイメージ狂っちゃいますよね(笑)

うーん、料理あんまり得意とは言えないので
スイスやイギリス料理作れるのあるかしら?
なかったりして・・・(^-^;
っていうことは日本料理かな~でも
レパートリー増やさないと!かなりマンネリ化してます(ーー;)
2007/10/06(土) 02:32:57 | URL | stipa [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/09(火) 01:17:51 | | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。