日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事近況
さて何から書こう。
まず仕事面でちょっと変化があったのでそれからいきますか。


先週2年ほど勤めた某プロジェクトから突然異動になった。
木曜日に告げられて、はい来週から移ってください、見たいな。
すごいショート・ノーティスだけど仕事柄仕方ないといえばそう。

実は今日が新しいプロジェクトハウスでの初日だったんだけど
今度のところはユーザーさんの数も4名、皆さん言葉でコミュニケーション
出来る人たちばかりで今までとは随分仕事内容へのアプローチも違って
くるのではないかと思う。前のプロジェクト、居心地良かったけど
何ていうかここんとこ「壁」にぶち当たっていた気分でストレスもあったので
(一部の同僚の無能さに呆れてたもん)そろそろ潮時だったのかも。

なにぶん第一日目クリアーしただけなので何だけれど、第一印象としては
そうだなぁ~書類とか整理整頓が行き届いてないmessyなプロジェクトみたい(苦笑)
あんな風でよくみんな働けるもんだよ。まったく。私が細かいのかな。
まあゆっくりじっくり構えないと、後が続かなくなるし、暫く様子見ます、ハイ。



実は異動も何も聞いてなかったころに待ちに待ったシニア・サポートワーカーの
募集が団体内であったので応募したんだけどショックなことに書類選考で落とされた。
前からマネージャーたちにも薦められてたし応募書類も夫に手伝ってもらって
良い感じに決めたぞって思ってたのに何故なのかまだ理由は問い合わせたけど
返事きてなくて。
とんでもない馬鹿馬鹿しい理由だったら即辞表だ!なんて。
そのだめだったという知らせを書面で受け取ったのが異動を告げられた当日。
先週木曜日。仕事が終わって帰宅してみたらムカつく知らせが届いてたって訳。

タイミング悪すぎ。
しかも傷口に塩を塗るかのごとく採用担当のマネージャー、ろくに手紙も書けないみたいで
『面接に来ていただきありがとうございました。しかし残念ながら・・』
という呆れた勘違い内容。
キレた。
面接??行ってねーよっ!
内部募集と一般募集と差をつけてはいけないのは法律だけども、これはちょっと
あまりにもひどすぎやしないだろうか。過去2年間がんばって働いてきたスタッフに
こんな冷たい対応でいいのか?
ショック受けないはずないっていうか呆れたし悔しかった。
これは今でももちろん現在進行形。
フィードバックが欲しい場合は文面でリクエストしてください云々や文章も
どんなヘボなアドミン(事務)も恥じるであろうほど下手。
もしかして団体のアドミンスタッフが手紙書いたのかもしれないけどサインしたの
彼女だもの。彼女がいけないんだわ~っ!
一般として応募してこの通知もらったら、ああこんな低レベルのマネージャーがいる
団体なんてこっちから御免だって思っちゃうよ、きっと。

とにかくもうその日は、こんなヒドイ話はない、誰かの策略かもしれない
こんな会社辞めてやるってすんごく落ち込んで早速マネージャーに連絡して翌日
金曜は最後の日だけどとてもじゃないが仕事出来ないからと有休を取ったのだった。
そして週末は運よく公休だったので悶々と過ごす傍らこれからのこととか考えて
夫と話し合ったりもしてリテールセラピーとまではいかないけど新しいパソコン買って
久しぶりにネットしてみたり、他のサポートワークの募集がないか探したり
今回の採用パネルのマネージャーに面接云々の間違いクレームも含めた
落選の理由伺いの手紙書いたり。
昨日月曜から仕事のはずだったんだけど公休にしてもらって・・・
といういきさつだった訳。

どうせ理由もろくなものじゃないんだろうとは予想してるんだけど。
あたしはこの団体の仕事にとどまるべきじゃないっていうことなのかなぁとも思うので
新プロジェクトと平行して新しい仕事(サポートワークだけど、別の団体で
違うクライアントグループ、とかね)探しも続けていこうと決意した。

ちょっと嵐のような週末だったけど気持ち切り替えて仕事に行けてよかった。
ここが駄目でも他があるさってね。
今に見ておれ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。