日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりそうかい
書類選考で×だったシニアへのアプリケーションのフィードバック。
ついに、昨日採用担当のマネジャーから理由をきいた。

応募書類にはまったく問題はなかったのだがただひとつ
ひっかかってしまったのが・・・。
NVQ。
私がNVQ2をまだ修了してないので選考の対象にならなかったんだって。
うがーっ!
エヌ・ヴィー・キュー!!
ほんとならもうとっくに(1年以上前だっ)終わっているはずなのに。
調子よく行けばNVQ3も終わっちゃってるかも。
なのに。
こんなところでまたとばっちりを受けるなんて。
一応考えられる理由候補だったんだけど、それでも
まさかねぇって思ってたことが的中しちゃったよ。
アセスメントをする会社のあきれた対応のせいで苦労してることは
もう随分前にここにも書いた。(過去の日記はこちら

私のせいで終わってないのではないことは重々承知しているけど
なにぶんそれが必須の採用条件だからって。
ちゃんと応募書類に書いてあったでしょうって言われたけど、そんなぁ。
絶対必要、とは書いてなかったもん。それに前プロジェクトのシニアは
シニアになったときNVQ2持ってなかったよ。いつから必須になったんだっ!
・・云々、全て迷わず言った。
でもやっぱり条件は変えることはできないって。
そのマネージャー曰く、私と同じ理由で不幸にも選考外に
なってしまったスタッフが他にもいたんだって。
だからなのか、定員にはぜんぜん足らなかったそうで新年度(4月)に
なったらまたすぐ募集する予定なのでそのときはこちらから
(そのマネージャーから)応募を促す手紙出すから、その時はよろしくねって。
とにかく、あなたのアプリケーション本編自体には全く問題はなかったんだから
気を落とさずにって言ってもらったのはこちらもほっとしたから良かったけど。
(うーん、ここまで書いてみて、意味が通じているか微妙だなぁ・苦笑)

F-ing エヌ・ヴィー・キュー!

Guess what, ただいまアセッサーNo.3とやり取りしているところ。
クリスマス前にその人が担当になったのに、まだ私の提出課題に
手をつけていないらしいことが、本日電話して発覚。
『新年になったら連絡する』『今度のアポの前に電話する』・・
アポイントメントは明日なのに連絡がなかったのでシニア応募の一幕や
異動のこともあってほったらかしにしてしまってたのだけど
これだもの。あきれ果ててもう何も言う気力もない。
今回選考漏れのことはムカつきすぎて言えなかったんだけど
言っとけばよかったかな。
ただ、新年度にシニアの募集があるからそれに間に合うように
もういい加減終わらせたいんですって釘は刺しといたけど。
それにしてもこっちの人ってどうしてする気もないのに『連絡します』って
口約束が多いんだろう。
日本やスイスならしっかり約束は守らないと失格だよな。
ふと思い出したがこのNo.3アセッサーと最初に電話で話したとき
開口一番彼女に『Do you want to finish your NVQ?』
(NVQ,終わらせたいんですかの訳だけど、終わらせたい気あるんですか
の意に近い)
と訊かれた。実話だ。
卒倒しそうになったことは言うまでもない。

今日前プロジェクトの同僚たちからのお別れカードとお餞別をもらった。
なーんか変だなぁ。そしてやっぱり淋しい。
心のこもったみんなからの言葉、本当に嬉しかった。
お礼のカードを早速書こうと思う。
コメント
この記事へのコメント
頑張って!!
ブログ復活されてたんですね。知らずに失礼しました。

お仕事、相変わらず大変そう…。
でも、いろんな諸問題(苦笑)にもめげずに
前向きに頑張るstipaさんに、本当に励まされます。
私も、今、もう少し仕事のスキルを積みたくて
自宅の仕事と併せてサロンでのアルバイト先を探してるんだけど
かなり苦戦中です。
でも、イギリスのいいところって、たとえダメでも
その理由を(聞けば)教えてくれるところだよね。
(それが正当かどうかは、また別問題だけど)
日本だと、聞いてもうやむやに誤魔化されそうだなあ・・・。

とにかく、おたがい頑張りましょうね!
2008/02/23(土) 11:31:31 | URL | priya [ 編集]
priyaさん
ひっさしぶりに悔しい思いしましたよ~
でもってどうしょうもない理由でズッコケマシタ。
初心にかえって、どうしてこの仕事始めたのかとか
考えるようにすれば方向が見えてくるはずだって
そこに集中してました。
こんなことでコケタままなんて情けないですしっ!

それよりも、アルバイト、良いところが早く見つかりますように。
日本で職探しする時って文化の違いでイギリス式にシンプルに
ただどーんと自分を売り込むだけというわけにもいかないのでしょうし
大変なのだろうな。
はい!一緒に頑張りましょうね!!
2008/02/25(月) 22:43:24 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。