日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バス通勤の憂鬱
残念ながら通勤にはバスを相変わらず使っている。
バスの中での無法学生どもの嬌声とMP3雑音、捨てられたフライドチキンの
残骸やフライドポテトにお酢の匂いにはもう飽き飽きしているので
新プロジェクトに行くにはひょっとして電車のほうが便利かも、なんて
淡い期待を抱いたがルートを検討した際。
中心


郊外
と縦方向にしか線路が敷かれてないのだということに今更ながら気づいた。
南東ろんどんの左から右に移動したい私には非常に不便。
いちいちロンドン・ブリッジやヴィクトリアに出て行ってまた南下する、なんて
やってられません。
南東ロンドン横断鉄道なんてもの作ってもらえないんだろうなぁ。
オリンピックの年くらいに地下鉄に連絡するOvergroundが
開通する『予定』だけど、やっぱり縦方向なので私の通勤には役立たず。
んなぁ、バス使えよってことだよねぇ。でも、バス嫌い~っ!
夫は安い車でも買ってはどうかって言うけれど、維持費が大変だ。
ガソリン高いし。渋滞ばっかりだし。いい事ない。

という訳で片道小一時間掛けて憂鬱に通勤している。
ふぅ。
バスを使っているとかなりな頻度で奇妙な南ろん住人に出くわして
面白いの半分、怖いの半分でそれなりにひまつぶしにはなる。
世の中にはいろんなひとがいるね~・・ただそれだけだけれど。
特に行きに利用する近所のバス停。
自宅からの最寄バス停は路線が違って行きの通勤には使えないので
ちょっと歩いて(徒歩7,8分?)とあるバス通りまで行く。
そこは通りの見てくれから治安もすごく悪いんだろうなと想像つくので
夜には絶対行かない場所。
昼間ならまあ大丈夫だろうっていうことで仕方なく行っているんだけど。
お勧め出来ない(苦笑)。

バス停のすぐ隣には通りに面したフラットのゴミコンテナがずらっと並んでいて
そこでゴミアサリをしている男。同じ人を何度も見た。謎の東洋系。
いかにも浮浪者って感じでもなくて身なりはそれなりなのに、食べ物じゃなくて
また売り出来そうな物、電化製品のパーツとかそういったものを
黙々と集めていた。
リサイクルはいいけど、物色した後コンテナから出したちゃんとまたゴミ袋とか
元に戻してくれればいいのに・・なんてやっぱり無理なようで彼が去った後は
かなりの散らかりよう。住人には迷惑な話だ。
あと見かけるのはこれまた身なりは普通なのに飲み残しのビールを
せっせと集めているおばあさんもいる。
爽やかな朝には見たくない光景(苦笑)。
近くにそういう人達用のホステルでもあるのか、とにかく「何この人?」っていう
妙なひとに出くわす可能性大。
一度など若い男性(これまた東洋系)が何やら異国語で口走りながら
私のすごく傍まで寄って来られて思わず、近寄るな!って怒鳴って
しまったこともある。
あーいうのは、ちょっとっていうかかなり嫌だな、やっぱり。

でも。でもね。
堂々とドラッグ売買してるとか、夜の女たちがうろうろしているとか
そこまでじゃないからいいかな、って。
「買わないか?」って訊かれるのは映画の海賊版DVDくらいだし(苦笑)。
そのバス停を避けて一つ後まで歩こうとしても結局その通りを歩くこと
になるから同じことなのだ。
バスに乗れば乗ったで最初に書いたようなマイナス要素に耐えなくては
ならないし。

(ため息ひとつ)

私にとって南東ロンドンバスは気持ちよく使える交通機関ではない
という結論に達して久しい。
嗚呼、ほんとだったらバスなんてもう御免なのに。
今のところ使わないわけにはいかないのである。
従って、ううう~のバス通勤は続く。 

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
No title
バス通勤ご苦労様です。
私もその昔、ロンドン南東に住んでいたことがありますが、バス停、バス車内の風景は毎日がソープオペラそのものでした。わははは。

日が長くなってきたとは言え、まだまだ早くに日が落ちますので夜は特にお気をつけ下さいまし。変な人多いですからねえ。
2008/03/01(土) 00:20:07 | URL | ぽめ [ 編集]
ぽめさん
南ロンドンのひとってキャラが「濃い」っていうか確かに
ソープオペラにぴったりの雰囲気のひと、多いですよねぇ~。
アクセントのせいかな?華やかではないけどドラマチック(苦笑)

遅番あがりでバスで帰るときはちと、緊張します!
時間的にそんなに遅くない時でも暗い場所ひとけの無い場所は
通らないようにしています。変な奴に出くわしてからでは
遅いですものね~。
2008/03/01(土) 07:32:15 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。