日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一応行って来た?!カーニバル
昨日一応、行って来たノッティング・ヒル カーニバル。
私の独断偏見記録です。デジカメも持ってないので写真は
BBCLondonのサイトから拝借しました。
事前知識も何も無い、超おのぼりさん的日記レポ・・・
にもなってないかも! 
本格的レポートにはどう転んでも無理です、なりませんので
あしからず!
 
carnival

いや~久しぶりにテムズ川を渡ったなぁ(笑)
バンクホリデーの昨日ノッティング・ヒル カーニバルに
行って来ました。ロンドンの夏の終わりを告げる一大
ストリート・パーティー。カリビアン系の音楽と食べ物が
メインです。

西ロンドンのノッティング・ヒルまでは南ロンドン郊外の
ウチからだとバスと地下鉄を乗り継いで1時間くらいかしら。
地下鉄はブリクストンという駅から利用します。
地下鉄に乗ってしまえば速いのに、それまで時間が掛かります。
分かっちゃいたけど、バスが来ない!
利用する時に限って、バス停が見えるともうお目当ての
バスが止まってる。。。走っても間に合いません。
で、次のを待つことになるけど、なかなか来ない。。。
マーフィーの法則がここにも(笑)

久しぶりに乗った地下鉄。
ものすごく暑い~!サウナみたい。この地下鉄の換気システム
かなり問題になっているらしいです。冷房設備を入れるにも
地下鉄のトンネルが狭いのと古いので予算的に難しいらしいです。
夏だけだとはいえ、毎日通勤、通学で使ってる人たち、ご苦労だな~
と感心してしまいました。

さてさてようやく降り立ったノッティングヒルゲイト駅。
すごい人出です。地下鉄のホームですでにお祭り騒ぎ。
笛や、日本のプロ野球の応援団が持ってるようなメガホンのような
形をしていて吹くと「ブーーーッ♪」と鳴るようなモノ(名前がわからない!)
を持った人が沢山居てホームから通路、エスカレーター、改札口まで
ビー♪ブー♪ばっかり(笑)

駅を出てそのまま、人の波に身を任せみんなが行く方向に。
大半の人が私達と同じようにプログラムも持ってなければ何処でどんな
催しがあるかとか全くわかってないような感じだったので気が楽でした(笑)
ただただ、みんなの進む方向について行きます。
駅前通りをぬけてまわりは瀟洒なお家が立ち並ぶ住宅地通りと
なってきました。
わーい!カーニバルなんてスイス、バーゼルのファスナハト以来だな~
とわくわく歩いていたら、ん?なにこのニオイは・・・?
ここは、かのノッティングヒルでしょ?と地面を見ると・・・
あらま、馬糞!(お食事中の方いたらごめんなさい)
先を見ると警察の警備隊のお馬さんたちが凛々しく立っているのを
発見。ものすごい人の数にも動じないでお役目を果たしている姿に
感動!(動物関係はすぐ感動しちゃう私)

それにしても凄い人だ。女性はそうでもないが、男性の中には
長身の人がたあくさんで、すぐ後ろを歩いていておもわずひじ鉄を
食らわないように注意して進みました。
何度か角を曲がって一本のとても長い坂道(多分LadbrokeGrove
ラドブローク・グローブというN.ヒルのど真ん中にある通り。
早口で絶対言えない名前!)に出ました。
坂の上だったので遠くにあるラド・グロ地下鉄駅後ろの
高架道路まで見えましたがその前は人、人、人の海。
日本じゃ珍しくもない光景でしょうが。
カーニバルの台車(っていうんだったっけ?)が
派手やかな色と共に遠くに見えてましたがとてもじゃないけど
あの人の海を泳ぎわたっていく気は起きなかったです。
頑張っても泳ぎ進めないで沈んだと思います。。。

カーニバル自体を見に行くのは諦めて付近を探索しました。
途中何箇所かでかいスピーカーを山積みにして
DJがカリビアン・ミュージックをかけているところ
(Sound Systemというらしい)を通りました。
その周りで一緒に踊っているさまざまな人種のひとびとを見て
いいな~とにんまり。これがロンドンの強みだ!と嬉しくなりました。
しかし、あまりの大音量に低音がぶんぶんいってる時なんて
凄い振動で肺がつぶれそうになって、びっくり!
心臓に悪いですよ、あれは。っていうか、私も年かな・・・ぐすん。
speaker

crowds1

 
運良く屋台の食べ物屋が並ぶ通りに流れ着いて
Jerk Chicken(ドラム缶を半分に切った?グリルで焼いた
バーベキューチキン♪)とビーン入りライス、サラダを
夫と半分こしました。あっさりしてて美味しかった!
カリビアン料理もいいかもしれない!レストランかテイクアウト
のお店ウチの近所にもあるだろうから今度試してみようっと。
grill


人の数と共に・・・
警官の数も当たり前だけど多かった。過去に刺傷事件やらなんやら
あったし、まあ7月7日のテロ以降当然といえば当然ですね。
police


ゴミ。道端にまさに何処もかしこもゴミの山また山。
この写真なんて全然ましなほうです。
掃除する人大変だな~と同情してしまいました。
litter


帰り道、N.ヒルゲイト駅は出口専用、他の最寄り駅も閉まっていたので
ちょっと歩いてバスに乗ろうとN.ヒルを離れKensington Gardensケンジントン・ガーデンズ
(故ダイアナ妃のお住まいだったKensington Palaceがある)
というHyde Parkハイド・パークの隣の公園を歩いていたら山歩きでは
なかなか疲れないタフな夫が「足疲れた~10分休憩!」
とベンチに倒れこみ(笑)
ハイド・パークでも家族向けのイベントがあったせいか
沢山のひとたちが思い思いの場所で素晴らしいお天気の中
ピクニックや日光浴をしてました。

何とかバスに乗って、バスも夏は暑くて蒸し風呂状態で、
またまた汗だくになりながら強い西日の中帰りました。
カーニバルそのものはあまり見れなかったけれど
その他のカリビアン・ストリート・パーティー的な要素は
少しでも見ることが出来たので良かったです。

後で聞いたニュースによると、今年のカーニバル、
一番の人出は昨日だったのですが、例年より少なかったのだそうです。
暑さとテロの影響か、という事でした。

折角ここまで読んだのに、カーニバルのこととか全然載ってなくて
つまらないという方、ごめんなさ~い!お許しを。。。
一応、カーニバル関係のサイトはこちら見つけました。

BBC London カーニバル特集
http://www.bbc.co.uk/london/features/events/carnival/index.shtml 

Notting Hill Carnival Official Site
http://www.lnhc.org.uk/ 

http://www.mynottinghill.co.uk/nottinghilltv/carnival1.htm

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
憧れのノッティング・ヒル
初めまして、こんにちは♪
映画「ノッティングヒルの恋人」が大好きで、一度は行ってみたいなと思っているところです。
カーニバルの様子は映画でのイメージと違うけれど、行くだけで自分がジュリア・ロバーツになれそう(^^;)
ヒュー・グラントみたいなステキな人、住んでるかしら~?
2005/08/31(水) 20:08:10 | URL | バター [ 編集]
はじめまして!バターさん
そうですね、カーニバルのイメージと
普段のノッティング・ヒル矢張り違うと思います。面白いお店、おしゃれな、かわいいお店が沢山あるので有名なんですよね。
残念ながら私はよく知らないのですけど。
通い続けるノッティングヒルマニアも沢山いるそうです、さすがですね。
ヒュー・グラント本人が住んでいても
おかしくないですね~それだけ超高級住宅街です(笑)
コメントありがとうございました!
2005/08/31(水) 20:47:13 | URL | stipa [ 編集]
熱いですね!
熱気が伝わってきますね!
京都では、「カーニバル」なんてものは、ないに等しいですね。
お祭りって行っても、時代劇風の行列ばかり・・・。
かと言って、私は人ごみが苦手なので、普通のノッティングヒルをぶら~っとしてみたいなぁ・・・。
2005/08/31(水) 22:13:15 | URL | ist3735 [ 編集]
時代劇風・・・
なんてエキゾチックです、いいな~京都のお祭り、何でもいいから見てみたいです。人ごみ私はわりと平気ですが、そうですね、ノッティングヒルは普段の時のほうが全然いいと思います。さすがにあのゴミの山には辟易しました(苦笑)
2005/08/31(水) 22:40:07 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。