日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大根クエスト
休暇も無事終了し元気にまじめに生活中。
ローマもあっという間の滞在だったが良かった~。
そのうちミニ旅行記でも時間が出来ればアップしたいな。

家事も夫と分担して気が向いたらなにかささっと晩御飯作るけれど
殆ど手抜きご飯が常なstipa家。
掃除洗濯頑張ってくれてありがたい夫だが、料理はじっくりとはしても
ぱぱっと『ひらめき』で冷蔵庫やフリーザーの中身や残り物を活用してご飯作ることは
苦手らしくて今日も私の仕事が終わって迎えに来てくれた時に
『冷蔵庫の中身がどうも頼りなくって夕飯が思い浮かばない・・』って言うので
冷凍のおでん材料があるじゃん、何処かで大根が手に入れば、おでん出来るけど・・
と口走ってしまったのが運のつき。

通り道の大根置いてそうな高級スーパーWへと車で急いではみたがもう閉店後。
日曜午後四時過ぎはこちらでは夕飯の買い物にはちと不便な時間帯だ。
平日なら24時間や夜9時、10時まで営業するところが殆どなのに日曜は特別な法律があって
個人経営でない大手スーパーは6時間しか営業してはいけないことになっている。
10時から4時までと11時から5時までのスーパー営業時間。
コンビニタイプのミニスーパーは遅くまでやっているけど品揃えが頼りない。

話は戻って、夕飯=おでん!と心が決まってしまった私たちは何が何でも
大根を見つけないとならなくなってしまった。
日本じゃ考えられないだろうけど、大根はこちらではどこのスーパーにでもある代物ではない。
高級スーパーWでは扱っているけどもう閉店してるし。
その他大手スーパーはTもSもうちの周りの店では大根は置いてない。
小規模な日系含めアジア系(極東系、ね)の食料品店にしかまずない。悲しいけど。
いつも計画的におでんなりその他大根が登場する料理を作る時は以前確かここでも
紹介した日本食材もあるクロイドン郊外の中華系のスーパーに行って買っている。
日曜は午後5時まで営業なはずだけど、道混んでるだろうし・・・。
いくらなんでも日曜午後4時過ぎに南東倫敦の右端からクロ郊外まで大根求めて
ドライブはちょっと時間的に無理があったので困った。

どうしよう。どこに行けば大根が買える?と二人してうーん。
日韓中系のお店って家から至近距離にはないんだよな。
そうだ、中近東系の食材屋なら近所にそれなりにある、と思いついた。
そういうお店は個人経営ばかりだから日曜の営業時間の拘束もないし。
山芋とか瓜みたいなのとか(大根と関係ないけど;)普通のスーパーにないもの売ってるから
ひょっとしたらひょっとするかも、という淡い期待を抱いて隣の隣町へ。
ハラルのお店、色とりどりの野菜が綺麗に陳列してあって楽しかったけれど
何軒か回ったが結果は×だった。大根は食べないのか、中近東では。ひとつ学んだ。
この時点で大根は食さない夫は、それじゃあ大根抜きでおでんしようよ、とのたまう。
大根のないおでんなんて私は嫌だ。
量食べるわけじゃないけど大根の味っておでんスープには欠かせないと思う、それは
あなただってそう思うでしょ?と中近東系食材屋を後にした私と夫、車の中で
しばしおでん議論。
大したおでんになる訳でもなかったのに今思い出すと笑っちゃう。

そしてふと、ひらめいた。
大根がないなら、ラディッシュはどうだ!小さな赤いラディッシュ。
大根訳したらラディッシュ、でしょ?味似てるって言うか限りなく近い親戚野菜だし。
そうだ、赤いラディッシュの皮むいて使えばいいんだ!と確信。
大は小を・・の反対ってなもんだ。
ラディッシュならどこのスーパーでも売ってるし。

よし、急げ!
時計を見たら5時10分前。
5時まで開いている普通スーパーでラディッシュを購入せねば・・っと
運よくまだやっていた大手スーパーSの前を通りかかったので
夫に急いでお金を渡して駐車場から走ってもらった。
5分後、英国ノーフォーク産の赤いラディッシュ2袋を手に持って
店から出てきた夫を見たときは真面目にほっとした(笑)。

小さなラディッシュの皮むいて茹でて味見してみたら、大根よりか薄味だけれど
OKな味加減だったので、祝おでん夕飯決行。
結果は充分においしかった。めでたしめでたし♪
海外在住の方で同じような経験をされた方も多いのではないかと思う。
応用が利くと嬉しいですよね。


コメント
この記事へのコメント
イギリスのあのわけのわからん営業時間はなんなんでしょうね~。
ま、小売店保護なんでしょうけど。
スコットランドでは日曜日の午後だっけかな?スーパーは開いてるのに、お酒類は売ってもらえず。
なんで?って聞いたら法律で決められてるって言われました。
クロイドン?友達がいたので、行った事があります。stipaさんクロイドンの近くにお住まい?
私はイーストボーンにしばらくいたので、ロンドンとイーストボーンの間にクロイドンはあったような。
海外だと思うように食材が手に入らないから、ホント代用って考えますよね~。
おでんにラディッシュってすってき~!
アフリカでお好み焼きを作る時は当然、長芋はないのでインニャム(タロイモ?)を代用してました。
イギリスにいた時は日本米を買うのは高かったので、といってタイ米はパサパサしてるし、ライスプディング用のお米がちょうどいいな~と使ってました。
2008/10/02(木) 11:39:07 | URL | bonbon [ 編集]
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
2008/10/02(木) 18:08:26 | URL | サトシ [ 編集]
bonbonさん
そうそう、お酒類の販売でも法律ありましたね。
今は午後閉めるのはなくなっていると思いますが
スコットランドはどうなっているのかな。
今現在イングランドは確かパブも夜11時で閉めなくても
良くなっているはずですが。
パブにあまり行かない人種なのでわかりませ~ん。

クロイドン、バスで20分くらいです。
ホームオフィスがあるから日本人留学生にとっては
ビザ手続きの街、なのではないでしょうかね。
こちらでは冴えない、住みたくない街によく挙げられることで
有名です(苦笑)。
大きなショッピングセンターがいくつかあるので買い物には便利ですよ。

アフリカでお好み焼きとは!何気にしっくりくるのは何故でしょうか(笑)。
ライスプディング用のライス、私も留学生だった時使ってましたよ~。
日本米って袋も大きくて一人暮らしにはちょっと大変だしね。
2008/10/03(金) 03:58:31 | URL | stipa [ 編集]
サトシさん
再びどうもありがとうございます。
2008/10/03(金) 04:02:46 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。