日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローマ その2
DSC05559-1.jpg


そしていよいよ、ローマ。はい、今度こそ(笑)。
前回出発時の様子を綴ったにもかかわらずタイトルは『ローマ その1』などと
かなり気が早かった事を反省し(苦笑)はやく次をアップしなければと思って
最近の私にしてはスピード更新!
ローマナンバー2の空港チャンピーノ空港に憎いオレンジ色航空で到着して
コーチバス(高速バス?訳【やく】がわからん)で40分ほどでローマ市内入りした。
このバスに乗り込むまで並んで待たされた~。といっても一時間はなかったけど。
寒いロンドンからいきなり残暑のローマで並んでいてちょっと暑かった。
さすが並ばされることには慣れている他の英国人ツーリストたちはおりこうさんに
文句ひとつなくバスの順番を待っていた。偉いよ、みんな。

ローマの駅テルミニにバスはついて、そこから歩いて数分のところに宿をとっていたので
そのままホテルへ行った。
チェックインにはまだ早い時間だったので荷物だけ預かってもらって、いざ!

ローマって小さい街なんだ~。
歩くの得意な私たちだったから頑張れば徒歩で観光名所は殆ど回れるくらいだった。
さすがに滞在後半は疲れてきてバスや地下鉄を良く使ったけど。
初日だったので歩いて行ける所を散策してゆっくりカフェでカプチーノ飲んだり。
普段からエスプレッソ好きな夫は本場のガツーンとくる強烈エスプレッソに大感激。

遺跡や、教会や広場で見るべきところがひしめいているローマ。
何処から見たらよいものやらわからなかったのでほんとに適当に歩いた結果
巨大なので街のあちこちからしっかり見えるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂
(Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II)にたどり着いた。



たどり着いてからでは全容を写真に収めるのは無理!でかい。



たどり着く前に後ろ側から撮った写真。道路工事のほうがしっかり撮れてる(-_-;)



1870年のイタリア統一の立役者となった初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の
偉業を称えて建てられたそうだ。1895年着工して1911年完成とあるからローマにしたら
新しい建物に入ると思う。




建物の前にでーんとかまえるこれまた巨大な初代国王の像。
彼の乗っている馬さんのサイズにたまげた。(一応馬さんのアップはこちらだけど
迫力伝わってなくてごめんなさい!)



コロッセオ (Colosseo)もすぐそばに見える。
平日のこの日に行っていれば中にも入れたかなぁ。
実は、帰る土曜日に行ってみたらものすごい長蛇の列で中に入るのはやめたのだった。





その夜は私たちお得意の行き当たりばったりでレストラン探し。
古い建物の間の路地の食事処で暗がりの中、フレッシュトマトとブロッコリーの花のパスタ。
美味しかった♪



外に座って夕食が出来るなんて!イタリアって南国だなぁと思ったけれどよく考えてみたら
まだ9月中旬だったわけで、東京だったら残暑もある頃だしねぇ。
イギリスが寒すぎるんだよ~っ。


つづく





コメント
この記事へのコメント
おひさしぶり♪
stipa~!お久しぶり^^
いつもこっそりこっそり覗いてたよ~(笑)
ローマ、無事に着いてよかった!
楽しい休暇だったみたいで、写真もみんな気持ちのいい青空♪

実はgooにお引越ししました^^

お暇な時にまた覗きにきてちょ♪
2008/10/09(木) 22:04:36 | URL | miki [ 編集]
mikiちゃん
きゃ~っ♪mikiちゃんだ~っ!
ブログ引越したんだね。ちらりとのぞかせてもらったよ。
みんな元気そうで何よりだ~。
後日またゆっくり遊びに行くね(*^^*)
ローマ、一日だけ雨だったけどあとはすっきり晴れてくれました。

変わりやすいロンドンの天気と違って雨なら雨、
晴れなら晴れ、とわかりやすくて良かったよ(笑)
2008/10/10(金) 19:02:53 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。