日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同僚のみなさまへお願い
毎度毎度しつこいな~とお思いかも知れませぬが再び。

お願いです。




ラップやアルミホイルの箱は・・・


捨てないでください!


箱を使わずにラップをビリビリ剥きとって爪で引っかき切るのは
いかがなものでしょうか。
次に使う時に切れ目を探し、細~く切れたラップ先から使える幅になるまで
はがす・・余計な労力とラップの無駄使いだと思うのですよ。

お国(アフリカの国)ではみんなそうしているのかもしれませんがね。
はっきり申し上げますが、ここはイギリス。島国といえど一応ヨーロッパです。
ラップの箱は包装紙のように購入後捨てるものではなく、取っておいて

使うものなのですぞ~!(吠え)

箱についているカッターを使ったほうがラップの無駄使いもなく
次に使う時も簡単。
ラップ自体を箱から出す必要なんてないんです。
というよりも何よりもはっきりいって使いづらくて毎回イライラします。
何故こんな私にとっては当たり前のことがそうじゃないんだろうと
不可思議です。文化、習慣の違いで片付けるのも納得いきません。
私の文化、習慣でみなさんにここまでイライラさせていることが
あるのならばお互い様ですが。

誰ですか?いつも新しいラップやアルミホイルの箱を
開けると箱の端を壊して中身出してビリビリにして使って
そのままにしているのは~!
職場のキッチンの引き出しを開けて、細長くなったラップが
グルグル巻きになっているのを見るたびにかなしくなります。
そして、郷に入ったら・・っていう日本の諺を思い出しています。

その他のことでは目をつぶれても何故かラップとアルミ箔の箱の
扱いだけはどうしても譲れません。
頑固にこれからも訴え続けたいと思います。
箱の余白には今後も引き続き『捨てないでください』と注意書きをします。
学習していただけるのかどうか全く保障はないのですが。
悪く思わないで下さいね~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。