日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生日の夕日と白い砂浜



という訳で、またひとつ歳をとってしまったよ。
あ~あ。

ここ幾年は毎年誕生日を全く別々な場所で迎えるという
幸運にあやかっている。それを思えば文句言えないな。
おととしはクロアチアの島、去年はエジプトの海辺。

そして、今年はここスコティッシュ・ハイランド北西のAchmelvich の浜辺。
実年齢と精神年齢のギャップの広がりをかみしめつつお祝い(苦笑)。
しっかし、イギリスにこんなに真っ白な砂と澄んだブルーの海水の砂浜があるとは
知らなかった。びっくりしたな。パラソルでもあったら南国のリゾートみたいだった。
(写真は全てクリックで拡大可)






誰もいない海。
風が冷たかったけれど海は穏やかできらきらと輝いていた。








いつものように行き当たりばったりの旅行。
海岸線を北上できる道路が終わるころ偶然たどり着いたこの浜で。



ひとやすみしたら・・・長引きそう。







日はまた昇る、と分かっていても夕日って何だかもの悲しい。






普段の私の生活範囲からはかけ離れた場所。
大きい。広い。深い。自然っていいな。
こんな景色を伴奏に暮らせたらそれだけで幸せな人間になれそうだ。









静かに、すーっと海平線の向こうへ。
思ったよりもずっと速く太陽は沈んでいった。




普段こんな風に夕日を眺めたりあてもなく浜辺をさ迷ったり(笑)
ほんっとにしないなぁ。まあ、当たり前だけど(笑)。
それだけにとっても贅沢した気分。
自分としては何ともつぼにはまった誕生日の祝い方だった。
落日鑑賞なんて、わびさびの分かるトシになったのかしらね、私も。
ああ苦笑い。














コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。