日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ノックして下さい』
我が家の玄関ドアには呼び鈴が無い。
だからご用の人はドアをコンコンとノックするか
こちら流に郵便受け口(ドアに付いてることが多い)の蓋を
ガチガチッと鳴らすか、どちらかだ。



front_door.jpg
我が家・・な訳がないっ!英首相邸のフロント・ドアにも郵便受け口。



調べてみたらLetter plateと英語では言うらしい。
Knocker(ノッカー)も付いてるからこっちを鳴らすのか。
知らなかったけどLetter plateねぇ。でも正式日本語訳が判らない~。
要するに郵便受けがドアに付いていて差し込まれた封筒や
広告、テイクアウト・メニュー(苦笑)は裏には何もないから
床にハラッと落ちる。帰宅してドアを開けるとズズズーッと
封書等がドアの下に挟まってドアが開けづらかったりするのだ。
そんなぁ、不便だ~っと思われる方も多いのではないだろうか。
まあ、そこが海外生活の醍醐味・・・違うか(苦笑)。
犬とかペットに床に落ちた郵便物を破られたりしない様に
ドアの裏側に取り付ける郵便受け籠も一般的。


話は我が家のドアに戻すとして、私、ドアがノックされても
張り切ってすぐ開けることなどしない。
こちらでは防犯のため来る事が分かっている客人以外には
ドアを出来るだけ開けるな、気をつけろっていうのが悲しいかな一般的。
居留守を使うかドアの外が見える窓からそっと覗いてから開けるか
それが面倒だったら「Who is it?どなたですか?」とドア越しに聞いたりもする。
せっかく開けても電気ガス会社のしつこい勧誘だったり怪しいセールスだったり
うっとおしいったらない。
思い切って自作の『セールス、勧誘お断り』サインを数ヶ月前ドアに貼った。
なかなか効果あるみたいで迷惑訪問は激減。
もうひとつ、そのサインとは裏腹に日本で買った木製の『ノックして下さい』
という小さな看板もドアの横に貼ってある。読める人居る訳ないし。
・・なんて思っていた、今日の夕方まで!



コンコンコン・・・♪

威勢良いノックの音。躊躇していた私の代りに夫がドアを開ける。
「こんにちわ~、○×パワー(訪問勧誘で有名な電力会社)ですけども
うんぬんかんぬん・・・」
うちは結構ですよ、お断りします!とすかさず夫。
居間にいたわたしには声しか聞こえなかったが、なによセールスお断り
サイン見なかったの?とちょっとムカッときていたらばその男。

「あの~ちょっとお聞きしてもいいですか?そこに
『ノックして下さい』(完璧日本語発音!)って貼っておられますけど、
あの~僕日本で育ったからこんなところでこんなサインを見て
びっくりしちゃったんですが・・日本語話されるんですか?」
ですって!

『ノックして下さい』以外は勿論英語で。ちょっと外国語の訛りはあったが
その男は日本人ではなかった。夫によれば東欧風だったとか。
いいや、話せませんしこのサインも読めません、と予期せぬ展開の中
やっと答える夫。
じゃ、ここに書かれている意味はご存知でなかった?と突っ込まれ
いえ、意味は知ってました・・と矛盾した夫の回答にますます素直に??
な東欧出身(勝手に決め付け)セールスマン。
純粋に不思議でたまらず、驚きを隠せない様子の彼に夫も仕方なく
「妻が日本人なのです。」と種明かし。
ああ、だからですか~やっと謎が解けました!
こんな意外な場所でほんとびっくりしましたよ~。
では奥様にもよろしくお伝えください、と言って去っていった。

二人してそっか~だからノックしたんだね、と思いがけない出来事に納得。
納得した後ですかさず、でも彼、英語のサインは無視したんだから
やっぱり迷惑セールスだ!と言ってみたり、日本で育ったなんて
すごいね~、予期していない場所で日本語のサインを見て思わず
懐かしさのあまりつられちゃったのかもしれないし・・とか。
日本語出来ます~って言っといて実は「コンニチハ」しか言えなかったり
するお調子者には数限りなく出会ってきたがまさか、実際に読める人が
来るなんて確率的には非常に低いことだろうからちょっとびっくり!
飾り以外何物でもなかった看板がある意味実際役に立ったってことか(苦笑)。

「カタカナもひらがなも読めるんだからスゴイよね」としきりに感心していた
夫(日本語習得挫折歴有り)に、おいおい、下さいってひとつ漢字も
入っているんだけど今までそれも知らなかったの?と容赦なく突っ込みを
入れる私だった。ははは。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。