日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさしぶりのおもてなしはやはり疲れたが・・
先週土曜に我が家に超久しぶりに客人があった。
夫が英国に移住して初めて勤めたロンドン北東の職場のときの
ソーシャル・ワーカー元同僚達をバーベキューに招待した。
彼ら側からはパーティーや誕生日会などお招き頂いてたのだが
私達側からはこれが初めて。
大多数は北ロンドン在住ということで南ロンドン郊外まで
遠くて不便なこともあって今まで引いていた。
何と夫が言い出してから7年も経ってようやく実現させたことで
伴侶の私としても準備にちょっと頑張ってしまった(苦笑)。

スイス時代とは違ってめったにお客なんて来ないので
大勢(といっても8名くらいだったんだけど・・)の大人
プラスお子2名。
いつもの2人暮らし用とは違ってバーベキュー材料はもとより
スナック類、飲み物までどれくらい用意すれば良いのか
慣れてないから分からなくて大変だった。

私はアペタイザー、前菜担当だったのでFingerfoodフィンガーフード
(指でつまめるパーティー用の食べ物)、Canapeカナッペを
いくつか用意しようと思ったは良かったが何をしたらいいんだか
これも不慣れでよく分からなくてネットで調べてしまったよ(苦笑)。
たまたま家にあった某赤い箱のクラッカー、リッ○に簡単に出来る
おつまみ例が載っていたので1種類目はそれに安直決定。
ブリ・チーズ(フランス産のソフト・チーズ)ひとかけらと赤、白ぶどう半粒ずつ。
見た目もきれいだし何より簡単で大助かりなのと実際とっても美味しかった。
レシピ(なんて大げさなものじゃないが)はこちらから

2種類目は何となくイタリアンによばれて、だけどブルチェッタでなく
クリームクラッカーに何か乗っけようということになり、定番のパルマ・ハムと
メロンで良いかなと思ってメロンを買ったは良かったがお馬鹿にも
熟れてないのを選んでしまいメロンは冷蔵庫に格納。
来客到着まで時間がなかったので急遽、イタリアンといえばモッツアレラ・チーズ、
そしてさらにサンドライトマトだ!と、ほんとうに行き当たりばったりに
即興でおつまみ作成。
クリームクラッカー(赤い箱のより大きくて塩気がない)にパルマ・ハムを
ひら~っと乗せてその上に大量にサラダ用に買い込んでいたモッツアレラ
チーズを薄めにスライスして乗っけて、買ってからずっと未開封でそろそろ
賞味期限まで数ヶ月を切っていた瓶入りオリーブ油漬サンドライトマト1片。
トマトが漬かっていたオリーブ油を数滴チーズの上に垂らして・・

強引に、ほい、出来上がり~っ!




サイズ的に大きいため、ひとくちでは無理かつひらひらのハムも
噛み切れず食べづらいというパーティーフードとして致命的な
欠点はあったが味はOKだったもん(←言い訳はいつでも得意)。
その他ベジタブルスティックとディップ、ポテトチップス
緑&黒オリーブ、そしてスイスのパーティーフード、
Schinken Gipfeliシンケン・ギップフェリ(ハム入りの小さなパイ)を
夫が作ってオーブンにスタンバイ。


こういう機会でもないとあまり名前通りに機能することはない
我が家のダイニング・ルーム(↑の写真共に準備中に夫撮影)。






こう見てみるとたいしたことない量というか、貧弱にさえ見える?!
実際は量的にそんなことなかったのに、ふしぎだ。
とにかく、即興イタリアンも含め、めでたく完食された。作ってよかった♪

前菜からしてこんな感じであったからメインのバービー用肉、野菜準備も
大変だった~。
バーガー、ライム・ヨーグルト一晩漬チキン、ソーセージ・・
グリル用の野菜とサラダ2種類。デザートはアイスクリームに
ブラウニー。残念ながら写真は無し。ブロガー失格よね。
個人的に一番嬉しかったのはお天気が素晴らしくバーベキュー日和だったこと。
お家に庭がない、ベランダも無いというひともなかにはいて
うちの庭をとても気に入ってくつろいでもらえたのも良かった。
チキンはいまいちだったけどその他は飛ぶように食された(笑)。
旦那も旧同僚との約束を果たせたし、私も彼をお手伝いできたし。
準備にとーっても疲れたけど良い1日だった。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。