日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目には見えないユーザーさんたち
夏だからって訳でもないんだけど、今日はちょっと不思議めいた話。
現プロジェクトハウスがオープンしてから今日まで20年弱。
その間、数名お亡くなりになったサービスユーザー(クライアント)さん
がいらっしゃる。
他のハウスに比べて多いほうなのか、私のマネージャーなど
「どのプロジェクトに行きたくないってココには絶対来たくなかった
のよぅぅ。ぜったい『居る』にきまってるじゃない?」

具体的にどのような奇怪な現象が起きたのか私は知らないが
過去何と、実際に神父さんを呼んでBlessing、祝福というかお祈り、つまり
お払いみたいなもの?に来てもらったこともあるとか。
いったい何があったのか知りたいような知りたくないような(苦笑)。

私は幽霊は存在すると信じる。霊なんて何処にでもいるのだろう、と思う。
が、別に視える性質でもないので今のところマジで怖い思いはしていない、かなぁ。
かなぁ、というのは2,3回、ちょっと怖+変な出来事に遭遇はしているから。
ひとつは『金縛り』。
元から金縛りにあいやすい私。
疲れもあるのだろうが宿直の時によくなる。
なった時、霊的なものにすぐに結び付けたくないけれど
もし目を開けたらそこに居るかもしれないから(笑)絶対に
目は開けずに心の中で「出てけ~!去れ~!」など適当に叫んで
体の自由がきくまで待つ。
何処かのサイトで魔よけには枕元に水をコップ一杯置いておくとよいと
読んだのでそれを実践している。っていうか飲料用でもあるけど(笑)。

その他は体験というか起こったことなのだけど2回ともやはり宿直の夜。
1階ラウンジで1人掛けのレザーソファが2つ並んでいるところで起こった。
夜11時くらいだったか、ひとりで問題の1人掛けソファ(右側)に
座ってテレビを見ていたとき。ユーザーさん達はみな就寝中。
突然隣の左側のソファにまるで誰かが座ったような音がした。
こすれるような皮のソファ独特の音といったら想像しやすいかな。
あまりにリアルな音だったのに勿論部屋には私しかいなかったため
びっくりしてソファから飛び起きて立ち上がった。
もしかして「目には見えないユーザーさん」がお座りになった、とか?
怖かったので誰も座っていないはずの空のソファに向かって
「私を驚かすようなことはしないで!傍にこないで!」と怒鳴った私。
はたから見たら変な光景よね。

もう1回は同じく宿直の夜、全く同じソファ(右側)に座っていたとき。
そのときラウンジには他にもうひとり、サービスユーザーさんのBが
斜め向かいの3人掛けソファに座ってた。
Bは会話能力も非常にベーシック。重度の知的障害があり
Challengingで問題行動も多くて一時も気を許せないひと。
彼は人を見るときその人とは目を合わさず、頭の斜め上か
肩の上辺りをぼーっと不思議そうに見ることがある(爆)。
それって何か視えてるのかただ単に変な癖なのか幻覚見てるんだか
本人にしか不明だが。
自室で夜、誰かに怒鳴っていたりとか何処まで幻覚なんだか
よく判らない行動を取るひとだ。

さて話をそのときに戻すと、時間は夜の9時過ぎで
そのときスタッフはわたしひとり、ユーザーさんも
B以外は全員自室にいた。
私はBに話しかけたりして一緒にテレビを見ていたのだが
どうもBの視線のゆくえが気になって。
彼は体は私のほうに向けていたのだけれども目線は明らかに
私を見ていなくて、私の隣のソファのちょうど人が誰か座って
いたならその顔の辺りになる空間をじーっと不思議そうに
目を細めて眺めていたのだ(!)。
怖いという雰囲気は全くなかったけど、何か居心地悪かったので
怖くなる前にキッチンに退散したのだった。
あのソファに誰か「目には見えないユーザーさん」が座っているのが
Bには視えたのかしら?

その他、誰も居ないホールで同じく宿直の夜にひとの動く気配を
感じたりとかあったけど、決定的に「お出まし」になったことは
ないので別にそれほど怖いとかも思わずに普通に仕事している。
仕事場だからかな?
怖がりのマネージャーはもちろん、同僚たちには全く話していない。
ひとりだけ、宿直シフトしないひとには話したことはあるけど。
きゃ~やめてよ~と言われたがBの件ではお化け視てるほうが
幻覚見ているよりか危険度においては怖くないということで
お互い納得したのだった(苦笑)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。