日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロパティー・ラダー
今住んでいるフラット(イギリス英語でアパートやマンションを指す)は 
2年半くらい前に購入した。もちろんローンで(笑) 
購入理由は毎月高い家賃を払って賃貸に住むのはお金を
溝に捨てているようなものだと馬鹿馬鹿しくなったのとやっぱり大家が
いて私達は借りて住んでいる身、というのがそろそろいやになり
これから先どのくらいロンドンに住むか分からないが、なるべくはやく
「Property Ladder プロパティー・ラダー」
に乗りたい、と思ったから。

「プロパティー・ラダー」・・・こっちで本当によく聞くことば。
プロパティー(不動産)のラダー(はしご)を上↑にアップしていく、
登っていく、という意味。
こっちのひとには家を構える、という意識は無いわけではないが
フラットや家を買って少し住み、価値が少し上がったらまた次の物件を
探して、というのを繰り返してだんだんとアップグレードして
財産を蓄えていく、というな梯子のぼりをしている人が沢山居る。
20代半ばで最初のフラットを買う人も多い。
プロジェクトとしてくたびれたフラットや家を買いリフォームして
出来るだけ高く売って利益を得る個人のProperty Developer
プロパティー・デヴェロッパー(不動産開発業者)も増えているようだ。
いかに自分の家の価値を上げるか、というようなテレビ番組も実に多い。
そのもの「Property Ladder」という番組もある。結構好き(笑)

因みに初めて買う人たちのことは
「First Time Buyer ファースト・タイム・バイヤー」
と呼ばれ、不動産物件広告などを見ると、ワンルームや1LDK
のフラットで 『Ideal for a first time buyer!』
ファースト・タイム・バイヤーさんにぴったり!とか良く見る。
初めて買う人は必然的に買い手として売ろうとしている持ち前の物件
(今住んでいる所)がない*ので契約交渉がまとまり易いから
予算はあまり無くても不動産業界では金の卵的存在なのだと
聞いたことがある。
*こっちの専門用語でChain Free チェーン(鎖)・フリー
鎖なし、は売り手も買い手も強み。

私達にとって都合の良いことに英国では外国人でも住んでいれば
誰でも家が買える。銀行や住宅金融組合(Building Society 
ビルディング・ソサエティー)もちゃんと収入があることを証明できて
クレジット・ヒストリーに問題なければわりと簡単にローンを組んでくれる。
一人名義で借りる時は年収の2倍くらい、二人名義だと両方の年収の
2.5~3倍はたいてい借りることが出来るので貯金が全くなくても
そんなに高望みしなければどっか見つかるだろうと思った。

シビアに、どうせ地下鉄が通っているような便利な所は高くて買えない
からせめて犬の散歩とかがしやすい、環境がよさそうなところにしよう
ということでココを選んだ。夫の仕事も南ロンドンだし中心部には
45分あれば行けるからいいかな~ということで。
内装もあまりきれいでなかったので値段も低めな事、リフォームして
みたかった私達にはぴったりのような気もした。
家賃13、4万(1ベッドルームフラット・1寝室、1リビング、
1キッチン!)を捨てる(!)よりローンの支払い15、6万、2LK
小さいながらも庭付き我が家の選択は間違っていなかったと思う。
交通の便が良くない南ロンドン郊外のこのあたりはまだまだ
私達のような普通の所得の人たちにも物件があった。
もう少し中心寄り、またはイメージ的にも治安も良さそうな北や西
ロンドンだと同じ値段でももっと狭い所しか買えなかったと思う。

ロンドンの物価高は世界でも有名だ。不動産価格も尋常ではない。
ウチの辺りでさえもフラットは今現在マシなもので1BedroomFlat(1LK)
日本円にして3千万、4千万くらいからある。えらい高いと思うのだが
東京と比べたらどうだろう(笑)
残念なのはロンドンのプロパティー価格高騰ブーム、私達がここを買った
あとに終わってしまったようなので今後あまり値段の上昇が期待
できないこと。時期良く買った人は購入価格より倍近い値段で売ることが
出来たようで事実、私達が買ったのもそういう人からだった!
これはいくらで買ったかは登記簿を見れば分かるので判明した。
価格がこれからあまり上がらないようだとこのままリフォームし続けても
出費ばかりで最終的に損してしまうし、かといってやはり自分のうち
だからちゃんと気に入るようにしたいし複雑なところである。

まだ書けそうな事があるかもだけど、今日はこれまで♪

チャンネル4の人気番組『プロパティー・ラダー』HP 
http://www.channel4.com/4homes/ontv/property-ladder/index.html

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
結構高いですね~
国によって不動産に対する考え方もそれぞれなんですね
ロンドンに住んでいる友人に
近代的な新しい建物は余り人気がないと聞きました

ロンドンも物価高そうですよね
前に新聞に物価が高い都市ランキングが載っていて
1位東京 2位大阪 3位ロンドン 4位モスクワ 5位ソウルってありました
2005/09/24(土) 10:30:11 | URL | katasumi [ 編集]
ふんふん
ロンドンって物価、高いんですねぇ。
知りませんでした。
っていうか、katsumiさんのコメントによると、日本が1位と2位をしめてるんですね!
そうか~、日本が一番高いのかぁ・・・

e-428って、おせんべいかしらと思ったのだけどぉ~
どう思う?
2005/09/24(土) 21:32:18 | URL | ist3735 [ 編集]
katasumiさん
そうですね、昔のままの暖炉とか、ヴィクトリア朝など、
時代のディテールがある物件は人気ですね!
60~80年代に建てられた物件とくに集合住宅は場所にも
よりますけど外見からしても醜い建物が多いです(苦笑)
London3位ですかぁ!1位の東京と比べると外食費は
東京の方が安いと思います!

ist3735さん
ロンドンの物価世界第3位ときいて、やっぱりね~という感じです。
スイスの物価もヨーロッパの中では高いと聞きますが、
引っ越してからいろいろな物の値段を比べたりして
(特にスーパーに行ったとき!主婦だね^^)スイスでは○フラン
だったのに、えぇ~っ!!と驚愕の毎日でした!

・・・私も、のりせんべいかな、と思った~でも何か違うかも??
2005/09/24(土) 22:23:09 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。