日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔話
私ももう昔話が出来る年齢だ(冷汗)

小さい頃から音楽が好きだった。
ティーンエイジャーのころより洋楽漬けの毎日。
ありとあらゆる関係雑誌を読み漁り当時の重要情報源である
ラジオも聴きまくった。毎週CDを何枚も買った。
将来は絶対に音楽関係の道に進むのだ、と確信して
ヴォーカルを習いに音楽の専門学校にも通った。
AMラジオで洋楽に強いといわれた局に出入りしている
製作会社でADのバイトもした(笑)

ラジオの製作会社に留まってADからDへの道も目指そうかと
思ったがセクハラが日常茶飯事、自らの利益のためなら
何でもする男女共に溢れていて、道徳観重視(!)正義感の強い
私には精神的にかなりキビシイ『業界』での仕事にやっぱり自分には
向いていないかなと思い、上司のベテランディレクターの方々からも
うちらの局はもう斜陽だし、若いんだからもっと広い世界を見て
みるといいよ、と励まされ、それでは英語で歌を歌うんだから
英語をしっかりと勉強しなくては!とあっさり決心して渡英したのだ。
なんとも安易な理由で留学したものだと今になって思えば呆れる(笑)

留学中、英語の勉強は自分としてもかなり真面目にした記憶がある。
ロンドンは大好きだったけれど、当時の学生ビザでの長期滞在は
無理があったし、運命の出会いをしてしまった後だったので(笑)
ロンドンがだめならスイスがあるさ!みたいな何とも軽い考えで
スイスに移住。若さゆえ、か・・・

そして結婚。さて、音楽の方は?どうしちゃったの~??
一応スイス・バーゼルのJazzの学校(Jazzschule Basel)に
通ったりはした。
バーゼルでは海外から一流Jazzアーティストを招いて
頻繁にコンサートが開催されたりそれは良かったが
スイス独語で授業をする理論の先生がいたり、小さい街の
馴れ合いで運営されているような感じがしたので師事していた
ヴォイス・トレーニングの先生が学校の運営方針に不満を持ち
辞めた時に私も辞めた。
スイスでは作曲しようにも気が乗らなかったし自分にもっと
才能があればどこにいても努力して頑張るのだろうが
私は所詮そこまでじゃあ、ないのだろうと悟った。
そう悟るまで、私って敗者(Loser!)だなぁと情けなく思ったり
したものだ。

そんな訳で、ロンドンに越してきてからは鼻歌くらいしか歌ってない(笑)
音楽(洋楽とJazz)は今でももちろん大好きであるがCDはたまに
買う程度。今流行のバンドとかはほとんど名前も知らない。
ラジオもあまり聴かない。同じ曲ばかりかけている局が多くて
ウンザリしているところ(苦笑)
歳をとったということもあるが、変われば変わるものだ。



テーマ:自分史 - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
ほほ~
stipaさんって、音楽業界でお仕事されてたんですね!
ただ、裏方さんで、セクハラが日常茶飯事だなんて・・・。
売れない芸能人とかが、身体はってるってなんとなく聞くけど、裏方でもあるんですかぁ~びっくりですe-317

ヴォーカルレッスン受けてはったんですね?
という事は、歌がうまいんだぁーe-289
うっらやましぃ~e-343
2005/09/28(水) 19:45:00 | URL | ist3735 [ 編集]
今はどうでしょね~♪
ist3735さん
当時の話ですけど、裏方として始めて
レポーターとして表に!とかもくろんでた
子がいていんや~局内でも有名な話になってしまって・・・。
まあ主には裏方ではなくてタレントのはしくれでスタッフと
仲良くなれば仕事も増えるし、というご指摘パターンでした。
スタッフだと思ってたら実は昔レコード出してて、とか、
とにかくいろんな人が出入りしてました。
セクハラ、私は若すぎたのか、みなさんただかわいがってくれましたけど。
聞いてて真っ赤になるようなこと何度もあった!
実際に何かされるというよりはことばで。
それらしきことを言われてももう、とぼけるしかない世界でした。

鼻歌なら任せてください(笑)
日本でカラオケに行っても知ってる曲が
ない~!
2005/09/28(水) 20:52:02 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。