日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の飼い方にもお国柄(1)
以前に住んでいた瑞西では犬の散歩で他の飼い主
特にお年寄りプラス犬を見かけると緊張した(笑)

殆どは扱いやすいからか小さな犬を連れていて
「大きい犬は危険だから近づかせないで!」とか
「危ないからつないで下さい!」とか本当によく言われたものだ。
犬が遊び盛りの頃はレスリングしたりそれはワイルドに
遊ぶのであぶなく見えたというのもあるとは思うが・・・。
そばに行ってもいいか、必ず聞くようにしていた。
聞く前に叫ばれて止める、ということも多かったが(苦笑)

子犬の時、大きさ的には大して変わらない犬でも
「子犬は遊ぶから危険で困ります!」とつなぐように
注意されたこともある。
挨拶しても無視されることもあった。大抵一緒にいる犬がリードを
思いっきり引っ張って狂った様に吠えているバカ犬(失礼!)
なために歯を食いしばってはやく通り過ぎようとしていたから、でもある。
ぎゃんぎゃん吠えまくりでもお詫びの一言も無い。

毎朝そういう人達に会わなくちゃいけなかったのは今思えば悲惨(笑)


犬の散歩コースの並木道で「この子は他の犬が苦手なのに、
どうして放すんですか!」とか「この子は他の犬が恐いんです!
早くつないで下さい!」とにらまれたこともよ~くある。
他犬が苦手な犬なんてふつーの成犬たちは面白くないし、近づかないのに。
そういうひとは犬の散歩コースとして人気のあるところは避けるべき
ではないか。他にも散歩できる所は沢山あったからそう思う。
自分の犬は世界一!なのは解るがちょっと自己中過ぎやしないか、
という人が多かった。

他の犬が近づくと抱きかかえてしまう人も多かったな。
小さくても犬なのに自分の犬が犬でいることを否定していた。
「お宅の犬、噛みますか?」ともよく聞かれた。普通にちゃんと
躾けられて育った犬は噛むなんてことまずないのに。

それってつまり・・・
そんなに他の犬にひどい目にあった犬が多いということなのか?
瑞西の人ってそれだけ犬を飼うことについての知識が乏しいのか。

確かに、瑞西人はあまり犬を飼うのに向いていない人が多いのかも
知れない。神経質っていうか。おおらかでないっていうか。
犬も飼い主に似るって本当でナーバスな犬が多かった。
ウチの犬も子犬の頃より何度か無意味に襲われたことがある。
軽い引っかき傷で済んだが。トラウマは残ったみたい。
瑞西っていったら犬ものんびりと暮らしていそうなイメージ
だったから、がっかりした。
バーゼルという瑞西にしては都会の街だったからなのか。 

ジャーマンシェパードとかハスキーとかロットワイラーなどの
デカイ犬をただのステータス・シンボルとして、とか
凶暴になる恐れのあるピットブルテリア系犬をろくに躾もせずに
飼ったり、ぬいぐるみの替わりに小型犬を飼ってるのではと思うような
出来てない飼い主がほんとに多かった~!

リードなしでの散歩が街中でも一般的だったが、犬としてのマナーを
知らない犬は飼い主の責任なのにウチの犬はなにがどうあれ悪くない!
みたいな。
言葉が出来ないから言い返せないし悔しい思いは沢山した(涙)

言っておくが瑞西人飼い主全員がダメ飼い主なのではない。
殆ど全滅みたいな印象を受けるだろうが(苦笑)
割合としては大目に見て(笑)半々くらいではないか。
コスモが通ったパピークラスや若い犬のコースで出会った人たちは
みんな真剣に犬が好きでちゃんと躾けたいという飼い主ばかりだった。
犬たちもみんないい子ばっかり。みんないまどうしてるかなぁ。

長くなってしまったので続きます。
次はイギリス編。



Cosmo&Lily
一番の仲良しだったリリと得意げに写真に収まるコスモ。
彼女と2ショットなのが嬉しくてたまらない様子(笑)
おっとりしてておしとやかだったなぁ、リリちゃん。
遊ぶ時は容赦しなかったけど!
ウチの犬、スリムだったな~最近年のせいか太ってきたようだ。

テーマ:◇ 異国イヌ生活 ◇ - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
うんうん
ほんと、飼い主に似るっていいますよねぇ。コスモ君は、とってもおりこうさんの顔してます。なので、飼い主さんがどんな人かわかりますよ~e-414
私ねぇ、こんな経験あるんです。
私の田舎(九州)に帰ってた時の話なんですけど、親戚の家に行ったら、表に柴犬がいたんですけど、知らない人が来ると、ワンワン吠えまくるんです。私が行くのもその時初めてだったんです。で、一応つながれてたので、母が親戚と話してる間、ワンワン吠えてる犬の前で、しゃがんで見てたら、なぜかそのうち、吠えなくなって、あ~ら不思議、しっぽ振って、目が優しくなってるんですよ~e-266
とってもかわいかったぁ。
その親戚のおじさんいわく、この犬が吠えなくなるのは、珍しいとの事。
私はもしや、むつごろうさんの親戚!?
2005/09/30(金) 23:18:15 | URL | ist3735 [ 編集]
dog listener
ist3735さん
こっちのTV番組でDog Listenerドッグ・リスナーというのがありました。
犬のトレーナーさんを犬の気持ちが分かる、とこう呼んでいた
のですが、コメントを読んでいてist3735さんはひょっとして真の
ドッグ・リスナーかも?と思いましたv-286
犬と同じ目線の高さになってあげると恐がらないといいますね。
それって、ムツゴロウさんも言ってたな(笑)
むかーし昔のテレビでよく見てました、懐かしい^^
飼い主似e-267きゃあコスモ、ほめられちゃったよ~照れっe-291(∩_∩)ゞ
2005/10/01(土) 01:20:28 | URL | stipa [ 編集]
ムツゴロウさん!
あの人はすごい!どんな動物にも体当たりのありったけの愛情(爆)
おかげでライオンに噛まれたりしてるけど~
でも、それもジャレの延長なのだそう。
大きく強い動物は心を開いた無防備な人間に優しくじゃれてくれるんだって。
不注意で怪我をさせてしまった時は、ほんとにせつなそうな、申し訳なさそうななんとも言えない顔をするんだって、言ってた。
って、話がそれたね~(笑)

大きな犬だって、小さな犬をちゃんと気遣いながら遊んであげるのにね。
おっきいコほど、心は優しいのにィ。。。
stipaさんが出会ったほとんどの飼い主さんは自分と自分の愛犬しか見えてなかったんだね~。
tacoloveもお友達作りが苦手なので、
いろんなワンコの集まる所にどんどん出掛けて行ってワンコの世界を広げてあげたいと思ってるよ~。

プロフィールの写真、変わったね!
秋らしく、コスモも一緒でステキ♪
コスモ、結構おっきいね。
tacoloveは並んで歩いて、ワタシが手をぶら~んとさせて軽く指を曲げて、丁度頭をコツコツとできる位だよ。
2005/10/01(土) 09:53:00 | URL | miki [ 編集]
ジャレの延長・・・!
mikiさん
切なそうな、申し訳なさそうな顔されてからやっぱりごめんね、
おいしそうっ!て、がぶり!とかしないのぉ??勇気あり過ぎる(笑)
気遣いながら遊ぶってほんとそうですよね。うちのもそうだった。
自分の犬のことだけの人って、大抵犬が自分をボスだと思ってた
感じだった(笑)あとは、そうじゃないけど叱られ慣れちゃってて
効果なし、とかね。飼い主のほうが吠えていてはいけないよね(笑)
tacoloveちゃんたちもだんだんお友達が増えるといいね^^
犬同志で仲良くしてるのって見ていて思わず笑顔になっちゃう。
犬飼っていて良かった!と思う瞬間^^

本当はテンプレ変えたかったんだけどこれだ!というのが
見つからなかったので仕方なく写真を新しくしてみました。
秋って気がついてもらえて嬉しいです!
コスモ、そうかな~これ、写真を縮小してあるのに犬が膨張
してるのか??多分、私がひじを前に出している為、
そう見えるのかな?
手をぶら~んで頭コツコツ(笑)うちのもそれくらいの大きさです~♪




2005/10/01(土) 19:56:26 | URL | stipa [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。